kadoma24さんの映画レビュー・感想・評価

kadoma24

kadoma24

映画(47)
ドラマ(0)

マチルダ 禁断の恋(2017年製作の映画)

3.5

バレエの舞台や、衣装は美しかった。
バレリーナは、バレリーナなのに、肉感的な人が多くて、この時代はこういうものなのか、それとも女優さんを出演させたいから、こうなったのか疑問。

マチルダの為に、ミニチ
>>続きを読む

バグダッド・スキャンダル(2018年製作の映画)

3.5

渋い雰囲気がある映画で私は好みです。

「ナイロビの蜂」「裏切りのサーカス」「フランシスFコッポラ監督」とかが好きな人は、好みの映画だと思います。

24歳という若者だから、告発したんだろうなあ、と思
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

愛について描いている映画だと思いました。

ラスト、観客の心がひとつになっているのが分ったので、
心がひとつになる映画はなかなかないので、すばらしいな、と思います。

クイーンを知らなくても楽しめまし
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.0

安心してみれる娯楽映画。
世界観はキラキラ、ワクワク楽しい。
しかし、もっとバレエ映画だと思っていたので、そこが残念。
出演されていた有名な男性バレリーナのセルゲイさんのことがパンフレットでも触れられ
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.0

鬱で過眠症の人を理解できる映画。
ファッションが可愛いし、家も何げに可愛い。
仲里依紗のキャラも良いね。ああいう気が強い役、似合うね。

運命は踊る(2017年製作の映画)

1.2

イスラエルが舞台だから見た。
しかし、退屈でした。
私が無知だからかな、と思いますが・・・。

アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語(2017年製作の映画)

1.0

私が歴史的背景を存じてないからだと思いますが、結構退屈でした。
ロシアが舞台なら、もっと美男美女をみたかった、とも思いました。
舞踏会がコンサートの様子、衣装、そういうのは優雅だし、
戦争も嫌だな、と
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.6


母方の祖母が茶道の先生だったので抹茶にはなじみがあり(茶道とはどんなものだったのか?)ということを知りたいので鑑賞。

抹茶茶碗を3回回して茶碗を眺めて飲む、とかそういうことは知ってるけど、本格的に
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

タイの映画で、とても評判が良いので観賞。
家は貧しいけど、秀才天才が、裕福な家の生徒にカンニングのお願いをされて、お金をもらってカンニングさせてあげる話。

世の中ナメて親のお金で遊び暮らしてるお金持
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

4.0

20代は最高よ。でも、ゴミ収集車みたいにすぐ30代がやってくる。
その自由奔放さも痛くなり、可愛いお尻もたれるのよ、

みたいな台詞が胸に響きました。
本当に20代に比べて30代はゴミ収集車みたいなん
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

話題だから見た。
普段映画をあんまり見てない人も、面白い、と言ってる。
感想は、普通。
笑えるし、面白いけど、世間の高評価の意味が分からない。
面白いのは分かるけど、世間の評価が高すぎる気がする。
>>続きを読む

ボリショイ・バレエ 2人のスワン(2017年製作の映画)

4.0

おススメバレエ映画です。

バレエ映画は退屈なのもありますが、これは楽しめます。
私が一番この映画で好きなのは、
プリマの重圧を観客側も感じる仕組みになっている所。
この重圧を自分のエネルギーに変えら
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.4

エマストーンがジャーナリストの江川紹子に見えた。

LGBT映画でもあり、ウーマンリブの映画でもあり。。。

「(あなたの存在が、あなたに惹かれてるから)気が散るのよ」という台詞がジンときた。

主役
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

鈴木涼美さんのこの映画のレビューが秀逸で興味を持ち映画も観賞。
映画も素晴らしいですが、レビューも良いので、是非お読みください。

とても胸にしみるし、共感できる青春映画ですね。


https://
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0


2018年度№1かも・・・。
愛すべきおバカ映画てこの世に少なくて、これはソレ!
「宇宙人ポール」とか私は愛すべきおバカ映画が大好きです。

色々生きてると大変な事もありますが、
この映画を見て、笑
>>続きを読む

母という名の女(2017年製作の映画)

3.0

面白い事は面白いけど、別に見なくても良いと思う。
妊婦姿のヌードが美しかった。

ザ・ビッグハウス(2018年製作の映画)

3.3


興味深いのが、ミシガン大学は、卒業生の寄付でかなりをまかなっている。30億円/1人で寄付をしてくださる卒業生もいるそうな・・・。フットボールが勝っていると、寄付も増え、フットボールが負けていると寄付
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

4.0

ウッディアレン監督の作品は毎年ほぼ見ています。
男女の心の擦れ違いや、人間の虚栄心を描く事や、セレブの生活を描く事が上手だから。ウッディアレン監督はセクハラで炎上していますが、作品は作品として、今後も
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

4.0

ロマンポランスキー監督のファンなので見ました。
主演のエマニュエル・セニエとロマン・ポランスキー監督は夫婦だったんだ。
もう一人の主演のエヴァ・グリーンは横幅が大きくて綺麗な目だなあ、激しい美貌の女優
>>続きを読む

選挙(2006年製作の映画)

4.0

想田監督の話を聞いてると、元気になるタイプの人で
素敵だなあ、と思いました。知性的な元気な素敵な人ですね。
他の作品も見るぞ~。

「選挙」を見ていて、
自民党の公認だと
ボランティアさんがたくさんい
>>続きを読む

モーリス(1987年製作の映画)

3.3

モーリスの気持ちに共感。
切ないね。

恋愛は楽しいのは最初だけで、その後はいつも切なさばかりさ。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.3

役所広司の昭和の男が懐かしくおもった。
もうあんな時代はこないし、良くない事もたくさんある昭和だけど、
昭和の男のかっこよさもすごく感じた。

「嫌われたいの?」みたいな口説き方をするヤクザも面白かっ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.5

すごく良い作品でした。
観賞しながら、どうぞ主人公の女性をお守りください、と思いながらハラハラしながら見ていました。
驚愕のラスト。
二度決断する、の意味が分かりました。
主人公にとって、あのやりかた
>>続きを読む

スローガン(1968年製作の映画)

4.6

大好き。
ジェーン・バーキンがかわいすぎて悶絶。
アーモンドみたいなあの目で上目遣いをされると可愛くてずっと見ていたい。世界で一番可愛い上目遣いだ。ヤバい。
ストレートの髪の毛も可愛い。
短いスカート
>>続きを読む

危険な関係(1959年製作の映画)

3.9

ジャンヌモローとアネット・ヴァディムが美しかった。
二人とも美しいけど、アネット・ヴァディムが好みでした。
ファッションや髪型もうっとり。
お金と時間が余ってる大人達は恋愛ばかりしてるよね、て
思いま
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.8

友達が見て、主役のトランスジェンダーのシンガーであるダニエラ・ベガの顔が無理だけど、という文章を見て、(自分も無理かな?)と思ったけど、私は無理じゃない顔で女性に見えたので共感して見れた。「無理な顔」>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

4.0

クラブ音楽の踊るシーンがグルーヴ感があり、超絶カッコよかった。
エイズ発症者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP-Paris」の活動は知
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.0

イザベルユペールとミヒャエル・ハネケ監督が好きなので観賞。
映画の空気は好きだが、力量不足でそこまできちんと読み取りが出来なかった。で、パンフレットを買ったら、小さすぎてゴミと一緒に捨ててしまって未読
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

4.5

男の子、て可愛いなあ、と思ってみていました。
こんな年上のお姉さん、たまらんわーて思ってみていました。
公衆浴場てこういう風(売春やラブホ代わり)に使われていたんだなあ、とも思いました。
でも、ラスト
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

痛さが私ににてた~。友達にも言われた。
きっと共感できる人たくさんいるよん。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.5

ソフィアコッポラの作品は、甘美な綺麗さに酔えるかんじだね。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ローフードに目覚める話かと思ったら、人の肉に目覚める話だったという・・・。気持ち悪かった。無理です・・・。愛の物語らしいけど、分からない、というか気持ち悪い・・・。血が苦手だから、無理。

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

5.0

子供、て偉いなあ、と思った。
目の表情が可愛かった。
皆、可愛かった。

サファリ(2016年製作の映画)

2.0

驚きもあったけど退屈だった。
キリンの内臓がとびだしたシーンは驚き。
風船みたいだった。
白人が狩猟をして、処理(鉄砲で撃った動物をあらって、皮をはいだり、とか)は現地の黒人さんたちがするのが何だかな
>>続きを読む

>|