イシダコさんの映画レビュー・感想・評価

イシダコ

イシダコ

映画(1099)
ドラマ(19)
アニメ(0)

落下の解剖学(2023年製作の映画)

3.0

いい意味での不明瞭さがあり、観客の想像力、ひいては思い込みや読み込みに裏打ちされた映画の美学に貫かれている。が、結局のところは真実と事実の違いや、我々が知っているのは常に“全体の一部”でしかないといっ>>続きを読む

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

4.0

膨大な情報量にのっけから驚かされる。が、さり気なくもそのひとつひとつの提示もきちんと統制がされているので非常に見やすい。そして良い意味で狂っていない。不条理なようでいて筋が通っているロジカル且つ真っ当>>続きを読む

ジェントルマン(2021年製作の映画)

1.5

そもそも脚本があまりよろしくない印象。構成はいびつだし、テーマは良くともストーリー自体は冗長的(解決パートも後出しの域)。シリアスとユーモアのバランスも悪くてギャグはことごとく上滑り。演出も面白みなし>>続きを読む

Firebird ファイアバード(2021年製作の映画)

2.0

教科書どおりとも言えるベタな演出のオンパレードで冒頭からして失笑してしまった。意外性皆無の王道すぎてつまらん。この話を英語で撮っている時点で、作り手もどこまで真剣に取り組んでいるんだか…… ともなる。>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

2.0

本筋入るまでのお膳立てがモタついている。そしてようやく面白くなってきたとなるも、仁祖にヘジンをキャスティングするその狙いも、ヘジン自身のアプローチもあざとくて完全にはノリきれない。ラストは韓国映画の悪>>続きを読む

パスト ライブス/再会(2023年製作の映画)

2.0

勝手に今年ベストワンを期待してたんだけど、ちょっとこのスコアじゃ無理かな。嫌いではないけど、主にダメだった点を挙げると…… まず2012年パートで主演二人が24歳に見えなくて無理ある。ユ・テオは兵役シ>>続きを読む

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人(2023年製作の映画)

3.5

前半はヴェルサイユ版『プリティ・ウーマン』といった趣き。マイウェンもジュリロバにどことなく見えてくるぐらいには似ていた。どの部分に関しても描き込みが浅く、正直映画としては全くたいしたことがないけど、題>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.0

ランティモス、よくもわるくも随分と見やすい映画を取るようになってしまった。これを洗練と取るか、はたまた野暮と取るか(2回観たらランティモスの円熟として受け入れられるようになって初見より印象が良くなった>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

2.0

好ましい要素も一応あるにはあるけれど、それでも期待ハズレであったことには変わりない。ギャグのトーン、綾野剛の演技スタイル、諸々のアプローチの仕方や方向性には終始ちぐはぐな違和感と疑問が拭えなかった。こ>>続きを読む

アクアマン/失われた王国(2023年製作の映画)

1.0

とりあえず『ザ・ロック』をやりたいことだけはよくわかった。試写で観たけど、どこも誉められるところが見つからない…… すまん

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

5.0

互いに結婚していて年の差も大きく離れている。二人ともが抑制を働かせて親愛に留めておいたはずなのに、それとはまた違うような別の感情が些細なアクシデントからついに芽生えてしまう。だけどそれは別れがすぐそこ>>続きを読む

コンクリート・ユートピア(2021年製作の映画)

4.0

超面白い。鮮やかなストーリーテリングと力強い描写の数々で終始惹きつけてくる。幸か不幸か、図らずもタイムリーな題材になってしまったとはいえども、描かれているテーマ自体はいつ何どきにも通用する普遍性。目前>>続きを読む

愛と激しさをもって(2022年製作の映画)

4.0

中年というか、初老といっても過言ではないのに、それでもまだこんなことを繰り返してしまっている男女の業の深さ。まごうことなきメロ

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

2.0

つまらないってほどじゃないけど、とくに面白いってほどでもない微妙さ。印象に残るシーンがないわけじゃないけど、そこまで強く印象に残ったり惹きつけてくるわけでもない。話の構成や組み立て方も、なんか間延びし>>続きを読む

ナポレオン(2023年製作の映画)

3.0

ここ15年のリドスコの中では、『悪の法則』と『コヴェナント』の次ぐらいには好きかな。わるくはない。ただまあ158分あってもダイジェスト感が拭えないのは如何ともしがたい…… これなら4時間版もウェルカム>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

2.5

話自体はいいけど、説明過多な語り方といびつな構成に難アリ。再見して慣らす必要がある。フィジカル面でもメンタル面でも残酷で、そのうえメロ要素もあるから頑張ってはいる

(2023年製作の映画)

3.5

男色と暴力。狡猾と非情。魅力的な要素は揃っている。肝心の本能寺の変での編集が急だったり構成にいびつさの難もあるけれど(それが体感時間の長さに結びついている)、概ね満足できたし面白かった

PHANTOM/ユリョンと呼ばれたスパイ(2022年製作の映画)

4.5

スルー予定だったけど、評判良くて行ってみたらこれが見事に大当たり。クラシカルなバイブスを発しながらメロとケレンが遺憾なく融合されていてどストライク。俳優陣はベストアクト更新級のパフォーマンスだし、脇の>>続きを読む

水の中で(2023年製作の映画)

3.0

再見してちゃんと確認したいけど、ホン・サンス版今年上半期に公開された某傑作? という印象をちょっと持った(一応コメント欄に伏せてタイトルだけ記しとく)。観終わると『夜の浜辺でひとり』に近い感触もあった>>続きを読む

パトリシア・ハイスミスに恋して(2022年製作の映画)

4.0

ドキュメンタリーとしての切り込みは浅い方だけれど、それでもパトリシア・ハイスミス自体のモテモテなカリスマ性と孤独の一面を併せ持った人となりはやはり充分に魅力がある。そして『キャロル』がいかに重要な一作>>続きを読む

黒の教育 ディレクターズカット(2022年製作の映画)

4.5

大阪アジアン映画祭でオリジナル版を観て上半期ベストにも入れた一作。ディレクターズカットでどこがどう増えたかはようわからん(大阪アジアンもディレクターズカットの素材だった可能性ある?)。改めて観ても面白>>続きを読む

VORTEX ヴォルテックス(2021年製作の映画)

3.5

参考にならんのは毎度のことだけど、今回はマジで参考にならんレビューです。退屈でつまらないし、しかも長いけど、とりあえず最推し監督ノエの新作だから好きは好きっていうそれだけ。ツーショ撮ってもらってオール>>続きを読む

デシベル(2022年製作の映画)

4.5

異常事態の中で誰よりも正常であったがために激情の犯行へと駆り立てられていくアイロニカルな悲哀。ジョンソクの片目からのみこぼれ落ちるひと筋の涙は、正気と狂気の狭間で葛藤するテロリストの苦悩をそのまま体現>>続きを読む

デュラン・デュラン:アンステージド(2011年製作の映画)

4.0

モノクロのブレブレ画面の中で炸裂するリンチ先生の前口上からして最高。始まった瞬間から引き込まれる。デュラン・デュランのライブドキュメンタリーにして、完全にリンチ先生による映画になっている。『インランド>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

1.0

舌打ち数回出たし、ひでぇ…… と自然に口から発してしまうぐらいには臭いシーン・臭い芝居の連続で、本当にスクリーンから目を逸らしたくなるほどにキツかった。力のある俳優陣が揃っていながらのこの惨状は、監督>>続きを読む

軽蔑(1963年製作の映画)

3.0

ジョルジュ・ドルリューの流麗な劇伴。いくら美しすぎるメロディーとはいえ、それをしつこいぐらいに延々と終始使い続けるアプローチには正直食傷してしまった…… 夫婦関係破綻モノとしての面白味とホメロスの「オ>>続きを読む

パッセージ(2023年製作の映画)

5.0

不誠実な話だからこその誠実な映画。『チェイシング・エイミー』とか『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』とか『運命の女』とか、3人の関係性が軸となる諸作のあれやこれやを終始考えながら観ていた

ザ・キラー(2023年製作の映画)

3.5

高度で洗練された語り口。クール且つスマートに紡がれていくジャンル映画。面白くはないし退屈でもあるけれど、それすらもフィンチャーの美学として機能している。いや、機能させている

エクソシスト 信じる者(2023年製作の映画)

4.0

『エクソシスト』を観にきたらまさかの『がんばれ!ベアーズ』だったけど、そこが肝でありめちゃくちゃアツい。理に適った展開の脚本が説得力の高さをもたらしている。遅々として進まない序盤はどうかと思ったけど、>>続きを読む

異人たち(2023年製作の映画)

2.0

期待がデカかっただけに結構ガッカリ。サーチライト出資でこれまででいちばんカネあるはずなのに、アンドリュー・ヘイ史上いちばん安っぽいルック(カラコレやグレーディングは良い)。原作の古さも脱臭しきれていな>>続きを読む

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

3.5

自分のことを大切にしてくれない人間のもとからは一刻も早く離れるが吉、っていう恋愛というか人間関係全般においての教訓。基本中の基本

ワンス・アポン・ア・スタジオ 100年の思い出(2023年製作の映画)

3.0

全員で記念写真を撮るっていう短編の尺にちょうど見合っている良いコンセプト。次から次へと馴染みのキャラが出てくることに不自然さがなく、無茶な設定が意外と話にしっかりと溶け込んでいる。軸がブレていない。白>>続きを読む

ハント(2022年製作の映画)

3.0

傑作の高みにまでは到達できていない感。あと20分は刈り込める。イ・ジョンジェに演出力があるというよりも、周りのスタッフや俳優仲間たちの功績が大

セクシー・ビースト(2000年製作の映画)

4.0

撮影・照明・編集が三位一体的なユニーク且つユーモアのある視覚表現に長けていて、最初から最後まで退屈することなく観れる。その後の『アンダー・ザ・スキン』と比べて、ジョナサン・グレイザーの演出スタイルには>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

2.0

『エンジェルダスト』より構成のバランスはいい。ただまあ、こうしていざまともな部類のものを観ると、あれはあれで『エンジェルダスト』の歪さの方が急に好ましく思えてきたりする。歴題主題歌、ぜんぶ流れるのかと>>続きを読む

>|