椎名さんの映画レビュー・感想・評価

椎名

椎名

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.5

サマーウォーズのなつき先輩が恋人の条件として出した「東大で旧家出身でアメリカ留学から帰ってきたばかり」という言葉がいかにエグいかを知った。
門脇麦の所作に現れる一朝一夕じゃ体得できないような生活環境の
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

3.5

「教えてくれよ、この仕組みの深さを破壊する方法を」と呟いたハサウェイを思い出した

ピンポン(2002年製作の映画)

3.5

「そこんとこよろしく」のサーブカットで、かっけー!って声出た

キャラのバックボーンを掘り下げるには時間足りないことは最初から分かってる。あれだけ強烈なキャラクターのイメージがここまで実写で活きてるの
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

4.5

二回見た。二回見て、本当にこの夜戦が好きだと思った。宇宙だって明るくはないんだよなと、帰路に夜空見上げちゃったもの。
夜だからこそ機体の全貌が見えない不気味さ、スケール感を印象付けるアングルもあって、
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.0

あ、これ予想と違う展開だ。
って、気づいた時に、ジャケ絵から勝手に物語を想定してたんだなと改めて思った。
京都の街をごりごり作り変えていく感じが面白かった。あといわゆる入れ子構造の設定も。背景画の映画
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

5.0

楽しかった!!楽しい!って思った。何回も鳥肌が立った。

音楽って楽しいんだって体感を思い出した。思い出したってことは身体から抜けていたんだと思う。

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング(2019年製作の映画)

4.0

1-Aのチーム戦は見てて楽しいねぇ
本編からの派生ストーリーとしても面白かった。
バクゴーが着地と同時に体の向きを反転して蹴り入れるまでの一連の絵か格好良くてオ〜と思った。とりあえず本誌ではこのラスト
>>続きを読む

フェリチタ!(2020年製作の映画)

3.0

見終わってから、コメディ映画というジャンルの大きな括りを改めて意識した。悲劇の対照を成すという意味でコメディ。必ずしも笑いを引き起こすものだけがコメディに分類されるわけではないんだなと。
家族の在り方
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

異国日記で槙生が「メッセージって映画みた?言語習得という概念についての映画」と言っていたので見た。なんでタコになるんだろう。タコになるというより結局タコのイメージに似るってだけ?コミュニケーションをと>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

4.0

音楽もよかったな。フロントミュージック、効果音とかではなく。途中、頭の片隅で「親子の物語でもあるんだ」「これはドランの映画だった」というのを同時に認識して、なんとなく腑に落ちた。
ラストのバイク二人乗
>>続きを読む

ある画家の数奇な運命(2018年製作の映画)

3.5

リヒターがモデルになっていたが、見ているときはほとんど意識しなかった。語りかけが少ないからこそ、キャラクターへの先入観をもたなくていいのかな。
ロトの番号を例にした偶然の無作為の(ように見える)特定の
>>続きを読む

ウォーキング・オン・ウォーター(2018年製作の映画)

3.4

熱烈に語り、怒り、落ち込み、喜ぶクリストの表情の数々。まるで布みたいに波打つ桟橋に「見て、ほら」とおおはしゃぎする姿が印象的だった。
仕事ができなかったときにクビにできないから現地スタッフにボランティ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.5

静寂を際立たせる音楽の使い方がすごく良いなと思った。息を引き取った瞬間の無音ではない静寂さの表現にハッとした。
ワンカットのような一連の出来事の中に、流れながらの緩急がある。
カメラワークが面白かった
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

2.5

ジニーのスタイリングがすごい良いなーと思った。自分に似合う服をよく知っている女性。観覧車にいつ乗るんだろうと思っていたけど最後まで乗らなかった。

日本のいちばん長い日(1967年製作の映画)

4.0

当時、この題材を描くことの重さは計り知れないと思った。
三船敏郎が演じる阿南陸将のぐっと言葉を飲み込む表情や、板挟みになる苦悩みたいなものは言葉少なであっても伝わってきた。
あと黒沢年男が演じる畑中少
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

3.0

阿南陸将、鈴木総理の人柄を描くエピソードが多いので、より寄り添いやすいのかなと思った。見やすいというか。ああ、この仕草や状況にはこういう個人的な背景があるんだなとか。
あと、2015年版では自分も後を
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

3.5

「車に火を放つよりマシさ」
写実か?パロディか?それは様式化か?すべては書きません。それではなぜ現在形で?
「作中での事実」は脚本であるということを思うと、添削されながら進む二重の物語の構造が面白かっ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

ダンケルクで待つ一週間、民間船でダンケルクに向かう一日、その空で戦う戦闘機の一時間が並列で進むのが面白かった。キャラクターへの没入が少ない分、展開を追うことに集中できた。砂浜を俯瞰でうつすシーンに時間>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.5

時間そのものというより時系列の操作だなと思った。順行時系列と逆行時系列の中間がラストシーンなので、原因と結果がループしている感じがした。最近、記録より記憶にという方針の展覧会を見たので、記憶の不確かさ>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.0

なべちゃんという存在の大きさがとりわけ印象的だった。他所の家族の事情に踏み込まない、全くの否定も肯定もしない、そんな距離感が映画だとよくわかった。あと新村くんの良さって、文字じゃないんだなと思った。無>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

2.5

過度な照明がないので、自然光と蝋燭による陰影がきれいだった。
くすんだ光の感じと女性たちの衣装の色合いが良い。当時どれだけ白い衣服が流行ってたのかは知らなけれど、電気がない当時、顔を明るく見せる意味合
>>続きを読む

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

3.5

幼少期見たことがあって、このテーマソングと少年が白い犬みたいなドラゴンの背中に乗って空を飛んでいるシーンだけずっと覚えていた。その思い出だけ抱えていても良いのかも、見たら興醒めしてしまうかもと思ってい>>続きを読む

ローマに消えた男(2013年製作の映画)

3.0

窓の外から見えるセーヌ川と対岸のノートルダム大聖堂の光景が良かった。
ダニエルを巡った過去のシーンで、幼少期のエンリコとジョバンニの姿があったのが気になった。ここに到るまでの二人の関係やそれぞれのエピ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

DVD販売されたら逆再生してみたいなと思った。
逆行する設定は面白かったし、理解を置いてけぼりにする映像のスピードと情報量と音に圧倒された。「すごい」と「わけわからん」の二つの感情があるけれどその接続
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5

痺れるアクションや手に汗握る情報戦がメインではないスパイ映画だった。冷静で頭が切れるスマイリーが、妻アンに関することではまるでボロボロになってしまう様に胸が傷んだ。ビルが緊急電報をもらった時は、アンと>>続きを読む

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

4.0

あらゆるシーンが切り取られたつなぎ合わせで、物語だと思った。メンバーが積み上げたひとつひとつの時間が、こんな風になるんだなと。
映画館で見るライブ映像は、彼女たちのパフォーマンスもあって終始圧倒された
>>続きを読む

ジェニーの記憶(2018年製作の映画)

3.5

回想とインタビュー、現在が混在するシーンは、思い起こす度に徐々に書き換えられるていく記憶そのものの不確かさ、当人の混乱が伝わってきた。
同じフレーズが繰り返される、言語化してしまった過去のおぼつかなさ
>>続きを読む

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

3.5

ラジオは目を奪わないので、日常生活に溶けやすい。音楽そのものと似ている。戦闘という日常風景の中には、武器を持った人たちの笑みがある。その笑みは本当に戦闘の真っ只中と思えないくらい、憎悪が感じられないと>>続きを読む

メリエスの素晴らしき映画魔術(2011年製作の映画)

2.5

原作は1865年、映画公開は1902年で、初の人類月面着陸は1969年ということを思うと、当時の人々はどんな気持ちでこの映画を見たんだろうな。どういう人が見たのかもよく知らないけれど。
1912年に「
>>続きを読む

月世界旅行(1902年製作の映画)

3.5

ロケット(大砲)が月の目に刺さる絵が面白いなと思った。
最初本編を見たとき、不思議な色合いだなと思った。素晴らしき映画魔術の方を見て、本編が色のない世界に着彩する力技カラー映画というのは驚いた。
ミラ
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

4.0

北朝鮮工作員が任務のために家族に扮する話。
しょうもない喧嘩ばかり繰り返す隣家と、家の中では雰囲気がはりつめる工作員たちの家族のギャップ。
ギャップって設定だけでコメディになるんだなと思いながら見てた
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.5

森見登美彦「四畳半タイムマシンブルース」の原案になったこの映画。8/11にいざ読了してから映画を見ました。
シナリオとキャラクターが合わさってストーリーになるんだな〜というのを思いながら見てました。だ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.0

父!父よ…
緊張感があるシーンが続くので左肩を痛めました。
グレースのキャラクターが良くも悪くも「かわいい」という感じで、私は好きです。
パックはアホですけれど人を焚きつけるスピーチが上手いなと思った
>>続きを読む

>|