わったんさんの映画レビュー・感想・評価

わったん

わったん

映画(88)
ドラマ(0)

アフター・アース(2013年製作の映画)

1.3

評価が低かったですがウィル・スミスとシャラマン監督なので観ました。ウィル・スミスがまさかのアームチェアディテクティブ状態で「へ?」のまま終わり、低予算なのでしょうか? でもセット愛が感じられました。 >>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

1.7

半沢直樹メンバーが勢揃い。映画というより特別ドラマっぽい感じがしました。 少なからずともこういう話には胸を痛めている人もいるんだろうなぁ。ただ、演技しすぎて「さすがにこれはない」そんな中でもカマキリ先>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

2.9

ピクサーは個性の塊の人物背景を丁寧にかつスピーディーに描くので、1分で自己紹介してしまうから好きです。魔法と現代を上手に説明してるし、問題への理由も冒険への導きも分かりやすい。...の割には「漢字や文>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.0

教会を相手に真実を暴くタブーの世界の実話。「◯ッキーの中は人間だよハハッ!」よりタブー過ぎて、映画化を反対されなかったのだろうか? と心配したほど。観ている方は、まるで一記者になったかのように次々と表>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

1.6

子供の頃のようにぽーっと観てればよいのに「伏線投げた...」と詮索してしまう大人になってしまいました(笑) あるシーンで「これはアカン(泣)」と大きい子供のみがグッとくるので必見です。でもなんというか>>続きを読む

影踏み(2019年製作の映画)

-

音声が超指向性ガンマイクだったのでしょうか? 環境音、空間自体の反響音がないのに、声だけはっきり聴こえるという違和感が、ほとんどのシーンでありました。アフレコかと思ったほど。内容に関しては映画の構成上>>続きを読む

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

1.3

「ヴぁあ"あ"あ"!! 」的なのを久しぶりに観たくて。そして案の定ヴぁあ"あ"あ"!!!でした。それ以上は求めてないです。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

映像美の素晴らしさ。そして脚本兼監督はこの作品にどこか救いを求めているのかと思った。「基から悪い人などいない」と。生い立ち。人との出逢い。先天性の事。様々な要素が絡まって精神が病んでいく様を。現に主人>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

1.4

ブルーレイの特典短編集の方がよっぽど感動するってどういう事...ファンタジーですが、ドラゴンは鳴き声以外は喋らないので、仕草と表情のみで子供にもわかるような動きは大変だったろうなと思います。大人でも楽>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

1.5

リゼロのような死に戻りトム・クルーズが、リゼロのような女性を守る為に、リゼロのように何度も戦う映画だぁ~よ(リゼロ風) パッケージがB級ぽいのに、トムさんの演技は引き込まれるのでSF好きにはいいかも?>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.2

ちょっと背中を押して欲しい人は観て欲しい映画! 女性応援ラブコメ。私の好きなノーラ・エフロン監督みたいに、出てくる全ての役者を立たせていた。友人の言葉も染みて素敵だし、今、アメリカで起こっている差別の>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

2.8

均衡。戦争と平和の均衡。天使と悪魔の均衡。人と人ではなき行為の均衡。この映画は、たくさんのバランスが崩れそうな時代に、バランスを保つ為の葛藤を描いた少年がいる。映画自体も、重い話を軽いコメディで保ち、>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

1.8

絶妙な現実味のあるSFなのに、出てくるICチップがアップグレードではなくダウングレードした74シリーズみたいなIC(笑) 格闘シーンはマトリックスに近く好きでした。でもシリアスに行きたいのかアクション>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

"誰かの為に"と頑張れる人へ。この作品を捧げたい(涙) ダウン症の少年と、同性愛の二人のお話。幾つもの障害、偏見、差別、夢、音楽。「"愛"とは何?」と、問いかけてくれる作品。「マリッジ・ストーリー」が>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

2.3

(あなたは名探偵です」とばかりに謎が謎を呼び、観ている人を引きずり込ませるこの映画の感想をネタバレすることなく言うのは、何を言ってもネタバレになりそうな作品でした。観終えてやっと「ああ、そうくるのね」>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

1.2

やたらと長いのに中身がなく、監督の趣味なのか、やたらアップで撮りブレるので観ていてしんどくなります。カーチェイス好きならいいかもですが、話の内容や格闘シーンなど、後はさっぱり...

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.9

華々しく生きる人ではなく、そっと生きる人へ。 #wacci の名曲でもある「 #wallflower 」の意味は、壁の花のように、ダンスパーティーで誰からも誘われず、いつまでも壁にいるような1人ぼっち>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

1.2

よくある復讐映画です。リメイク作品。映画「女神の見えざる手」では、銃所持反対と賛成との対立ですが、こちらは「持ってないと守れない」という銃使いまくり映画でした。販売店員が「形だけで規制ゆるゆるよ!」と>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

2.7

観てる序盤から思った。「これは観て良かったと思える映画だ。」彼女の言葉があなたの背中を押してくれる素敵な作品。自閉症の女の子が、当たり前の事を当たり前に話すのに、グサグサくる。きっと真っ直ぐだから。真>>続きを読む

インビジブル・スクワッド 悪の部隊と光の戦士(2014年製作の映画)

1.0

おっふ久しぶりの大ハズレ。パッケージや「総制作費11億円」に騙された駄作でした。SF物かと思いきやチープなSF(笑) 主人公も自分勝手で展開も先読み出来るし、まさかエンドロールでメイキングを見せさせら>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

2.8

面白いけど人間不信になりそう(笑) 主人公のメイクも怖く強い女性を際立たせる為か、ものっそい濃いです。実力主義のアメリカが、権力を使うとどうなるか? 権力や大企業に立ち向かう感じは、日本ドラマの半沢直>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

1.9

面白い! テンポ良く飽きさせない。マジックとアクションで魅せたエンタメ映画。ただ予想通りのトリックだったり、伏線がみえみえで、トリック大好きや推理好きなら前半で何もかも「オッケ把握」のコナンみたいでし>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

1.4

見せ方が完全にリアルCALL OF DUTY。コントローラ持たないといけないかと思いました。結構残虐なシーンがあるので、耐性がないとしんどいかもしれません。日本と違い、地続きの国境問題や麻薬問題は大変>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

1.6

明日仕事の休日に観るものではない作品(笑) 観ててしんどい。 そんな中、深田恭子さんだけが癒しでした(笑)
セリフ回しが全てゆっくりめなので、テンポもなく長時間に感じ、後はただただ辛い(笑) 「しん
>>続きを読む

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

1.4

「デッドゾーン」などの特殊能力系が好きなので見ましたが、映画ならではの「いや絶対踏み込まないやろ」的な場所をガンガン彼も彼女も行くので、一般人ではなく脳内も特殊な方でした。内容も、コナンばりに、がっつ>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0

松室くんのオススメ映画で、内容何も知らずに観たもんだから、かなり打ちのめされた。最後の最後までいい映画。 スター・ウォーズの方ではなく「ガールズ」というアダム・ドライバー主演のドラマで名前もアダム役の>>続きを読む

ラスト・デイズ(2013年製作の映画)

1.1

観なくていい作品オブザイヤー。主人公がどこまでも自分勝手なゲスの極みを、親切な周りがフォローする話。なので全く感情移入できない(笑) 外出1歩でもしたら死で引きこもりしかできなくなる人類が、ガラス越>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

1.2

僕「大丈夫かこれ?」「ハリー・ポッター」主演「ダニエル・ラドクリフ」「リトル・ミス・サンシャイン」のポール・ダノが、よくこの役を引き受けたと思うほどの、ど下ネタ作品。
こんなレビューしにくい映画は初め
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

1.7

色々と考えさせてくれる作品でした。未来に必ず訪れる、AIの知性が人間より優れてしまった時の人類の対応。SFとして観るか、現実(未来?)問題として定義するか。ただ、出てくる天才発明家? は、ただのゴリマ>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

1.7

1を観た翌日に。1より良かった! FPSを観てるみたい。途中「デザートは?」というセリフに「デザートイーグル好きなのね」と思ったら違いました(笑) それぐらいたくさんの銃が出てきます。 アクションも>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

1.5

5歳児でも考えられそうな薄っっっぺらいストーリーですが、キアヌリーブスがすると、なんでもカッコよくなってしまうし、なんでもスタイリッシュになるので、家で観るにはちょうどいいと思います。キアヌという安心>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

2.5

手に汗を握り続けるか? と言えば、そうではない。笑える泣ける映画か? と思っても、そうでもない。ただ、面白いか? と、言えばかなり面白い。現代の韓国事情も風刺しているし、先行きが全くわからない感じで引>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

1.9

どうも「実話に基づき」系に弱い者です!
パッケージの胡散臭さで観るのを躊躇してたのですが「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナーさんじゃないですか! エリザベス・オルセンさんも二人とも演技が良すぎて、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

5.0

あ~...泣きすぎた。
スター・ウォーズの思い出が溢れ過ぎて、ただの子供の時と同じ感覚で観てしまった。
「この映画を愛してくれてありがとう」という気持ちが全部のシーンに現れていて、周りのおじさん達も、
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

1.6

キューブリック監督「シャイニング」が、どれだけ恐怖だったかわかる作品です。なのでキューブリック版が観たい...普通は恐怖するシーンも「わあぁ!(笑)」とニヤニヤ出来る箇所が多いです。
脚本自体も同脚本
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

2.6

続編映画「ドクター・スリープ」の為に復習。言わずもがなの傑作。ステディカムに感動して多用する気持ちがわかります。自分もそれでステディカムを買いました(笑)
今思えば、ジャック・ニコルソンの名演技を評
>>続きを読む

>|