YokoGotoさんの映画レビュー・感想・評価

YokoGoto

YokoGoto

映画(1214)
ドラマ(2)

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.5

<何度観てもしびれる秀逸な作品>『何度繰り返しみても裏切らない。むしろ、新たな発見があり深みが増す作品』がいくつかある。本作『殺人の追憶』もしかり。

初見はだいぶ前に観たのだが、あらすじや印象に残っ
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

3.4

エディとフェシリティ主演なので観た。どこまで史実に基づいてるんだろう?凍死寸前の状態なのに、こんなに薄着?とか、低酸素状態から、こんなに復活出来る?とか、細かい演出が気になって集中できなかった。ベース>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

<嫌悪感と切なさのバランスが絶妙>
とにかく、132分があっという間だった。最初から最後まで、観ている人を飽きさせない矛盾のないシナリオに、正直、脱帽だった。

昨年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドール
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.6

<誰にでも心当たりのある、20代のバカバカしい恋愛>
今泉力哉監督作品の魅力は、どこにでもあるような生々しさを描き、多くの人の心に『痛たたた…」と感じさせるすっぴん感である。特別なシナリオではないのに
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.1

<これも愛し合った二人の一つの形>
『結婚』とは、恋の延長でもなければ愛の一つの形でもない。決してわかり合うことのできない他人同士が、男女という性別を超えて、一つの時間、一つの空間、一つの価値観を、一
>>続きを読む

アースクエイクバード(2019年製作の映画)

3.5

アリシア・ヴィキャンデルの日本語は必見!演技力も申し分なし。ただ、リドリー・スコット総指揮という期待感で観ると、かなり肩透かし。サスペンス部分も物足りなかったし、アリシア・ヴィキャンデルの活かし方も、>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.3

言いたい事もテーマも理解できるが、あまりにもシナリオに凹凸が無さすぎ。普通のドラマとして観られるが、社会派作品としては物足りない。

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

実写版で、ここまでエンタメで楽しませるガイ・リッチー監督がすごすぎる。アニメ版以上だと思った。プリンセスがかわいすぎるのと、ウィル・スミスのジーニーが最高。大好き。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.6

主人公である母親に『自分の感情を投影できるか?』で、本映画に心動かされるか否かが分かれる作品。実子の脳死を受け入れられるか?という重い社会派テーマであったが、ヒューマンドラマとのバランスが良かった。>>続きを読む

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.1

大九明子監督の前作、『勝手にふるえてろ』が最高だっただけに、期待値あげてみてしまうと、あまりにも普通に見えてしまうかも。所々、『勝手にふるえてろ』のセルフオマージュ的なシーンが散りばめられていて、どう>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.3

序盤はサスペンスなので、それなりに観られたが、ラストのオチのあの数十分に唖然.....。オチがひどい。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.8

<私達の価値観を揺るがし、尊厳をも危うくする猛毒>
時に、残酷な事件が世を賑わす。
そのたびに、人々は悲しみに暮れ、その理不尽さに憂い、やり場のない怒りを握りしめながら、いつしか時間が風化し過ぎ去るの
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

4.1

<人は人を救えるか>
ドラッグであろうが、アルコールであろうが、ギャンブルであろうが、依存症という言葉ほど、自分たちの身近にある心の病はないと思う。『依存症』というと、まるで症状を表す言葉に聞こえてし
>>続きを読む

青の帰り道(2018年製作の映画)

3.3

ちょっと鑑賞するのが楽しみだっただけに、少し残念。青春とモラトリアムをテーマにした邦画は、時代によって少しずつ描き方が変わる。本作は、2008年から2018年までの10年間を舞台に、高校時代から卒業後>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.2

<芸術性の高さにリアリティを兼ね備えたLGBT映画の傑作>かつて、大島渚監督が『戦場のメリークリスマス』のメインテーマとして、“人と人とは惹かれ合う”という言葉を残した。私は、この監督の言葉と『戦メリ>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

1.9

いくらなんでもシナリオがつまらなさすぎる。(以下、敬称略)小泉今日子、鈴木京香、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリスと、女優を多用し、短めのPVを組み合わせたような構成になっているが、そうした理由がわから>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.6

<女子高生というブランドを構築した黄金時代>

2011年に韓国でヒットした『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク版。オリジナル版は、SNSや口コミで広まり、当時の韓国で大ヒットした映画で、オリジナル版
>>続きを読む

迫り来る嵐(2017年製作の映画)

3.4

ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』の中国版という感じだが、全体的なサスペンス感は、若干軽さを感じる。ただ、中国映画としてのノアール感が十分感じられる作品なので、韓国ノアールが好きな方にはおすすめ。平凡で>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.7

(レビューが手抜きで申し訳ない)レディ・ガガの生歌の上手さ!レディ・ガガが大好きになった。ブラッドリー・クーパーの監督作品だったが、ブラッドリー・クーパーの演技は良かったように思う。これは音楽映画なの>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.2

松居大悟監督のシュールなコメディ。シナリオや設定には、リアリティに欠けていて矛盾も多いのだけれども、松居監督の作風であるキラキラした青春感がほとばしっていて、結構、楽しく最後まで観られました。(向井理>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.6

<家族という塊は、常に新陳代謝を続けている>

人は産まれ落ちてくる『家族』を選ぶことはできない。
これは、万人共通の運命(さだめ)である。
だから、誰一人例外はなく、偶然産まれ落ちた、その家族関係の
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

2.7

原田眞人監督作品は好きなのだけれど、やはり大衆におもねったような作品は限界がある。キャストにジャニーズ俳優を使いたい気持ちもわかるが、『検事』だといわれても、どっからどうみても『キムタク』だし『ニノ』>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.6

<無垢で残酷な紅い花>
海外の作品では、LGBTを扱った映画は多いが、日本(邦画)ではほとんど作られない、そして観られない現実がある気がする。最近でいえば、生田斗真さんが主演でトランスジェンダー役を演
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

かつて世間を震撼させた『少年A』の事件をモチーフに、犯罪加害者のその後や犯罪被害者との関係、犯罪加害者および被害者の家族の有り様を描いたフィクション。様々な立場の人々の感情が交差する中、加害者・被害者>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

見終わったあと、忍び足になってしまう映画です。もっとB級感がある映画かと思ったら、結構、しっかり作られていて、さすが、主役がエミリー・ブラントだなって思いました。
ホラーは見ないのですが、これは、強め
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.1

〈全てのシーンにスパイスをきかせた、スパイク・リー監督の社会派ヒューマン〉

人種差別問題をテーマにした映画は、語り尽くされたので、もう目新しい設定は無いのでは?と思うほど、人種問題は映画の題材になり
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.6

劇場の予告編で観て「面白そうだな」と思っていました。劇場にいかずDVDスルーしてしまってごめんなさい。すべてがPC画面内で展開される映画ということで評判になりました。観たら、本当に、全編通してPCの中>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

4.7

<主演女優 和田光沙さんに最大級のリスペクト>

映画を見終わって映画館を出た瞬間に、目に入る風景が茶番に見える作品に出会うことがある。数時間前の自分の価値観が微妙にゆがんでみえ、現実と虚構の区別がつ
>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

3.6

<若手監督と若手俳優による、ワンカットの74分間に盛大なる拍手を!>

松居大悟監督、すごい。74分間のワンカットで1ヶ月間の演劇人のほとばしる熱気を表現。ワンカットなのに、カット割りも考えてあって、
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.2

評判になっていた作品だったので、DVDで観ました。色々、ド派手だし、アジアの大富豪のハリウッド映画という点では斬新だったけど、内容が韓国ドラマで語り飽きた系のストーリーで、ちょっと物足りなかったかな。>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.9

<あさましくて、えげつなくて上品。そして、どこか爽快>

今年の米国アカデミー賞のノミネートとしては、最多10部門にノミネートされた本作。

主演女優賞にオリビア・コールマン、助演女優賞にエマ・ストー
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

<2番じゃだめなんですか?1番じゃないとダメなんですか?>

デイミアン・チャゼル監督の映画の好きなところは、物語に音楽が溢れ出す質感を感じるところだ。

過去作の「セッション」も「ラ・ラ・ランド」も
>>続きを読む

私とあなたのオープンな関係(2017年製作の映画)

3.1

出会い系アプリが良くできてる!(笑)驚き!邦題はあってないです。テラハ(テラスハウス)みたいなカメラワークでした。あえて、ドキュメンタリーチックに仕上げてます。アップのカットが多いのは、恋人達の距離感>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

<絶対、映画好きが好きな映画。やりきれない米国の闇>

テイラー・シェリダン氏の脚本といえば、『ボーダーライン』。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の作品で、テイラー・シェリダンが脚本を書いた作品。この見事な組
>>続きを読む

>|