よこえりさんの映画レビュー・感想・評価

よこえり

よこえり

映画(1625)
ドラマ(0)

らんま1/2 中国寝崑崙大決戦!掟やぶりの激闘篇!!(1991年製作の映画)

4.0

らんま1/2大好き。ずっと観たかったのやっと観れた。最初の数分間が豪華すぎてそれだけで感動。寝崑崙への旅路っていう曲が好きすぎる。らんまと犬夜叉にハマりすぎて漫画とアニメをうろうろする日々。高橋留美子>>続きを読む

幻魔大戦(1983年製作の映画)

3.5

知り合いのおすすめで鑑賞。レビューし忘れ。世界観すごい良かった。SFと不気味な感じと。キャラデザはAKIRAの大友克洋。漫画でちゃんと読んでみたい。

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.0

前作の方が面白かった気がする。
吊り橋の世界観よかった。
最後の馬の決断は理解し難くてびっくり。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

3ヶ月ぶりくらいに実写映画。
ロビンウィリアムズのジュマンジとはまた全然違うけど、所々笑っちゃって面白かった。引き続きネクストレベルも観る。

らんま1/2 超無差別決戦! 乱馬チームVS伝説の鳳凰(1994年製作の映画)

4.0

らんま1/2大好き。
面白かった。
短いからもっと観たかった。
高橋留美子天才。

映画 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(ほうらいじま)(2004年製作の映画)

4.0

犬夜叉ブーム中、4作目。今までの中で作画が1番クオリティ高くて安心して観れた。バトルシーン迫力あってかっこよかったし和田薫の音楽すごい。設定凝っていたけど、肝心の犬夜叉たちのドラマが少なかったのがちょ>>続きを読む

映画 犬夜叉 天下覇道の剣(2003年製作の映画)

4.0

犬夜叉ブーム中、3作目。前作よりもバトルシーンが多くて派手だった印象。面白かったけど作画が微妙すぎてほんとにもったいない。目が1.5倍くらいになってしまっている。それ以外は満足。早く残りのアニメも観て>>続きを読む

映画 犬夜叉 鏡の中の夢幻城(2002年製作の映画)

4.0

犬夜叉に激ハマり中なので全てが面白くて大好き。感動したし、かっこよかった。前作よりも脚本もアニメーションもクオリティ高くて凄かった。これこそ映画館で観たかった。目のバランスだけはTVアニメ版の方が好き>>続きを読む

映画 犬夜叉 時代を越える想い(2001年製作の映画)

4.0

犬夜叉ブーム到来でアニメを1話から見直している。映画もそれに合わせて見ようと思い鑑賞。ハマりすぎているので全てが面白く感じた。映画館で観たかったなぁ。和田薫の音楽良すぎてオープニングからかっこよかった>>続きを読む

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.5

最近ワンピース大好きだから普通に楽しかった。GLIMも好きで怒りをくれよがよく似合ってた。ゴルゴルの実ほしい、働かないで映画観て暮らしたい。スタンピードも観なきゃなぁ。

仁義なき戦い 完結篇(1974年製作の映画)

4.0

遂に観終わった。とても面白かった。1人の若者がヤクザの世界を生き抜いて引退するまでの長い物語。1作目から色々なことがあったなと振り返えると感動した。広能と武田の最後の会話かっこよかった。いつも原爆ドー>>続きを読む

仁義なき戦い 頂上作戦(1974年製作の映画)

4.0

面白かった。4作目にして警察や市民も出てきて、社会の中でのヤクザが描かれていた。広能と武田が寒さに震えながら語り合うシーン良すぎた。山守と打本と槇原は見る度に嫌いになっていく。次でラスト。

仁義なき戦い 代理戦争(1973年製作の映画)

4.0

今のところ3が1番面白かった。登場人物の多さと話の複雑さにも慣れてきて卑怯すぎる仁義なき戦いを楽しめるようになってきた。菅原文太、成田三樹夫、田中邦衛あたりが良い。遺骨が轢かれるのよい。あと2作。

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.2

同じく長谷川和彦監督の「青春の殺人者」が大好きでこっちも観なきゃと思っててやっと観た。最高だった。面白すぎた。悲しい音楽がずっと流れててせっかく原爆作ったのにうまく活かしきれなかったり、孤独感とか哀愁>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

4.0

1作目とはまた違う面白さがあった。1作目はわちゃわちゃしてて、本作は少し落ち着いた印象。組に入った1人の男の一生が描かれている。犬肉食べるシーンは笑ってしまった。北大路欣也のどことなく漂うダスティンホ>>続きを読む

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.0

いつか観なきゃと思ってた作品を遂に。
面白かったしかっこよかった。あの例の音楽、人が死ぬたびに鳴るとは思ってなかった。どんどん話が進んでどんどん人が死ぬのが面白かった。菅原文太と田中邦衛よい。早く2作
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

面白かった。王道な青春映画。前に観て内容忘れちゃったけどレディバードとたぶん同じ感じ。こんな優しいウディハレルソン珍しい気が。久々に観れてよかった。

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

4.0

前から観たかったドキュメンタリー。予告編観た時から自分絶対好きだなと思っていた。案の定すごい面白かった。色んな人生があるんだなと。口に出す言葉が毎度重くて考えさせられた。インタビューで追いかけてた夢が>>続きを読む

ROCK YOU! [ロック・ユー!](2001年製作の映画)

3.5

ヒースレジャー目当てで鑑賞。ハリウッド初主演映画らしい。現代ロック×中世の異色作。意外と合っていて面白かった。超王道ストーリーなので何も考えずに気楽に楽しめた。

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

4.0

前から観たかったやつ。今まで観てきたガス作品の中ではダントツで1番好き。空気感が好みだった。絶望感と刹那感がよい。最後の終わり方もいい。青春映画としてもわりと上位にくるかも。若かりしキアヌすごい。リヴ>>続きを読む

ツィゴイネルワイゼン(1980年製作の映画)

4.2

前から観たかった有名作。すごい!やっぱり大好き鈴木清順。すごい面白かった。世界観強すぎて大好き。撮り方独特で構図も好き。ストーリーも不思議で好き。「陽炎座」も大好きだけど本作も負けてない。藤田敏八の佇>>続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

4.0

いい映画すぎた。優しくて素敵だった。アキカウリスマキの良さが全部詰まっていて大衆受けもしそうなバランスのとれた作品。ジャンピエールレオが老いすぎてて泣けた。1983-2011までの長編16作品観てきた>>続きを読む

レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う(1994年製作の映画)

4.0

ずっと観たかったゴーアメリカの続編。前作の方ができはいいけど、アキカウリスマキでペロンパーなら全然大好き。前説から面白いし、ギニギニワッチのシーン好き。故郷に帰るのも感動した。この後まもなくペロンパー>>続きを読む

白い花びら(1998年製作の映画)

4.0

1600本目は大好きなアキカウリスマキのサイレント映画。こんなに希望から始まる物語は珍しい。そしてだいぶドラマチック。後半落ちていくのはアキカウリスマキだとして、アキカウリスマキ的には本当の主人公は旦>>続きを読む

キートンの電気屋敷/電気館(1922年製作の映画)

3.5

機械仕掛けの家のセットがただただすごい。今回はキートンよりセットが勝ってしまった。

キートンの北極無宿(1922年製作の映画)

3.5

珍しく嫌なやつを演じるキートン。
寒そう。最後のオチもキートンなら可愛らしい。

キートンの鍛冶屋(1922年製作の映画)

3.5

面白かった。仕事のできなさがすごい。終わり方おしゃれだった。

キートンの華麗なる一族/キートン半殺し/キートンの猛妻一族/キートンの飴ン棒(1922年製作の映画)

3.5

あいかわらず運の悪いキートン。最後はめちゃくちゃ運良くてよかった。キートンがだんだん可愛く見えてきた。

キートンの警官騒動(1922年製作の映画)

3.5

恐らく歴代最多の警官に追われるキートン。
家具一式失った家族が被害者すぎる。

キートンの船出/漂流(1921年製作の映画)

3.5

キートン×船ってだけで可愛すぎる。
アニメを見てるかのようなドタバタコメディ。コミカルな動きがかわいかったのと船ぐるぐるがすごかった。

悪太郎(1921年製作の映画)

3.5

とてつもなく運の悪い男の話。マネキンのシーン面白かった。猫みたいな動きで逃げ回るキートンすごい。

キートンのハイ・サイン(1921年製作の映画)

3.5

キートンの初単独監督作品。キートン本人が気に入らず公開が見送られた作品らしい。
二重契約しちゃう設定が面白い。仕掛けや小ネタもあった。所々フィルムの状態が悪くて少し見辛かったのが残念。

>|