HappyMealさんの映画レビュー・感想・評価

HappyMeal

HappyMeal

大学生
2018年ベスト10

映画(483)
ドラマ(15)

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.8

バトルシーンの迫力がやばい
あとストーリーはほぼ「クリード2」

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.5

エロい、エロすぎるそして面白すぎる

キムミニは相変わらず信じられないくらい綺麗だし、何も見えないシーンでもひたすらに上品にエロい、スッキも可愛い
度を越した変態さも含むけどそれもまた伏線になってたり
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.7

スプリット以上に多重人格演技に磨きがかかったマカヴォイが参戦したアンブレイカブル2という感じ

「スーパーヒーロー」の存在そのものっていう2作続けて語られたテーマは面白くて、その部分のオチにはちょっと
>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

3.9

キムミニがめっちゃ可愛い、魅力的

どこまでが現実でどこまでがフィクションなのか、どこまでが本音でどこまでが脚本なのか、どこまでが現実でどこまでが夢なのか
ラストの切ない余韻がまだ残ってる

スペース カウボーイ(2000年製作の映画)

3.8

中盤まではなかなかにお気楽で楽しい
ジジイ4人の全裸とかそう見れるものではない別に見たくはないけど

話はB級といってもいいくらいだけどそこはさすがイーストウッド、余計な演出や仰々しさは無く堅実な作り
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.2

最初に映し出されるのはキエフで拳を振るう"宿敵"
まさかドラゴ陣営に泣かされるとは思ってなかった

否が応でもテンションの上がるトレーニングシーン、ダウンしてから再び立ち上がるまでの流れ、完璧なタイミ
>>続きを読む

リンカーン(2012年製作の映画)

3.8

デイルイスの渋みほんと好き
アダムドライバーがチョイ役で出てきた

南北戦争の戦闘シーンは冒頭だけで、後は基本政治家が憲法改正云々の話をしているだけの2時間半、ってのはスピルバーグだからそれなりに面白
>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.6

トシオは映画だとちょっと笑っちゃうけど実際目の前にいたら死ぬほどビビるだろうな

ビックリさせる系じゃなくてゾクッとする怖さメインなのが良かった

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.3

ここまでどの要素も完璧で面白い映画はそうそうない

ベンアフレックの死んだ目は絶妙、ロザムンドパイクの演技も凄まじい

ドラマもいいけど、たまにはまた映画も撮ってねフィンチャーさん

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.5

なんだかあんまり映画を作る時間がちゃんと取れなかった感
アポロの敵討ちか東西冷戦かどっちかに焦点絞るべきだったのでは

ポーリーが雪にドサッってなるところが可愛かった
スタローンは髭が似合う

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.9

アポロ・クリードが本当に最高
かつての敵が師として戻ってくるという無条件でアガる展開、人としての魅力もたくさん見れる

エイドリアンに浜辺で鼓舞される所もよかった
ロッキーがちゃんとボクサーとして強く
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

3.9

長く壮大な旅が完結

やっぱりサムだよ
彼が偉大すぎる3部作だった

アンディーサーキスがちゃんと人間なのMCUの武器商人以外で初めて見たかも

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

4.0

前作よりスケールアップして見せ場も多い2作目

合戦シーンが凄すぎる
ガンダルフが崖を駆け下りるところとか、絵画のよう

フロドが最後まで主戦場にいないってのが3部作の真ん中感があって良い
やっぱり最
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

3.8

クリーチャーの造形とか世界観の造りこみが凄い

ダンブルドアみたいな人が2人出てきた
オーランドブルームかっこいい
サムがめっちゃいい奴

まだまだ序章、これから感

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.6

オチは嫌いじゃないけど、それ以外はそこまで

「見てはいけない」以外の人間ドラマ要素が平凡だから、「音を立てちゃいけない」だけをシンプルに突き詰めたクワイエットプレイスの完成度には及ばず、って感じ

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.0

ストームトルーパー、C3PO、アイアンマン、グルート、そして極めつけのプリンセス大集合
ディズニー帝国の凄まじさを詰め込みレディプレ的楽しさ満載だった

しかし本筋はとても現実的な話だ
こんなほろ苦さ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.2

元々イーストウッドの企画だったらしいけど、めっちゃイーストウッド映画っぽかった
これが初監督作品ってブラッドリークーパーすげえな(歌も上手い)

レディガガ、歌はもちろんめっちゃ演技が上手かった
ラス
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

4.0

宿命

終盤の音楽に乗せた回想シーンがすごい
謂れもない差別ってほんと辛いな

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.4

ポンジュノ恐るべし

何も情報入れずに観たから最後まで超ドキドキしてたし、ホラー並みに怖いところもあった
ラストの目線はまさに映画を超えて現実へと向けられた…

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.0

おもしれえ

意表をつく悪役の正体とか伏線回収とか凄いし、感動した

来る(2018年製作の映画)

3.2

やっぱ中島映画は嫌いだけども、どの映画にも数回おっ!ってなるシーンがあってそのために観てるようなもん

唯一怖かったシーンが盛り塩踏んづけた後の黒木華の笑顔ってのはホラー映画としてどうなのか
柴田理恵
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

4.1

一昨日の藤井仁子×濱口竜介によるイーストウッド談義で濱口監督が「実話モノはご都合主義的展開があっても『これは実話だから』と言えるので良い」と仰っていた。
確かにこれもご都合主義ではないけど、そんなこと
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.7

中盤くらいまでイーストウッドとケビンコスナー逆の方がいいだろとか思ってたけどラストでああこれはイーストウッドこっちだわと思った

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.6

「スプリット」を何も知らずに観た後調べちゃったからオチは知ってる状態で鑑賞


これとマカヴォイの多重人格者をどう絡めるんだろうか。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.3

音と演出と表情(特にトニコレット)でジワジワ来る感じ
デカい音で驚かす系はほとんどなくて、どれも気づいた時に鳥肌が立つ怖さ
ラストの屋根裏のあれは身の毛もよだつほど怖かった…

伏線を徐々に回収しなが
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

3.8

オルゴールの音色がめっちゃ耳に残る

鮮烈な色合いの照明、独特のカメラワーク、とても芸術的

グァダニーノ×トムヨークのリメイクもとんでもないことになってるっぽいからめっちゃ楽しみ

斬、(2018年製作の映画)

4.2

音がやべえ

池松壮亮、蒼井優が凄いのはもちろん、塚本監督まじでカッコよかった、、
ここまで出来る日本映画はなかなか見れないから嬉しい

青い春(2001年製作の映画)

4.2

青いなぁ、春だなぁ、最高だ

こんな高校生活に縁はなかったし憧れも特にないけど、カッコよくて懐かしくて良かった

階段を駆け上がる松田龍平を見て「桐島、部活やめるってよ」をまた観たくなった

バスターのバラード(2018年製作の映画)

4.2

コーエン兄弟の短編オムニバス

1→5→2→3→4→6の順で面白かった
1話の机蹴っ飛ばすとこ面白すぎてその場で5回くらい巻き戻して観ちゃった

アナイアレイションにしろ、ローマにしろこれにしろ、完全
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

これが面白かった、という感想より次が気になる、の方が大きい

ハリポタ要素が増えたのは嬉しかった

魔法省潜入にポリジュース薬が欠かせないのはどの時代も一緒なんだね

最後の追跡(2016年製作の映画)

4.2

現代アメリカで男が銃を構える映画を書かせたら、恐らく右に出るものはいないテイラーシェリダンの脚本が今回も素晴らしかった

皮肉の応酬みたいな会話も面白く、楽観と哀愁のバランスも良い

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.9

良い
泣きながらパイをひたすら掻き込むルーニーマーラと、シーツの下で微動だにせずそれを見守るケイシーアフレック(体感5分以上の長回し)


ルーニーマーラが個人的に好きな女優ナンバーワンの座を不動のも
>>続きを読む

親密さ(2012年製作の映画)

4.5

一度では到底咀嚼できなくて、書き留めたかった台詞だらけ
言葉と電車の詩、恐怖とバンジージャンプの話、暴力について
その他にもたくさん

15分以上?会話しながら歩き続ける長回しの最後に夜が明ける前半ラ
>>続きを読む

大脱走(1963年製作の映画)

4.3

エンタテインメントの全てが詰まっている

良い意味で、勝手に思い描いてたストーリーと違う展開だった

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.0

エミリーブラントも、ヨハンヨハンソンも、ロジャーディーキンスも、そしてドゥニヴィルヌーヴもいないボーダーラインなんて…と思ってたけどめっちゃ面白かった

前作の心臓を常に掴まれてるような緊張感は少し緩
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.2

続編前に再鑑賞

こんなに凄かったっけ??
ブレイキングバッドとか観て色んな知識が増えたからかな、1回目の4倍くらい楽しめた気がする

>|