HappyMealさんの映画レビュー・感想・評価

HappyMeal

HappyMeal

ベストムービーは2018年版

映画(448)
ドラマ(6)

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.2

続編前に再鑑賞

こんなに凄かったっけ??
ブレイキングバッドとか観て色んな知識が増えたからかな、1回目の4倍くらい楽しめた気がする

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.2

2日に分けて観るつもりが、気づいたら4時間が経ってた

基本的に、「殺人事件」というタイトルからは距離を置いた日常描写が続く
そしてその積み重ねがあったからこそ(4時間必要だったかは分からないけど)、
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.0

ブレーカーが落ちた時の部屋の色、たまに石原さとみに見える趣里の横顔、菅田将暉の死んだ目、田中哲司と松重豊の安心感、そしてやはり石橋静河が好き


これが長編初監督作って、今後とんでもない映画を撮ってく
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.1

「リトル・ミス・サンシャイン」を彷彿とさせる風変わりな家族の物語

コメディとシリアスのバランスが良い
色んな映画祭で観客賞受賞してるのも頷ける、素敵な映画

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.0

ありきたりな褒め言葉だけど世界観が良い
あとChara

走る軽トラの荷台でピアノ弾くシーンとか、桃井かおりのカーチェイスとか、この映画じゃなきゃ見れないものだらけだった

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

最後のライブエイド筆頭に、ライブシーンがどれも超鳥肌もの

ストーリーは上手くまとめた言わば王道だけど、彼らの音楽が偉大すぎて、それを爆音で浴びるだけでもう何もいらない


ファンタビに取られる前に、
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.0

まじめにふまじめなタランティーノ節炸裂

映画愛も伝わってきて良い
映画オタクなら窮地も乗り越えられる、かも

(1963年製作の映画)

3.7

おびただしい数の鳥がいるだけで醸し出される終末感

なんか最後の15分くらいだけ見たことあったけどなんでだ??

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.2

"I need you to be a human again"

妻の言葉がどれも刺さる

ラストは言葉も出ない
無音のエンドロール

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.9

最後のマーカスの話からのスローモーションで締めるとこ最高


鬼気迫る表情のブリーラーソンが既にキャプテンマーベルにしか見えなくなってきた

楢山節考(1983年製作の映画)

3.9

生きるために、生きる人々

意外とぶっ飛んでるストーリー
くされが嫌われすぎててウケる

動物が印象的だけど、一番良かったのは家を出るところを木の上から見つめるフクロウ

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

ヴェノムの造形がめっちゃカッコよかった

ヒーロー誕生譚が陥りがちな薄味感はちょっと否めないけれど

ただ続編にも期待できそうだし、次はもっと暴れちゃっていいですよ

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.9

東京国際映画祭

あまりにも美しすぎた
映像も、音も、台詞も、演技も、全て
キュアロンらしい長回しも凄い


とにかく、12月にNetflixで公開らしいけどこれは絶対に映画館でやるべきだし、もしやっ
>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

4.1

こころを持つことは、切ないことでした。

とりあえず、ペドゥナが街をウロウロしてるのだけでも2時間眺めてられる

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭

個性が光る短編が続き面白いなあと思ってた最後に山戸結希監督の「離ればなれの花々へ」でやられた
内容よりも、これが作られた意味の方が大きいと思うし、そこが重要な作品

いくつか??なも
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

3.7

東京国際映画祭

脚本の粗は少し目立つけど、勢いとスピード感で補ってる

MIYAVIの顔は本当に映画ばえするなあ

ザ・リバー(2018年製作の映画)

3.7

東京国際映画祭

キューブリックとかウェスアンダーソンみたいな、というかそれ以上にバキバキの構図でキメてくる

それを意識しすぎててちょっと写真展みたいだったけど、嫌いではない


めちゃくちゃ良い素
>>続きを読む

半世界(2018年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭

稲垣×長谷川×渋川のイケオジ3人組がとても良い
笑えるところは本当に面白いし、やっぱり池脇千鶴は偉大


最後、もうちょいスパッと終わらせてくれたらもうちょい評価上がってたかな
でも
>>続きを読む

県警対組織暴力(1975年製作の映画)

4.5

超面白かった
菅原文太がやっぱりかっこよすぎる

「取り締まられ本部」とか真似したくなる名言、名シーンの大連発

「孤狼の血」は「仁義なき戦い」よりもこっちだってのをちょくちょく見たけど、その通りだっ
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.8

東京国際映画祭

思った以上にコメディ
その合間に中東の深刻な現状が挟み込まれるバランスの良さ

ラストもスッキリ

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.9

東京国際映画祭

岸井ゆきのが可愛すぎる、成田凌も、脇役もみんな良かった

片思いのその先にある想いに、名前はまだない
今泉作品、他も観てみよう

アマンダ(原題)(2018年製作の映画)

3.9

東京国際映画祭

なんとなく予想できてはいたけど、あのウィンブルドンはずるい、泣ける
レナがめっちゃ可愛かった

Elvis has left the building

ホワイト・クロウ(原題)(2018年製作の映画)

3.8

東京国際映画祭

レイフファインズ監督・出演作

主人公、超イケメン
女の子めっちゃアデルに似てるなぁ〜って思って観てたけどアデルだった

堕ちた希望(2018年製作の映画)

3.7

東京国際映画祭

イタリアにもこんな状況が存在していることにまず驚き

主演の女優がとても良かった
あとは犬と馬

詩人(2018年製作の映画)

4.0

東京国際映画祭

「人は一生に、一つの場所とたった1人の人を思い出せればいい」

このあたりから、ラストシーンまでがとにかく良かった(ちょっと唐突な気もしたけど)

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.9

hush-hush

雲行きが怪しくなり始める中盤以降一気に面白くなる

バベル(2006年製作の映画)

4.1

ブラピ、ケイト、ちっちゃいエルファニングら錚々たる役者を抑えて菊地凛子の存在感が圧倒的

個人的にすごく良かったけど、なんか評価低いな
イニャリトゥの新作が早く観たい

ハッピーアワー(2015年製作の映画)

4.3

上映時間5時間17分
主人公4人と周囲の人物が抱える「重心を聞く」というテーマを完璧に掘り下げるためには全然足りないとさえ思った
あまり観ている間は映画を観ているって感じはしなかったけど、観終わってど
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

4.1

キャスティング完璧、みんなハマってる

クネクネしてる松田龍平好きすぎる

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.6

意外とストーリーがしっかりしてた

オチも、エンドロール中のオチも好き

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.8

たぶん理解できないから観る前にパンフ買ったけど正解だった
色々と解説読んで理解を深めたい

それにしても、ピアノ弾き語りながらポップカルチャーの裏側を説くシーンがグサグサ刺さりすぎた
期待値が高すぎた
>>続きを読む

>|