ザンさんの映画レビュー・感想・評価

ザン

ザン

映画(5218)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.8

大人女優陣の年齢の幅はありそうだが、千葉すずと篠原涼子などのマッチングを楽しめた。こだわりなのかもしれないが、画質まで時代に合わせたレベルにしなくてもよかった。見にくい。

キューブ:ホワイト(2018年製作の映画)

2.4

あのキューブシリーズとは関係なかろうが、硫酸系の場面を含む悪趣味な仕打ちは共通点も多いか。

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.7

そりゃ、そいつが怪しそう。人の命を脅かすほど高価な書籍があってはならないとも思う。こうなってしまえば、東出がはまり役。

生きる街(2018年製作の映画)

3.2

素の夏木マリがどこか新鮮。斎藤工も仲間由紀恵も総出で。

ロスト・マネー 偽りの報酬(2018年製作の映画)

3.6

奥さんたちが頑張ったのに、あの色男か。黒人と白人、東欧系も人種が入り乱れるが、計画を実行するにも財力は大切だとわかった。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.3

そりゃま、そのまま終わっちゃダメだわな。つじつま合わせが面倒だな。杉咲の芸風はこんな感じ。橋本おいしい立ち位置。

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

4.1

ある意味、アメリカという国の恐ろしさを巧みに表している。ごまかそうとする側、事実を晒したい側、もみ消そうとする側。正義の所在。

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.4

やはりミュージカルの必要性があるわけか。続編的ノリがオールドファンを楽しませる。

ボクは坊さん。(2015年製作の映画)

3.5

浮世離れした世界かと思いきや、俗世間に近しい若者の価値観に安心する。ちびノリダー。八十八か所。

復讐の十字架(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

焼身自殺をはかるほどの自責の念。母親が残念。美人の彼女は可哀想。

トラさん~僕が猫になったワケ~(2018年製作の映画)

3.6

いいコメディだった。あぶく銭身につかず。家族思い。猫好きなひと。バカリズムはまり役。

Mr.&Mrs.フォックス(2018年製作の映画)

2.5

せっかくの「パルプフィクション」俳優の共演だが、老いばかりが目立つ残念な仕上がり。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.6

逸脱していく母親。意識はないのに、筋肉に刺激を与えて手足を動かしたり笑顔を作ったりするのは文字通り操り人形で、ただのエゴに過ぎない。鋭い問題提起。

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

3.1

やはり人間的に欠陥がありそうな人物が持て余すほどの権力を手にして、組織の中で暴走して加担してしまった残念な案件。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.3

友情家族愛をテーマにしながらのファンタジー。それでいて文化や宗教にもスポットを当てており教育的。

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

名優で名監督のクリント・イーストウッド。こういう役なら自分がやったほうが早い。不器用に生きてきた男の現代に対する抵抗、自己主張だと受け止める。運転免許返納は不要だな。

ツナグ(2012年製作の映画)

3.4

いくら逢える場所がホテルの一室だからって、そういうこともあり?濡れた路面は避けて通りましょう。いや、凍ってなきゃいいのか。

ピアッシング(2018年製作の映画)

3.3

交錯するお互いの共通した性癖。村上龍なのが嬉しい。

キングダム(2019年製作の映画)

3.9

イケメン若手俳優陣も頑張っているが、やはり大沢たかおが美味しいところ全てを持っていってしまってるな。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

壮絶な女の争い。権力がありながらも醜いアン女王に気に入られようとする人生をかけた闘い。オリヴィア・コールマンの女優魂にあっぱれ。

家族のはなし(2018年製作の映画)

3.6

鉄拳ワールドを堪能。岡田くんにはなぜかあまり共感できないが、周辺の家族愛に感動する。

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

3.8

でも産みの母がやはり薬物から足を洗えないのは虚しい。不器用な弟くんや感情豊かな妹ちゃんの面倒を見ながら、多感な時期を過ごしている彼女は大変だったことだろう。愛情あふれる夫婦に迎えてもらえてホントによか>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.6

意外とよかった。報われない登場人物たちの思惑が交差するが、要領よくやって生きながらえている一般人にこそ残念な思いがする。

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.8

キュートでいながら無敵。顔周辺のCGの感じはNHKのチコちゃんの仕組みだろう。体がちぎれても復活。底辺から這い上がれ。続編あるやろ。歓迎。

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.3

そうかシソンヌじろう脚本。コントのごとき展開もあったな。美人だと自認しながらの婚活も滑稽。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.4

そうかそのせいか。日本に造詣の深い前作のギレルモ・デル・トロ監督ではない。何か違和感があったが、日本へのリスペクトが薄い。街や富士の被害は甚大だし、菊地は瞬殺だ。KAIJUは怪獣ではないので、円谷作品>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.4

ルールもたくさんのファンタジー。松重の渾身の演技にジーンときた。

ギャング・イン・ニューヨーク(2017年製作の映画)

3.0

やはり有名マフィアの頂点を極めた男の人生を2時間そこらでは表しきれないことだろう。服役中の年老いた特殊メイクは醜い姿。

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.5

西島氏の爽やか上司ぶりに何故か違和感を抱く。劇中のアイドルグループはどの辺りのイメージだろうか。夜中に乗り物を動かしてアイドルを迎えなくてもいい。

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

3.8

2009年の実話もヒントに。現代でも突発的に事件がおこるのだから根は深い。自分が尋問している黒人が完全服従していないと、納得できずに発砲するのだろうか。そんな誤った正義感を持つ警官に拳銃を持たせてはい>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.5

姉妹で登場。様々な場所のピアノと、それに関わる人たちの思い。良い手入れを施して、弾いてあげてこその楽器。

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.7

どの時代も必要以上に流行してしまうものがあるのだね。周囲と盲目に競い合ってしまう風潮は現代にもあるだろう。恋にも球根にも盛り上がってしまい過ぎたな。

リンクル・イン・タイム(2018年製作の映画)

3.4

クリス・パインはどうせなら、失踪する以前はひげ無しで、捜索されこちらに戻ることになった時点で今回の風貌になればよかった。年月とその苦労がうかがえたのに。生徒の家庭の中傷を比較的オープンスペースで同僚と>>続きを読む

デッド・ウィッシュ(2018年製作の映画)

2.2

壺。アラジンの魔法のランプも悪用するとこんな感じか。病的な母親も厄介だな。筆談する舌のないおじさん。ツボ。

>|