zk

宇宙探査艦オーヴィル シーズン1のzkのレビュー・感想・評価

4.0
往年のスタートレックシリーズを模したコメディ。
STとの違いは下ネタを含むギャグやジョークの有無である。
と書くとおふざけコメディのような印象を与えるが、本作の醍醐味はそこではなく、悪ふざけとしか思えない要素を物語に組み込む事でSTには不可能だったストーリー展開や題材の選択を視聴者に提示してくれている点にこそある。ストーリーそのものはかなり真面目にSTしていて、その意気込みにも驚く。

もう一点はっきり見て取れるのは「もし現代のアメリカ人がSTの登場人物だったら」である。STシリーズの「Enterprise」はその色彩が比較的強かったが本作はもっと踏み込んで「そこらの無知なアメリカ人」をブリッジに配置する勢いだ。彼らは宇宙的な現象や異文明交流にフツーの人間としてツッコミを入れる。
これがなろう系ファンタジーと同じ構造で(ファンタジーの世界に現代日本人の主観を持ち込む)SFの世界を親しみやすくさせている。

現在(JJ映画やディスカバリーやピカード)のドラマチックなラインではない一話完結の24世紀舞台のオーソドックスなSTを所望しているファンには本作の方がアジャストするように思う。
副長がエロい。