特攻野郎Aチーム シーズン5のドラマ情報・感想・評価

特攻野郎Aチーム シーズン51985年製作のドラマ)

The A-Team Season5

製作国:

3.7

あらすじ

「特攻野郎Aチーム シーズン5」に投稿された感想・評価

天

天の感想・評価

3.5
0
お子様からお年寄りまで、ご家族で安心して観ていただける痛快アクションコメディドラマ。
BSで再放送していたのを観て、やっぱり今観ても面白いことを再認識。我が家の中高生の子どもたちも大笑いしてた。
それではAチームファンの皆様が胸熱な名ナレーションをどうぞ。
-----------------------------------
ベトナムでならした俺達特攻部隊は、濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、死刑執行寸前、からくも刑務所を脱出した。 謎の人物・ストックウェルに保護された俺達は、彼の指令を受け、世界中を股にかけ大活躍だ。
巨大な悪を向こうにまわし、正義を貫く俺達特攻野郎Aチーム!

「俺はリーダー、ジョン・スミス大佐。通称ハンニバル。奇襲戦法と変装の名人だ」

「オレはテンプルトン・ペック。通称フェイスマン。自慢のルックスに女はみんなイチコロさ。ハッタリかまして、ブラジャーからミサイルまで、なんでも揃えてみせるぜ」

「お待ちどう! 俺様こそマードック、通称クレイジーモンキー。パイロットとしての腕は天下一品! 奇人? 変人? だからナニ?!」

「フランキーだ。特殊効果マンの俺を加えて、チームもぐっと盛り上がったね」

「コングだ。腕っぷしは見ての通りだが、飛行機だけはカンベンな」

「そして影の指導者、謎の人物、それが私、ストックウェルだ」

「俺達は、道理の通らぬ世の中にあえて挑戦する、頼りになる神出鬼没の!」
全員「特攻野郎Aチーム!」
「今日も、胸のすくようなハデな暴れが見ものですよ」