不滅の恋人のドラマ情報・感想・評価

「不滅の恋人」に投稿された感想・評価

aya9

aya9の感想・評価

-
0
ユンシユンもチュサンウクも、脇役もいいんだけども、、主役の女の子と脚本がもうひとおし。10話まで見たけど、離脱。
hichang

hichangの感想・評価

4.0
0
ユン・シユンの大君役は 最初しっくりこなかったけど見慣れていったw。女性をめぐって兄弟の確執を描いていたけど 王様を憎みきれないというか 同情も。生まれ変わったらたくさんの愛情を受けて というチャヒョンの言葉にぐっときた。
邊見猛

邊見猛の感想・評価

5.0
0
 李成桂が基礎を創った,李氏朝鮮・王朝時代【1392年〜1910年までの,約520年間】❢❢。2人の大君【テグン︰皇太子】が,1人の女性の愛&國の命運を命懸けで鬪う❢❢。朝鮮國の國王陛下が危篤狀態【重篤】で次男のイ・ガンが玉座&王座を虎視眈々と狙っている最中,戰死したと思われていた末っ子の弟,イ・フィが生還する❢❢。
 NHK総合テレビで,每週日曜日の23時00分〜24時00分まで放送❢❢。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.0
0
NHKBSプレミアムのこの時間枠ドラマは段々ロマンスエンタメ要素が濃くなって、歴史背景が薄く安っぽくなっていく。
結末はすっかり兄のチニャンに気持が持っていかれ主人公に感情移入しにくい。
チュ·サンウクは良かった。
uyuyu

uyuyuの感想・評価

3.5
0
なかなか面白かったです。
ユン・シユン、すっかりたくましくなったね。すてきでした。
チン・セヨンはちょっと苦手なんだよなー
面白かった❤️
王位継承と女性をめぐっての兄弟の争い。
汚ない手を使う兄だけど 弟の彼女をずっと想い続ける姿は 不器用で純😳
ちぇり

ちぇりの感想・評価

4.1
1

このレビューはネタバレを含みます

NHKの9時~の史劇枠で視聴。
ウンソン大君役のユンシユンさんのお顔がタイプで毎週楽しく視聴しました。女真族に囚われる前は爽やかな塩顔男子という感じですごくカッコよかったのに、3年経っておひげダンディーな感じになったちゃったのが残念でした。。ひげ要らなかった。。無い方がカッコよかった。。。
その後推しがウルン君に変わりました。チニャン大君側は全く応援していませんでしたが、刺客をしていた頃のウルン君は静かな暗殺者っていう感じでカッコよかったです。親衛隊長になってからはなんかちょっと微妙な感じになりましたが。でも、最終回のチニャン大君に自分を殺すように頼まれて鼻をすすりながら泣いているシーンは可愛かったです笑
そして、登場から最後まで推したのはトジョンググさんです。登場してすぐはウンソン大君をいじめる悪いやつかと思っていましたが、先見の明がありますね。めちゃくちゃいい人でした。亡き父のため、国のため、ウンソン大君のため、忠誠を尽くしている姿がとってもカッコよかったです。最後の謀反には欠かせない人物、1番の立役者だったと思われます。何気に剣も滅法強い。
さて、今までドラマの中心となった男性の話をしてきましたが、やはり華は女性です。ヒロインのチャヒョンは、うん、終盤は成長します笑最初はその無鉄砲さや非常識さに正直イライラしました笑特に、女真族との戦に男装をしてついていくシーン。あれはだいぶ迷惑ですよね。笑それを全然許しちゃうウンソン大君も甘々だなぁとは思いましたが。考えなしな感じの行動が多くておいヒロイン!しっかりしろ!というシーンは多かったですが、なんだかんだウンソン大君を待ち続けたので良い子ではあります。ルシゲ・クッタン人気は高かったですが、実際にヒロインよりはしっかりしていたと思います。個人的には寺でチャヒョンがルシゲに字を、ルシゲがチャヒョンに護身術を教えて友情が芽生えていくシーンがとても好きでした。あの辺ではチャヒョンもだいぶまともになっています。
悪のチニャン大君と正義のウンソン大君という分かりやすい対立構造で進んでいくベタな史劇です。歴史上の実際の出来事を背景としているところもあり、100%フィクションではありません。権力や愛、家族のいざこざなどに翻弄される人たちの運命が描かれています。
あと小さい時の上王様がどちゃくそかわいいです。
全 20話。ユン・シユン、チン・セヨン出演。
朝鮮王朝お得意の 世継ぎをめぐる兄弟の
争いに 恋を絡ませたドラマである。
世祖の兄弟を題材に したものだが、
骨肉の争いが 定番である。
モデルとなる史実とは 異なる終わり方も
韓国ドラマの奥深さなのだろうか。