クマヒロ

金田一耕助 踊る!のクマヒロのレビュー・感想・評価

金田一耕助 踊る!(2020年製作のドラマ)
3.3
『横溝正史の表現をそのままに』

話数を重ねるごとにとがる演出が印象的。
1話1話の演出家が違うため、原作は横溝正史といえど、印象が変わる。

2話くらいまでの演出が許容範囲で、3話目「犬神家の一族」は演出過多で、台詞も詰め込まれ、脳の整理が恐ろしく大変。
「犬神家の一族」を初めて見たが、長編映画化されるこの作品を30分にまとめることに無理を感じる。

この物語の主軸は横溝正史ならではの表現をそのまま映像化した際に生じる上品だが、どこか歪んだ感覚を楽しむもの。

ビート強めの音楽で佐清の独白を流したり、金田一耕助の頭のフケに何の意味があるのか。横溝正史そのままの表現、というところが必須だと思われる。

2話のボッキ表現など、愛すべき表現も多数存在するため、また違うパターンのものも見てみたい。

にしても、池松壮亮はやっぱ何の演技を見ても様になっていて、圧巻。「宮本から君へ」と真逆のような役でもしっかりこなしてしまう。