moridon

ノット・オーケーのmoridonのレビュー・感想・評価

ノット・オーケー(2020年製作のドラマ)
4.3
超能力×ジュブナイルものっていう好みどストライクの作品。毎話毎話タイトルロゴとエンドクレジットに入るタイミングが絶妙すぎてクセになる。

主観的な思春期のストレスを超能力という客観的な事象として描く面白み、そしてセンス抜群な選曲が織りなす心地良い雰囲気にどっぷりハマってしまった。衣装もすごく自分好み。シドが着ていたワインレッドのパーカーとコーデュロイのジャケットの合わせが可愛い。

『IT』に続いてソフィア・リリスの醸し出す妖艶な可愛さ全開。彼女からはヘプバーンみを感じる。ワイアット・オレフはまたもやスタンリー役という可笑しさ。車の窓をたっぷり尺とって開けた後に放つ“Hey.”の破壊力よ…笑

最終話の衝撃が凄まじすぎて忘れられない。こりゃシーズン2期待大。