みきちゃ

美食探偵 明智五郎のみきちゃのレビュー・感想・評価

美食探偵 明智五郎(2020年製作のドラマ)
5.0
日テレ 日曜ドラマ枠
主題歌:「Time」by 宇多田ヒカル

お、おもしろかった……。対比が散りばめられた重厚なストーリー。怒濤の展開に心震えた。余白を深読みした。数々の美しいカットに、素敵な演出。役者みなさんにしっかり見せ場が振り分けられてて演技を堪能した。毎話毎話、ラストで流れる宇多田ヒカルの切なく儚い歌にもKOされ、長引く余韻に浸った、、、。コロナ禍にも負けず妥協することなく努力と工夫と作品愛で最後まで届けてくださってのではないかと思えてしかたがない。本編に見劣りしないHuluのサイドストーリーも素晴らしかった。製作陣の皆さま本当に有難うございました!!涙

1話:この衣装を着こなす中村倫也!原作全然知らないんだけど、小池栄子がこれから暗躍するんだろうか。

2話:訛ってる志田未来いいなー。リンゴ。あかね。茜。

3話:あの○○を突っ込むところ!苦しい!!!迫真か!!!小池栄子がほんまにモナリザに見え始めるなど…。こわい。小芝さんと富田さんのコンビ感がなかなか愉しい♪

4話:キッチンハラスメントがピンとこなかったんだけれどもそこは仲里依紗の流石の説得力で徐々に気持ち寄り添えた。猟奇的冷蔵庫の絵面が結構な衝撃で。。。高校生の明智が涙したおふくろの味は、れいぞう子にとっては地獄の味。同じお料理やのになぁ。

5話:担任がひどすぎて内心超憤慨。でもなんだか良い回だった。

6話:苺ー!!あんなもん見せられて…。きつい。小芝さんの演技すごかった。あんなにもうるうるの涙目…。ラストの、"密"を避けるべく変更されたシーン。コロナ云々のテロップなど不要だった。明智と苺の現状を表現する方法としてむしろ最適だった。

7話:ココちゃん…。武田玲奈の長台詞めっちゃ良かった。もってかれた…。苺にはまたもや辛すぎる展開。

8話:マリアの黒が深まる。相反して苺のピュアな真っ白な愛がさらに美白されてもう純!白!

9話:手と手を取って走り去る二人の美しいこと…。料理人、苺ならではの熱弁に涙。武田真治は神懸かってた。苺が白雪姫みたいに見えた。最初はわーわーうるさかったけどもはやプリンセスにしか見えない。「ありがとう」という台詞が繰り返された。沁みた。最終話のBGMが大変良くて、OPの優美だけど短いオーケストラ曲にはちゃんとロングver.があってなかなか荘厳であることを教えてくれて、Timeのピアノver.のかっこよさも知れた。余韻がすごい。

余韻がほんとにすごい。