ザ・スタンドのドラマ情報・感想・評価

「ザ・スタンド」に投稿された感想・評価

hideharu

hideharuの感想・評価

3.0
4
2021.11.20レンタルDVDで鑑賞。

スティーブンキング原作の「ザ・スタンド」2度目のテレビドラマ化。原作は確か文庫本で4冊くらいあったような気がするくらいの長編なのでとてもじゃないけど映画には不向き。
最初のテレビ化は日本でLDのBOXセットを購入するほど楽しみにしていた。

でもここでは取り敢えずリメイク版の方について書かなきゃね。
とは言えどうしてもオリジナル版と比べてみてしまうの仕方がないこと。
今回はテレビシリーズとして全9話約8時間半なのでオリジナルより2時間以上も長くなっている。
さっきも書いたけど原作は長すぎてとても読破する自信がないため手を出していないのでどちらがより原作に忠実なのかは知らない。
でもリメイクは長くなった分、パンデミック以前の描写も多く重要人物の登場になるとその人物の過去が必ず付け加えられてしまうので展開としては丁寧、悪く言えば冗長に感じられる。

キング作品が好きならば割と受け入れられるレベルではあるけど昨今の展開の早いマーベル世代にはどうでしょうか?

ただテレビ界の状況もオリジナルの時代とは大きく変わっているので残酷描写の規制も多少は緩くなったのか喉を裂かれる、内臓が見える、遺体がゴロゴロ転がってる、グロい生首程度は見られます。あと享楽に耽る悪に導かれし者たちの描写とかもあります。

それに予算も多く取れたのか撮影規模も大きくラスベガスのホテルを借り切っての撮影もあれば、クライマックスもCGを使って豪快に見せてくれます。
考えてみるとオリジナル版のラストはショボかったからね。

この企画がコロナの前からあったのか知りませんがタイミング的にはいい感じ。もっとも「ザ・スタンド」の方は致死率99%以上なので全然違いますけど。そして何故かアメリカの描写しかないので他の国がどうなっているかとかよく分からないです。

まあそんな最中で生き残った者のうち善に導かれる者と、悪の誘惑に負けてしまった者とが交互に描かれていますが特に戦争のようなものが起こるわけではないです。
聖書の引用もいくつかありますしかなりキリスト教色が出ていると思います。日本人には分かりにくいと言う事はないというレベルなので安心を。

自分はキングの映像化は失敗作も含めて見るようにはしています。これはイケる方だと思いました。
つたやん

つたやんの感想・評価

4.2
0
Sキング作品でも、好きなシリーズなので、楽しみにしていました。昔のテレビ映画シリーズはもちろん視聴済。

話は知っているだけに、答え合わせをしながら、思い出しながら楽しく観れました。昔の作品好きな人には鉄板かも。

映像も綺麗で、スタイリッシュで、作品としてのクオリティが格段に上がっている。

ラスト9話はボーナストラック状態。物語が圧倒的に締まった。9話のメッセージ性は、ウィズコロナ、アフターコロナにこそ伝えたいと思います。

大満足でした!
ゆぴこ

ゆぴこの感想・評価

2.5
0
スティーヴン・キング原作のドラマは、ものすごい好きなやつもあるけど、こちらは全然ダメなパターンだった。
アレクサンダー・スカルスガルド登場を差し引いてもなぁ・・・💦1話からアンダー・ザ・ドームの香りが強く漂う…
STARZPLAYにめちゃくちゃ面白いの目白押しなだけに。
おゆ

おゆの感想・評価

2.2
0

ジェームズ・マースデン
目当てで鑑賞✨

謎のウイルスが
蔓延した世界を描く
スティーヴン・キング原作ドラマ

最初は面白かったけど段々と
スティーヴン・キングらしい
独特の雰囲気で失速💦
悪魔的存在の闇の男の登場から
「あっ、これ私には合わないやつ」って
なりました( ꒪ㅂ꒪ )

ハロルド の一方的な愛が
終始気持ち悪くて
観てるのがしんどかった🤢

一番の見所は
エズラー・ミラー!
彼も中々の
カメレオン俳優だと思う(´˘`*)
KuNork

KuNorkの感想・評価

3.8
0

このレビューはネタバレを含みます

アレクサンダー・スカルスガルド扮するランドール・フラッグの小物ぶりが炸裂。

ダークタワー(2017)でフラッグを演じたマシュー・マコノヒーの方が、プライドの高さと大物に見せたい感が超マッチしていたなーと。

トラッシュカンマンのエズラ・ミラーが凄くて、さすがカメレオン俳優と言われるだけのことはある狂気っぷり。
あれはロードオブザリングのゴラムか!
フラッグに従う様に見せながら、実は神に配役されているのが素晴らしい。

ドラマ配信時間内では各配役への物語への掘り下げが浅くなるのは仕方ないかぁ…全体的には少し、なんで?どうなるの?どうなったの?え?って思う、尻切れシーンが多かったように思う。

ドラマとしては評価分かれるところみたいだけど、原作には忠実でストーリーラインそのままなのは良かった。

ホームの写真に「スティーブン・キング」が写っているのが、キングらしいというかなんというか。

キングドラマ、次の期待はスピルバーグ手がけるタリスマン。
大筋は繋がってないけど、またしても東から西に向かう。
ふらぴこ

ふらぴこの感想・評価

3.7
0
アマゾンプライムの有料チャンネルが2ヶ月間99円というので、まずは見たいドラマが何本かあるSTARZPLAYに加入。一本目。
原作は読んでない。というか、スティーブン・キングの本は読んだ事無いや。それが功を奏しているのか、映像化された作品は割とどれも面白く見ているんだけれど。

3回目位までは時系列が飛ぶし、登場人物の紹介もあっちこっち飛ぶし…でうーん?と思ったけれども、主要メンバーがコロラドのボールダーに集まったあたりから俄然面白くなった。

1話目はJKシモンズ、2話目はゲストにヘザー・グラハムが出てきて、その後大物ゲストがわからなかったんだけど、後半に出てきたエズラミラー!(文字通り)かなりの狂っいっぷりw いや驚いたw

アレクサンダー・スカルスガルドのランドル・フラッグも良かったな。スカルスガルド家はスティーブン・キングと相性いいんでないか?と思ったり。(原作読んだら変わるかな?)

全9話で、最終話はスティーブン・キングが自ら脚本を手掛けたっていうから、本の部分は8話で終了になるんだろうか?…本が京極夏彦並に分厚いのが何冊かあると聞いて、興味はわくものの手を出せずにいたり。や、アレクサンダー・スカルスガルドのマッパ(主にお尻)を見られるとは予想外で、いやいや、いいもの…と書くと語弊があるな。良いお尻をを拝ましてもらいましたw

あと、スティーブン・キングのカメオ出演(?)バッチリ見つけましたw
1994年のテレビ映画版は、当時レンタルビデオが擦り切れるほど再生した。
ゲイリー・シニーズが大好きになったので、その直後に『フォレスト・ガンプ』で登場した際はちょっと嬉しかった(ロン毛が似合わねーと思った)。

その後京極夏彦も真っ青の分厚さを誇る原作小説を読み始め、ものすごーく長い時間をかけて読了。テレビ版と筋は同じだが、人物描写のきめ細かさに驚き、当時大嫌いだったハロルドの気持ちがわかったような気がしたものだ。

「IT」と同様、当時の映像化作品としてはアレで十分…というか、アレ以上にやるのは無理があるだろうと思っていたのだけれど、幾度も話題に登っては消え登っては消えしていた新映像化版が遂にリリースされたとあっては黙って居られず、他に特段気になるコンデンツのないSTARZPLAYの無料期間を利用して鑑賞(ホント…どーゆーつもりなんだろうApple +)。

映画シリーズか、ドラマシリーズか…と制作が難航した感のある新作『ザ・スタンド』を漸く鑑賞。

元来「映像化不可能」と言われた本作だが、映像クオリティとしては申し分ない。それでもキング作品の中でも最も綿密に書かれた人物一人一人の描写をそのまま再現するのは不可能。だから1994年版のように、「そのまま」描くという正攻法は排除し、ウイルスパンデミックからマザーアビゲイルの下に辿り着くまでの旅と、辿り着いて以降の話をシャッフルする様に語る手法が取られており、スピーディでテンポが良い。
ただし、原作や1994年版を知る者以外にとっては、やや分かり難い可能性もあるので注意が必要だ。

物語の大筋は変わらないが、1994年版と比較しても人種に多様性が認められ、それが嫌味なくさらりと行われている事に好感が持てる。フラッグのデザインも1994年版より全然良い 笑。

またスタッフロールを観ていて「おっ」と思ったのは大事な終盤の7&8話を監督しているのが、ヴィンチェンゾ・ナタリ(!)だという点。みんな大好き『CUBE』や、私だけが大好きかもしれない『スプライス』のナタリだが、そうか…Netflix限定の『イン・ザ・トールグラス』はナタリ監督作品だった(…正直イマイチだった)。
その関係性か…。
イヤイヤ!しかしながらクライマックスとなる7&8話は、なかなかの見もの。
『スプライス』を想起させる異種交配描写から、「悪側についた人々の中にも確かに残った光」の描写。
『ジャスティス・リーグ』で光速ヒーロー「フラッシュ」を演じたエズラ・ミラーの怪演も光り、これらを上手くまとめあげた印象だ。

そして最注目は、原作者キング自身が脚本を担当した最終9話。
「キング脚本」というと若干しり込みしたくなるところだが、本作では別。素晴らしいものだった。
ネタバレ…ではないが種明かしをすると、原作および1994年版の物語は8話でほぼ終わっている。だからこの9話は、原作既読者にとっても未知の領域。
「善と悪の攻防」を描いてきた8話までとはひと味違う、「その先」にあるものを描いてくれた点でとても感慨深いものがあったし、最後に残るメッセージはシンプルで当然のようでいて最も難しく、これまでの人類が果たせなかった「課題」の様に感じる。
だがこの「課題」を果たせなければ、あの人がまた元気になっちゃうから…笑。

と、やはり意義ある映像化リブートだったのだと思わざるを得ない。

STARZPLAYに入会して!…とは言わないので、とりま無料期間中に一気見するのがオススメだ。
niwatorin

niwatorinの感想・評価

3.7
0
思ったより楽しめた。アレクサンダーの悪魔最高。moonと犬えらい!エズラはいつ出るのかワクワクして待ってたんだけど全部終わってから「まさかアレじゃ?」と気づいた。ショック(>ω<、)
はやし

はやしの感想・評価

3.0
0

このレビューはネタバレを含みます

お、終わった…?これ続く…?
とりあえず最終話はスティーブンキングが脚本ということで、ちょっと期待しちゃったけど、
一旦はフラッグとの闘いには現実的にも心理的にも勝った、ということでいいのだよね?うん。

Netflixの全話配信とか、
過去の名ドラマを一気見しかしてなかったから、現在進行系でちょっとずつ話数更新されるのに慣れなくて頭の中がとっ散らかった可能性あり。
でも色々ツッコミどころありまくりで
SFディストピアコメディてことでいいのかな…笑?

エズラミラーがナイスキャラ。演技上手。
アレクサンダースカルスガルドも!いい身体だ〜ラスト原住民の村でお尻丸見えのところ、ナイスバディすぎる。
中盤はハラハラしてそこがピークかな。
ラストどう結ぶか気になって惰性で見てしまった。
みおり

みおりの感想・評価

4.0
4
途中から面白くなってきた!

ここでエズラが出てきたかー!←かなりイっちゃってる🤣 楽し〜

キャストが豪華だし 続きが楽しみ♡


『The Stand』の舞台は、カリフォルニア州にある軍の細菌兵器研究所から実験中のウイルスが流出し、地球上の人間のほとんどが感染により死滅した世界。残された数少ない生存者は新たに社会を築かなければならない上、邪悪な超自然的な存在とも戦わなければならなくなる...。映画Naviより
>|

あなたにおすすめの記事