you1538

Until We Meet Again 〜運命の赤い糸〜のyou1538のネタバレレビュー・内容・結末

4.0

このレビューはネタバレを含みます

初タイドラマ。
超ヘビーだけど、とてもよくできた素敵なお話でした。

ファンタジー系(これはスピ系か?)は基本的には苦手だが、しっかり丁寧に練られていて、そして愛を持って描かれていたので、ちゃんと見れました。

パームくんがウブで可愛いとか、ディーン先輩がエロいとか、コーンやウィン先輩がかっこいいとか、ディーン先輩の包容力が宇宙とか、ウィン先輩とティームいつの間に⁉︎とか、シンくんの優しい眼差し最高とか、いろいろあるけど、そんなことよりも、しっかり物語に引き込まれました。

演技には期待してなかったんだけど、flukeくんが若いのにこんなにずっと泣いてる演技してしんどかっただろうなぁ、この苦しい役をしっかり全うして凄いなと単純に思うし、上手だった。

ティームとウィン先輩カップルも好きだなぁ。金髪ハーフアップ(しかもプリン)で背中に大きな羽のタトゥー、そしてピアス何個つけてんねん?な見た目ヤバいウィン先輩の永遠の片想いだと思いきや、急に「眠れないから泊めて」からのクリスマスキスでびっくりしたけど、ティームといる時のウィン先輩がいつも嬉しそうで、つられて笑顔になるし、ティームもウィン先輩を頼るようになって、本当に良かった。

とりあえずウィン役のbounくんが爆イケ。役はちょっと悪びれてる感じだけど、素のbounくんはめちゃくちゃ可愛くて、推せる。

最終回は、インの父役の人も泣く演技がうますぎて、その嗚咽につられて泣いてしまった。

前世の記憶さえなければ、まぁ同性という壁はあるが普通の大学生の恋だったのに、こんな悲劇的な運命を背負わされて、結果、本来ならばしなくていい苦しい思いをして、見てて辛かった。

前世と今世で家族をテレコにしたのは秀逸だったし、落とし所も素晴らしく、作り込みがうまいし、サントラも良い。いいところでアカペラでカーンと入ってくるのはズルい。タイ語全然わかんないのに、アカペラに心揺さぶられた。

それぞれの家族、友達、みんないい人で良かった。マナウのキャラにすごく救われたし、ティームやデルとの同級生シーンは青春って感じがしてキラキラしててよかった。

タイはLGBTQに関して凄く進んでる国という印象があるけど、未だ同性婚が認められてないのが不思議。

タイの文化を全然知らないので、靴脱ぐんだーとか、お箸使うんだーとか、大学に制服あるんだーとか、車通学が普通なんだー(しかも日産!)とか、タイにもLINEがあるんだーとか、日本のことをJAPANじゃなくてNIPPONって言ってるところに好感持ったり、発見が多くて楽しかった。

ウィンティームのスピンオフドラマが今年制作されるみたいなので、日本でも配信されたら是非見たい。