you1538

you1538

5 → 傑作
4 → 良作
3 → 可もなく不可もなく
2 → 駄作
1 → 時間返せ
昔に観た作品はとりあえず記録のみ。
改めて観た時にレビュー。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

甘酸っぺー!

若かりし山崎裕太がカッコいいんだけど、声変わり期で可愛い。
若かりし奥菜恵がとんでもなく美少女。瑞々しい。

小学生ってこんな感じだったなぁ。と、ノスタルジックな気分になる。

小学生
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.0

地上波にて。

作画と声はあまり好きじゃないけど、いいお話だった。中高生向け。個人的には田崎くんと先生が凄く好きなキャラクター。

坂上くんが即興うますぎるわ、人の気持ちは汲み取れるわ、優しいわ、どん
>>続きを読む

シャニダールの花(2012年製作の映画)

2.0

ナニコレ…
全っ然わかんなかった…笑

104分間ずっと、最初から最後まで、ちょっと何言ってるかわかんない。

綾野剛と黒木華で不思議な世界観を作ろうとしたら失敗しちゃったのかな?

2人の盛大なる無
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

自分が不倫しているまさにその時にバス事故で妻を亡くして、まったく泣けなかった夫が、「他者」との交流の中で少しずつ妻や自分や「他者」と向き合っていく姿に心打たれる。

子供慣れしてない感じがとってもうま
>>続きを読む

ファンシイダンス(1989年製作の映画)

3.0

私が好きそうだということで人に勧められて見ました。

はっきり言って好きだった。

シュールだけど終始クスクス笑えるし、修行あるある満載で、煩悩にまみれていて、人間味のある坊さんコメディ。

みんな若
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.0

吹替版。

ズートピアが素晴らしかったからか、私がバカになってしまったのか、ストーリーがイマイチだった。

こういう王道系の元祖であるディズニー…どうした…アナ雪からおかしいぞ…

いろんな意味で、も
>>続きを読む

ビッグ(1988年製作の映画)

3.0

トムハンクスうまいなぁ。

日本人がこういうのをやると、作り込みすぎて「演技してます!」になるけど、ものすごく自然に13歳だもん。

自分は大人になったんだな(子どもの心を失ってしまったんだな)と感じ
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.5

実際に起こったいくつかの事件を組み合わせて、実力派を集めて映画化しました。的な作品で、キャストがパーフェクト。

これ誰が主演なの?ってくらい、バランスよく全員が主役。

今まで広瀬すずをナメた目で見
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

ろくでもないヤツらばっかりなんだけど、それが本当にリアルで、みんな清々しいほどクズ役がうまい。

前半はずっと気だるくて、後半はひたすら安藤サクラの動きに釘付けになる。

素人目から見てもすさまじい役
>>続きを読む

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

3.0

メジャーリーグ初の黒人選手、ジャッキーロビンソン。

毎年4/15、メジャーリーグでは、全球団の全選手が、彼の背番号42を身に付けてプレーをする。(唯一の全球団共通の永久欠番)

黒人差別が根強い19
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.5

変態と宗教と愛の話。(一部実話)

4時間あったが3時間で収まりそう。でも本当は6時間あるらしい。狂ってる。笑

長い上に作品のクセが凄いので、評価は分かれる。可もなく不可もなく、じゃなくて、可か不可
>>続きを読む

L・DK(2014年製作の映画)

2.5

漫画すぎたし、主演2人が下手すぎたけど、ジョアの壮大なCMとしては良い出来でした。

しかし昨今の漫画原作のつまらなさは何とかならんのですかね…

(ティーン向けのものをおばさんが見るからいけないのは
>>続きを読む

好きっていいなよ。(2014年製作の映画)

2.0

脚本、演出、演技…いろいろ破綻してた。

公開当時、キュンキュンを売りにしてた記憶があるが、1回もキュンとしなかった。

東京大学物語(2006年製作の映画)

1.5

田中圭見たさに見たけど、理解不能。

これオチを理解出来た人いるのかな…

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.0

とてつもなくピュア。

ピュアだから、純粋に、人を好きになるって素敵だなぁと思った。

星野源が平匡さんそのものだった。

両方のお母さんが素敵。

カエル…苦手だ…

前半のほのぼの感が凄く心地よか
>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

1.5

深夜の地上波にて。

男子高校生のバカな感じは好きだけど、いくらなんでもこれ高校生じゃなくて中学生じゃない?こんな幼稚か?高校生って。

内容無くてもいいけど、それにしても内容無さすぎだし、テンポも悪
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

「不朽の名作」と呼ばれるものを全然見たことないから見てみようシリーズ。

なるほどこれを模した作品が多く生まれるわけだ。

オードリーが当時新人と思えないほどに堂々としていてスター性を放っている。
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.0

THE・くどかん。

バカでくだらなくてしょーもなくて好き。

神木くんはこういう、バカな空回り童貞キャラが本当にうまい。

char vs よっちゃん
ローリーとマーティ
やたら豪華。

人間道への
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

まさか実話だったとは。

作品としてとても繊細で、美しい。

その前提があって、最初から最後までエディレッドメインに釘付け。とにかく美しい。

アイナーもリリーも美しい。苦悩する姿も、時々悲しげにフッ
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

3.5

絶望が詰まってるけど、優しさも詰まってる。ずっと救われない展開が続くが、ラストのアツシの表情と、エンドロールで救われる。

主要人物が無名の俳優さんたちだから、凄くリアルで生々しく、ドキュメンタリーと
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.0

アレ。という言葉が多々出てくるのが印象的。

日本人の日常をそのまま切り取った感じで、何気ない会話が名言だらけだったりする。

日本に生まれて日本に育った大人なら、誰しも懐かしい気分になるし、誰かの言
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

5.0

久しぶりに満点。かなり好き。

わかりやすい王道のサクセスストーリー。

アギレラの圧倒感。

こりゃ惚れるわ。

ジャックがディランに似てる。

テスのメイクレッスンのシーンが物凄く好き。テスかっこ
>>続きを読む

シカゴ(2002年製作の映画)

2.5

自分は昔からミュージカル嫌いだと思ってたけど、最近やっぱり好きかもと思っていた。

が、これはミュージカルの悪い所が詰まってて合わなかった。

ただ、リチャードギアが楽しそうで何よりだった。

ストー
>>続きを読む

サヨナラの代わりに(2014年製作の映画)

4.0

女性版「最強のふたり」

まず、邦画と洋画の病気ものの何が違うって、洋画には、邦画のようなわざとらしくて最もらしい泣きのセリフや演出が無いので、斜に構えて見ることがなく、素直に見られるし、グッとくる。
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

4.0

なにこれおもしろい。ずっと見ていられる。

B級・シュール・バカな高校生が好きな人にはオススメ。

キャスティング最高かよ。2人の間とか表情とかがうまい。

ものすごく「普段こういう会話するよね」「自
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.5

トレーシーがとにかくスーパーキュートで、明るくて屈託がなくて好き。

母親役が、なんの裏もないストレートなママとしてジョントラボルタでビックリしたけど、全然違和感無いし、可愛い。

やっぱり60年代っ
>>続きを読む

の・ようなもの のようなもの(2015年製作の映画)

3.0

「の・ようなもの」未見。

松ケン演じる志ん田がとんでもなく好青年。その真面目さが滑稽に描かれている。

下町の人情味と温もり溢れる雰囲気を、ゆる〜く見られて、ホッとする。

「の・ようなもの」は見て
>>続きを読む

家族はつらいよ(2016年製作の映画)

2.5

東京家族に続いて、どこにでもある家族のゴタゴタのお話。個人的には東京家族の方が好き。

世の中の全ての「お父さん」に見て欲しい。これを見て何も感じないようなら、もし奥さんから離婚を切り出されたり、家族
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

うーん。
この作品とは価値観が合わない。

基本的にはものすごくいい映画で、最初から最後まで割とずっと泣きっぱなしだったのに、ラストのサイコパスで、一瞬にして涙が乾いた。

あのラストじゃなきゃ、この
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

2.5

初恋をいつまでも引きずってる暗い青年の物語。

悪くはないけど、あまりにもメンヘラポエムでしんどかった。

ただ、最近、ドラマの下町ロケットを見たばかりだったので、宇宙とか全然興味ないのに、ロケット打
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.0

これは男の人にしか理解出来ない友情と冒険の話だ。女の私にはあまり響かなかったが、男の人が名作だと思う気持ちは凄くわかる。

オレゴンが好きな私には、その風景は見ていて楽しかったし、純粋に友情っていいな
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

2.5

完全なるパッケージ詐欺。

恋愛恋愛してる映画かと思ったら、「記憶」がテーマのファンタジー映画だった。

好き嫌いが物凄く分かれる作品。
私はどちらかというと苦手。

途中混乱するし、すごく不思議な世
>>続きを読む

ストリート・オーケストラ(2015年製作の映画)

2.5

ブラジルのスラムの闇が深すぎて、日本で生温く生きてきた私には到底理解出来ない世界であった。

日々を生きるのに必死で、音楽をやっている時だけ救われているようなギリギリの子どもたち。

楽譜も読めない、
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

これを見て何を思えばいいのか、とても難しい。

事故は事故なので、確かに、川への着水が最善の方法であったのかどうか追求されて然るべき事案ではある。

全員助かったのは結果論であって、もしレスキューの到
>>続きを読む

ルドルフとイッパイアッテナ(2016年製作の映画)

2.5

捨てる神あれば拾う神あり。

最近、立て続けにディズニーとかユニバーサルのアニメを見たせいか、物足りないし、突っ込みどころ多いし、テンポが悪い。

ディズニーやユニバーサルの鑑賞対象が
大人5:こども
>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

3.5

まさかこの作品で泣くと思わなかった。「母親」が絡むとどうもダメだ。本筋とは関係のない「お母さんもボクも頑張ってるね」で涙腺崩壊。

多部ちゃんの実力とコメディエンヌぶり、カラフルな60年代ファッション
>>続きを読む

>|