chi

イタリア旅行のchiのレビュー・感想・評価

イタリア旅行(1953年製作の映画)
4.0
ヌーヴェルヴァーグに多大な影響を与えたロッセリーニ作品。「男」と「女」と「車」。クレーンの影が画面に映り込んだって構わない。映画を撮るということにおけるスタンス。
愛を見失った中年夫婦のそれぞれの時間を、同じ旅行というイベントを通して見る。どうしようもなく重ならない二人のやり取りのシーンが繰り返され、完全に崩壊したなと思わせられたまま、男と女を乗せた車は圧巻のラストシーンへとなだれ込んでいく。その、奇跡のような愛の復活シーンはこの世のすべての人に見てもらいたいと思う。ロッセリーニは愛をよく知ってる。