イチロヲ

鴛鴦歌合戦のイチロヲのレビュー・感想・評価

鴛鴦歌合戦(1939年製作の映画)
3.8
長屋の隣部屋に居住する浪人(片岡千恵蔵)のことを恋慕している貧困層の娘(市川春代)が、自意識過剰な裕福層の娘(深水藤子)との三角関係に陥る。戦前に製作された、国内産のミュージカル(オペレッタ)作品。

「金では買えないモノがある。それは美男美女同士の真心である」という王道パターンの物語。歌舞伎を下敷きにしている芝居と、独特の抑揚で発せられる台詞劇を堪能することができる。ミュージカルでは、和楽器の演奏を始めると、なぜかビッグバンド調の管楽器の演奏にすり変わるという演出がツボに入る。

美女と一緒になれない町人や家来はガラクタ扱いになっており、役者もマヌケ面ばかりを取り揃えているところに厳しい現実を叩きつけられる。主人公の父親(志村喬)が値打ちのない骨董品の収集癖をもっており、ガラクタ繋がりの伏線を期待させられるが、さすがにそこまでは機能していない。

市川春代の一挙手一投足に「萌」を見いだすのが正しい鑑賞方法。恋慕と嫉妬に身を焦がしていく娘のいじらしさが溢れ出ている。「チェッ!」の言い方に注目。