鴛鴦歌合戦の作品情報・感想・評価

「鴛鴦歌合戦」に投稿された感想・評価

堊

堊の感想・評価

3.5
早い。チャンバラまであり盛りだくさん。「この年にマキノ雅弘は31本の映画を撮り…」ほんとか????
なんだこれはw
’39年製作の和製ミュージカル!
片岡千恵蔵が、市川春代が、志村喬が、ディック・ミネが、歌い踊る(いや、踊りはそんなに無いけど)、めちゃくちゃ平和な人情ラブコメ!

ストーリーは、たわいもない恋のドタバタだし、音楽もいかにも昭和初期みたいな感じで、その辺は正直古いなあと思うけど、製作から78年後の今見ると、この陽気さゆるさが一周まわってすごい新鮮(笑)
監督脚本マキノ雅弘、撮影宮川一夫という、何げに豪華な布陣。34歳志村喬の老け役&コメディ演技が笑える。

モテモテ金持ち娘の服部富子(服部良一の妹)の後ろから、バカ旦那五人衆がぞろぞろ付いていく冒頭シーンから可笑しいんだけど、ディック・ミネが''ぼ〜くはわか〜い殿様〜♪''って歌いながら登場するシーンで、飲んでた酒吹いたw。ずっるいわ〜

ところで「むぎこがし」ってどんな味なんだろ。当時はポピュラーな食べ物だったのかな〜?
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.4
やっぱり、ちょんまげが突然歌い出すのは最初すごく違和感を感じたんだけれども、すぐにのめり込んで楽しく鑑賞しました。戦前の日本で、こんな洒落てハイカラなミュージカルが撮られていたとは。お話もすごくハッピーで、見終わった後ほっこり。僕は好きなのはお春さんだよ、みたいな甘いセリフを侍が言うなんて、ギャップ萌え激しすぎる。作風が一番近いのは、意外と、昔のディズニーアニメかもしれません。
堂ノ本

堂ノ本の感想・評価

5.0
市川春代がやたらめったら物を壊す。それが繋がる。

突然の雨も2人を同じ場に置くためのマクガフィンで、そういうものが金であったり、ケンカであったりと溢れている。

時代にそぐわぬ底抜けの明るさ、カラッとした晴れやかな気持ちになる。
白黒、時代劇、オペレッタ。登場人物全員愛嬌があるという軽さ、女の子たちみんな可愛くて楽しい気持ちになる。NHK教育テレビの歌番組や人形劇を見るくらいの気持ちで。
映画男

映画男の感想・評価

4.0
すこぶる御機嫌な映画やった。なんかもう夢見ているような心地良い気分に浸れた。それに昔の映画という事もあるけど、台詞の節々に風情を感じる。名作ですわ
のどかな時代劇っぽい和服ミュージカル。
ミュージカルといっても、時々、普通のセリフでの会話あり。

志村喬は若い頃からあの雰囲気だったが、超高額の壺を割られた時の人間らしさがなかなかグッドだった。
る

るの感想・評価

4.0
よ!日活!!
面白かったぞ!

純和製ミュージカルということでようやく鑑賞。
良くも悪くも衝撃受けるかと思いきや、案外すんなり入ってくる。
明快なストーリーで、正直短いのも見易くてよい

思ったよりも洋ミュージカルの構成守ってて笑う。リプめっちゃある。
お父さんの演技と殿様の唄がよかった。
観る価値ありということで甘めに☆4つ。
mmm

mmmの感想・評価

4.8
ラストのメドレーが流れるとこで膝から崩れ落ちた。和製ミュージカル映画の到達点。
20数年振りに再見。

落ちてるときには、こんな映画が良い。

改めて思ったのは、いい男は得てして顔がデカい。

東に、千恵蔵、阪妻、右太衛門。
西に、ハンフリーボガート、ジャンギャバン。
>|