EnoTaka

ユージュアル・サスペクツのEnoTakaのレビュー・感想・評価

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)
3.4
誰もが「大どんでん返し映画」と言えばこれって真っ先に思い浮かぶくらい有名な作品。ずっと気になってたけど観れてなくて、今回やっと観れた!率直な感想から言うと、期待してただけに残念な作品だった。自分には全く合わなかった。まず第一にこの映画で起こる事件に全く興味を持てなかった。ストーリー設定がイマイチ。だから必然と映画のラストの大どんでん返しとかどうでもよくなっちゃって、ただただずっと退屈だった。そもそもその事件の真相が気にならないっていう珍しいパターンに陥ってしまった笑。だから全く楽しめなかった。もっとその事件が興味深くて、「誰が犯人なんだ?」、「動機はなんだ?」、「なんでこんな事件を起こしたんだろう?」、「真相が知りたい!」ってなってたら全く違った感想になってたかもしれない。