トカゲロウ

イントゥ・ザ・ワイルドのトカゲロウのレビュー・感想・評価

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)
4.2
観る人を圧倒させる景色がこんなにあるのだから、アメリカさんは無理に爆発しなくてもいいんですよ?

この映画の評価の高さはわかっていましたが、ここまでとは!
これを観たら旅に出たくなること間違いなしですね。

一般的なヒューマンドラマは余韻を大切にするあまり気分が乗らなかったら退屈な仕様になってしまいますが、この作品はテンポが良く、様々な人達や景色に出会うので飽きさせません。
だけど、お爺ちゃんは出すな!駄目だ!
個人的にお爺ちゃんキャラに弱いんだ!

主役の方の役作りは凄いですね。筋肉ムキムキからガリガリまで。雄大な自然に負けないくらい主人公にも存在感がありました。

非常に丁寧に作られた作品ですが、所々の編集に引っ掛かりました。ラストシーンのぶつ切りは少し残念。余韻がさ、、、。
ストーリーに関しても、もう少し両親にフォーカスを当てた方が良かったかと。
監督誰だろ?と見たらショーン・ペン!? えー、凄いなぁ。

人生のベスト映画に挙げる方がいてもおかしくない作品ですが、低評価される方もいる映画だと思います。
普通に観たら、主人公が甘ったれや世間知らずに見えてしまうかもしれません。ただ、行く先々で彼は息子になったり友人になったり恋人になったりと、人びとに影響を与えていきます。精一杯その時を生き、ラストシーンでは「人を愛せた」のではないでしょうか?