イントゥ・ザ・ワイルドの作品情報・感想・評価

「イントゥ・ザ・ワイルド」に投稿された感想・評価

HAPPINESS ONLY REAL WHEN SHARED
実話が元となっていて、人とは、生きるとは、幸せとはとかそういう哲学的要素をひたすら考えさせられる映画。見てよかった。個人的にはかなり好き。実際に見たのはもう2年くらい前だけど。このレビューを書こうと思って振り返ったらもう一回見たくなった。
生き方。生きていく有様。
エネルギー

大地、!

出会った人々もうつくしい


自分で選んでのことだったからそれができたのは彼にとってはこの上ない しあわせだったとおもう。


ぼろぼろないた


追記
自分にとって、手にとるように自然を感じることってどれだけあるだろうとおもった。手を伸ばして風に触れるとか、大地を感じるとか。

そして生き物のぬくみと、自分があくまでその一種にすぎないこと。

彼のような生き方は出来ないにしろ、そういう感覚を鈍くしていたくないとおもった。

河に行きたいと思いました。
ムウ

ムウの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

面白かったです。

アラスカの話と、アラスカまでの話。
交互になっててどっちもまずまず好きな話でした。

賢い人なので本で誤食を確認した朝の時点で、助からないのは分かったでしょう。
そこから残された短い時間に悟るんですね。
医者に余命宣告された人とかもそう。
やっぱ死ぬ間際にいろいろと気付くんだなぁと思いました。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.9
幸福が現実となるのは、それを誰かと分かち合った時だ

出会った人からの救いの手を断り続けて、最後にたどり着いた境地か〜。
夕

夕の感想・評価

4.7
賢い人あるあるな自分の能力に対するおごりがあったんやろーなあ
アラスカ行くまでに出会った人全員が答えを教えてくれてるのに、主人公は最後になるまで気付けてなかったからラストはとても納得のいく演出だった
あと主人公役の人の役作りが凄まじい
主人公のヒッピーに対する見解も聞いてみたかった
りんだ

りんだの感想・評価

3.6
孤独な旅・冒険を通して、
素晴らしい出会いがあって、
いろんな経験をして、
最後に得たもの。
大自然の中で自分ひとりで、
自分の力を試す彼の生き方は尊敬する。
でも、、、
実話だからこそ響くものがある。
彼は彼の一生をかけて愛を見つけていったんだと思った。
愛とはなんなのか、まるでわからなくて対極で育ったからこそ最後に見つけた答え。
そして、自分自身を受け入れることも最大の愛であること。
そういえば彼は、なんでも断っていて受け入れるということをしていなかったような…

現実の社会を否定しつつも、お金は必要な道具であるし、その社会の中でつながっていく人の環があった。

家族との絆とはここまでも深く人間の心に残るものなんだな。

また何年後かに観たら、もっと深くいろんなことを感じるようになれるかな。思うことがたくさん合って、どの数字でスコアつければいいかわからない…
しみ

しみの感想・評価

4.0
クリスが孤独を選んだ末に最後に記した「幸福が現実となるのは、それを誰かと分ちあったときだ。」がなんともいえない感情になる
GAGA

GAGAの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

一人旅といったらこの映画!
的な特集で見かけて、今夏一人旅に出る着火剤として見ました。
ダメ絶対。一人旅は絶対にしないと決心することが出来ました笑
恵まれている環境で名門大学を卒業して退屈しのぎに旅に出たらアラスカの果てで、、、ねぇ?
家族に心配かけて何か得られる物はあったのでしょうか?
もはや哲学。草。
ちょい出のクリスティンスチュワートが見れたので良かったです。
>|