イントゥ・ザ・ワイルドの作品情報・感想・評価

「イントゥ・ザ・ワイルド」に投稿された感想・評価

poka

pokaの感想・評価

-
幸福が現実となるのは、それを誰かと分ちあったときだ。
Happiness only real when shared.
Mae

Maeの感想・評価

4.2
ただの旅物語ではない。主人公に感情移入してしまってとても切なくなったけど、私はすごく好きな映画だなと思った。
アラスカに行きたくなる。
先日、近所のバーで、知らない男性に、
「あなたをよくTSUTAYAで見かけます。映画好きなんですか?」と話しかけられました。なんだかんだで、友達になって、into the wildオススメされて、今見終わりました。
「新しい何かに出会うことは素晴らしいぞ」ってメッセージがある映画でした。良い話だった。

僕も彼に好きな映画を薦めました。
ズバリ「徳川セックス禁止令 色情大名」です。
この映画キャッチコピーがまた最高。「奥義の指南はフランス女。お城の中は酒池肉林!」
寝る前に三回唱えると、絶対変な夢見れるキャッチコピー(呪文)です。

お互いの推薦映画を見終わったら、
またバーで飲むことになっています。
感想を話し合うのが楽しみです。
ALOHA

ALOHAの感想・評価

3.7
若者の成長譚。
実話を基にしてたんですね。

自分本位すぎると言うか…。
大学まで出てるんだから、それなりの歳だと思うんだけどなぁ。
彼に全く共感出来ず…。

大人に反発し、社会に苛立ち、尾崎豊に共鳴した俺なのに。
社会に出て20年以上経ち、家族も持ち、すっかり分別あるオッさんになってしまったためかなぁ。

とはいえ、映像は綺麗だし、ストーリー展開も素晴らしく、ショーンペンの才能を感じさせる良い作品だと思います。

切なすぎる結末。
mikko

mikkoの感想・評価

4.0
最期に残した言葉の重みがすごい

ただのロードムービーだと思って観たのにとても考えさせられる作品だった

これ観ちゃうとベンアフレックの「LIFE」がとても薄っぺらく感じる(笑)
meg

megの感想・評価

4.1
ぼくを縛らないで
旅に出るのだから


荒ぶる大地の鼓動に耳をすませ
動物たちの息づかいを感じ
髪を揺らす風のにおいに心を震わせる

真の静寂と怒り
果てのない優しさと慈愛
この美しく厳しい最果ての地で
ぼくが見たかったもの

車を、クレジットカードを、
慣れ親しんだ名前を、
約束された未来を捨ててでも
ぼくが知りたかったこと


波間に浮かぶ夕日色の笑顔や
ギターの音色に絡む挑発的な視線
収穫の時期を迎えた黄金色の畑や
肩を並べて語った赤茶色の岩肌

今でも思い出すたび
そのにおいが鼻の奥をかすめるけど
それでもぼくは荒野を目指した


だけど、文明を無断で捨てたぼくが
自然に抗う事は許されず、
神に選ばれたものだけがこの地に立てるのだ、と
分かりきっていたような事を
春を目前に、思う


澄み切った青空
雲間にたくさんの顔が浮かんでは消えた
まぶしい光がぼくを包む

幸福が現実となるのは、
それを誰かと分かち合った時だ
だけど安心して
ぼくは今、
とても幸せなんだ




※何度目かの鑑賞
※暖かくなるとロードムービーが観たくなる
たてま

たてまの感想・評価

4.5
過去メモ。
資本主義に疲れ果ててた当時の自分には、深く刺さった思い入れのある作品。観終わって、原作(荒野へ)も買って読みました。小説ではなくルポなので、映画との差を感じることなく、すっと入ってきました。
完全にいい大人になった今観たらどんなかなー。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.9
もっと苦しくなったり、勝手だなとか思ったりするかと思ったけど、彼の軌跡を純粋にすごいなと思った。

彼の場合は、荒野へ向かうことだったんだ。どこでどう生きるか、それはみんな同じだ。

簡単に親不孝だとも言えない。そして復讐でもない。他の誰でもない自分しかいない、人間は孤独な存在なんだと再認識。

ロンとの出会いは、胸にくるものがありました。ロンの思いに対する彼の返事も、それまでの彼と何か違うような気がした。

孤独であることを前提に、自分でない誰かと分かち合えますように。

生きる勇気をもらいました。
Akane

Akaneの感想・評価

3.8
見る価値あった。
これ見終わった後に実話だと知って何とも言えない気持ちに…
なんせこれを見て自分も何かそのようなことをしてしまいそうだと思ったから。
信じられない!とは言えないし、
本当にやったんだ…という感じかな。
幸せと自由を求めて、1人になったのかなって思う。
Nia

Niaの感想・評価

-
アラスカに何を求めに行ったのか。
それはさいごまではっきりと分からなかったけど、
人と関わったり、一人で生き抜くことの厳しさ、孤独、苦労の果ての絶景、それを見て一緒に感じ得れた気がした
>|