masarai

遊星からの物体X ファーストコンタクトのmasaraiのレビュー・感想・評価

3.8
出張中にClip!倉庫片付け第5弾!

やっぱり子供とは一緒に観れない映画をチョイスしていきます。

ということで、今回はわりとガッツリ系のホラー映画を。

でも、これの前作『遊星からの物体X』は、僕がまだ子供だったころ、生まれて初めて観たホラー映画なんだけどね(^-^;)

で、色々酷評も多い今作『遊星からの物体X:ファーストコンタクト』なんだけど、僕個人的にはめちゃめちゃ楽しめた!

前作『遊星からの物体X』と完全にリンクしているので、前作を先に観てから観賞するのがお勧め!

物語内の時系列的には今作『ファーストコンタクト』→前作『遊星からの物体X』なんだけど、公開の順番通り前作→(時間をあけずに)今作の順番で観た方が良いです!

前作の冒頭で出てきた「コレはどういう状況だったんだろ?」という色々な伏線(謎?)が全て「あーこういうことだったのね!」という感じで回収(解明?)されるので、それだけでも気持ちがよく面白かった!!!

僕は今作『ファーストコンタクト』を観終わった後、前作を忘れていたところもあったので続けて前作『遊星からの物体X』を再観賞したんだけど、まぁきれーに繋がってる事!w この繋げ方は美しいとすら思えるwww これは称賛に値します!!

でも、(当たり前といえばそれまでなんだけど)クリーチャーのグロテスク感は当然CGを多用している今作『ファーストコンタクト』の方が、圧倒的に上なので、今作を見てから前作『遊星からの物体X』を観るとクリーチャーがなんだかしょぼい感じ。なので、上でオススメした通り公開の順番で観賞しましょう。

あと、きっちりがっつりホラーしてるので、観賞にはグロ耐性は必要です。
まぁ前作が観れてる人なら大丈夫かなぁ。(まぁ今見るとショボショボなんだけど ^-^;;)
他のグロ目安としては最近の映画だと『エイリアン・コヴェナント』とかと同レベルくらいかな?



最後に、前作『遊星からの物体X』→今作『遊星からの物体X:ファーストコンタクト』→もう一回前作『遊星からの物体X』を観た一番の感想。
1) 南極基地に存在する火炎放射器は、高確率(大体30%~50%くらい)でガスの調整がおかしくなっていて、肝心なときに使い物にならない(笑)
2) このクリーチャーが突然目の前に現れた場合、たいていの人は、その造形に見入ってしまいウットリして攻撃するのを忘れる(笑)
↑以上のことは、このシリーズの映画世界での標準仕様ですので、そこは突っ込まずに観てください!(笑)