きゃん

エターナル・サンシャインのきゃんのレビュー・感想・評価

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)
3.3
男と女の別れ話から物語は始まる。主人公のジュエルは彼女だったクレメンタインが自分との記憶を全て消したという事実を知り、自分も同じ手術をして彼女を忘れようとするのだが・・・思い出を“消去”した元恋人同士の切なくもおかしい運命を描いている。

映像、編集が独特。時間の描写が複雑で途中どうなっているのか分からなくなってしまった。後からだんだんと事実が判明していく構成で、理解できたときの感動が大きい。彼女のころころ変わる髪の色が時系列を整理するために重要になっている。

誰もが経験する恋の痛みを切なくユーモアたっぷりに描いている作品。嫌な記憶というのは「忘れたい」と強く思うからこそ、忘れられないもの。別れた恋人との嫌な思い出だけ消してくれれば良いが、幸せだった良い思い出まで全て消し去ってしまう。自分で嫌なことや不都合なことはケロッと忘れてしまえるのが一番良いのだけれど。

「忘却はよりよき前進を生む」

観終わった後は運命を信じたくなる。運命の人っていますよね(期待)