Kota

生きてこそのKotaのレビュー・感想・評価

生きてこそ(1993年製作の映画)
3.5
“たとえ死ぬとしても、歩き続けて死にたい。”

1972年ウルグアイの学生ラグビーチームとコーチ、その保護者計45名を乗せた飛行機がアンデス山脈に墜落し、72日間の漂流の後、29名が無くなったが16名が生き延びた実話を元にした映画。かなり事実に忠実に作られている。(アメリカ人のイーサンホークが主役なのは多少の違和感だったけど。)

飛行機の残骸をシェルターにして寒さをしのぎ、食料が底を尽きた時は、亡くなった人の肉を食べて生き延びたという。つい最近まで生きていた親友や家族であるという事を忘れてはいけない。原題「alive」を“生きる”ではなく、“生きてこそ”と訳してくれた事に尊敬と感謝。