生きてこその作品情報・感想・評価

「生きてこそ」に投稿された感想・評価

miyumaru

miyumaruの感想・評価

4.2
かなり前に見た。イーサン・ホークが出てたの後で気づきました。

実話なのが凄いです。生存者の記者会見を何かの番組で見たような気がします。
顔出してたし かなり勇気がいる事だったろうなぁ。

ほんとに生きてこそ それ以外タイトル当てはまらないわ。
ホラーでもないし。人間って生きる為には仕方ない手段もあると考えさせられた。
生存者に非難は出来ない。
evane

evaneの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

衝撃の実話!
もうなにもかも壮絶過ぎる!
彼らはそれでも生きたい
生きたい!生きたい!
生きる意味とは何か
それを考えさせられる
尚輝

尚輝の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

この映画の中で特に生々しかったのは、飛行機の中で騒いでた乗客が異常事態を知ってから事故に至るまでが急すぎる所だ。
他の映画でも飛行機が事故るシーンはよく見るが、事故るまでに乗客が悲鳴をあげたり焦ってる描写がある程度映されているのに対してこの映画はその場面が凄く短いように感じた。そこにリアリティーがあり怖かった。逆に人肉食うシーンは赤身っぽいところもなく、死体っぽく感じなかったため、観ていても抵抗はなかった。
KMD

KMDの感想・評価

3.3
本当そのまま、生きてこそだね。かなり実話に寄せてる点は興味深いし、展開が早くて引き込まれる。墜落後のそれぞれの行動でキャラを紹介して行く感じはナイス。
Bambi

Bambiの感想・評価

4.0
昔、昔、映画館にて鑑賞。あり得ないくらい過酷な雪山超えは、スキーに行く度に絶対に思い出すシーン。スキーコースにたった1人とかでも、ちょっと恐怖を感じるからなぁ。しかも、この映画を見たすぐ後で、雪のニュージーランドにて、国内線飛行機が揺れて揺れて、急降下を何度も繰り返して、周囲の人々も「アライブじゃないだろうね。」「あの映画みたいになったらどーしよー」とか言ってて、顔面蒼白になり着陸してからも気持ち悪かった。雪山の美しさと現実の厳しさのコントラスト。勇気と根気。

なぜか今日この映画を思い出した。
masato

masatoの感想・評価

3.8
学生ラグビーチームの選手と保護者の一行を乗せた旅客機がアンデス山脈で墜落。
生きぬく為に雪山の中を何日も過ごし数名が生還するまでの実話を基にした作品。

タイトル通り、生きてこそ意味があるのだということです。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
これは凄い映画。「真実に基づいたストーリー」とかいうエクスキューズは個人的には嫌いなんですが、この映画に関しては、実際に起きた話だという事実がとにかく重い。アンデスの山中に飛行機が墜落して、16人が70日間生き延びたなんて話、信じ難いです。しかも人肉食ですよ。カニバリズム。うーん、とにかく凄い話だ。

カネッサ役のメッシ似の俳優ジョシュ・ハミルトン。ほかでは全く見ない俳優さんですが、なかなかいい男でした。

このレビューはネタバレを含みます

人肉を食べるか否かの選択の場面は、リアルだった。そりゃ家族や親友の肉を食べるのは辛い。
世間は好奇の目で見たようだけど、「生きてこそ」だよ。誰だって好きで食べた訳じゃない。
ギネス

ギネスの感想・評価

4.8
少し古い映画だから、比較的若い人は観たことがないかも。実話を元にした映画はこの世にたくさんあるけど、これは三本の指に入る傑作。背景にある宗教観や、登場人物の人生観などがしっかりと描かれており素晴らしい。個人的にはアントニオが結構好き。若かりし頃のイーサン・ホークをとくとご覧あれ。死んでたまるか!生きてこそ!
ponko

ponkoの感想・評価

4.5
実話。
生きてることこそが、奇跡。
自分だったら、死んでると思う。
人間の生命力って凄いなぁ。
イーサン・ホーク若かったし、演技も良かった。
>|