Kotaさんの映画レビュー・感想・評価

Kota

Kota

コンクリート・ユートピア(2021年製作の映画)

3.5

“このアパートは居住者だけのもの。”

この、大災害なに(笑)地震でも津波でもない地盤沈下的なやつもっと見たかったけど一瞬。まぁテーマはその背景での人間関係だったので、ディザスターというよりはシニカル
>>続きを読む

パスト ライブス/再会(2023年製作の映画)

3.6

“沢山の「もしも」がよぎるんだ。”

第90回アカデミー作品賞ノミネート4/10本目。 A24発のモダンラブドラマ。韓国人の幼馴染の二人は、片方の家族がアメリカに移住した事により離ればなれになっていた
>>続きを読む

マエストロ:その音楽と愛と(2023年製作の映画)

3.8

“芸術作品が生むのは答えではなく、問い。”

第90回アカデミー作品賞ノミネート3/10本目。レナード・バーンスタインの伝記っぽくてあまり興味なかったけれど、アカデミー賞きっかけで観てみたらたら、もっ
>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

2.5

第90回アカデミー作品賞ノミネート2/10本目。なにこの全編MVみたいな映画。どうしたハリウッド、どうしたグレタ・ガーヴィグ、どうしたアカデミー賞…。

好みの問題なので悪しからず。

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.9

“生は素晴らしい、死は興味深い。”

第90回アカデミー作品賞ノミネート1/10本目。胎児の脳を移植された成人女性ベラ・バクスター(エマ・ストーン)が、人間や女性というものを学んでいく様を描いたR18
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

“もう、頭ではわかっているだろ?”

新作“哀れなるものたち”の鑑賞前に唯一観ていなかった今作を満を辞して。心臓外科医スティーヴン(コリン・ファレル)の裕福な家庭が破滅に向かう様を監督独特のカメラワー
>>続きを読む

僕らの世界が交わるまで(2022年製作の映画)

4.1

“僕の歌は、いつか世界を救う。”

A24配給、ジェシー・アイゼンバーグ監督脚本、エマ・ストーン夫妻プロデューサー、ジュリアン・ムーアとフィン・ウルフハードの不器用な親子ものという自分の好きな物が詰め
>>続きを読む

見えざる手のある風景(2023年製作の映画)

3.7

“私達、大丈夫かなって。”

近未来、知的生命体の上陸により人間のテクノロジーは壊滅的に。友好的に地球に住み着いた異星人達は空に浮かぶ都市を作り、地上に生きる人間の“愛”や“情緒”という自分達に無いも
>>続きを読む

もっと遠くへ行こう。(2023年製作の映画)

3.4

“その時は、違う人のようだった。”

2065年、干ばつにより荒廃した地球の田舎町の農場で暮らすジュニア(ポール・メスカル)とヘン(シアーシャ・ローナン)。そこに現れた政府の男の提案は、旦那を一年間宇
>>続きを読む

観察者(2021年製作の映画)

3.8

“見せているのだから、見てあげなきゃ。”

同棲を始めたカップルの向かいの部屋では、美男美女の夫婦が毎晩性行為を営んでいた。自分達には無い関係に、最初は興味本位で覗き見ていた二人だが、徐々に夫の浮気や
>>続きを読む

ファースト・カウ(2019年製作の映画)

3.3

“鳥なら巣、蜘蛛なら毒、人なら友情”

大御所ケリー・ライカート監督作品ついに日本公開。開拓時代のアメリカで盗んだ牛乳で作ったドーナツで儲ける二人にフォーカスを当てた、冒頭から結末がわかってしまうのに
>>続きを読む

べネシアフレニア(2021年製作の映画)

3.2

“嵐は一粒の雨から始まる。”

[グロレベル3/5]ヴェネチアに観光にきた男女5人組が、次々と仮装をした現地人に襲われていくスリラー。全体の設定はまんま“ホステル”だけど、ゴア描写がマイルドなのと、オ
>>続きを読む

ボトムス ~最底で最強?な私たち~(2023年製作の映画)

3.3

“既に底辺だから、これ以上下がらない。”

おバカで下品なアメリカ学園コメディ。アドリブ満載で自由にやってる感じがよい!ニコラス・ガリツェンのしょーもないキャラが堪らんのと、レイチェル・セノットが個性
>>続きを読む

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

4.0

[恐さレベル3/5]2024年映画初め。サンダンス映画祭での上映を皮切りに、A24はじめとする世界中の大手配給会社に買い手がついたオーストラリアの双子YouTuber が手掛けたあまりに面白いホラー。>>続きを読む

Saltburn(2023年製作の映画)

4.3

“彼を愛していたか?そうとも言える。”

“プロミシング・ヤング・ウーマン”で一躍注目されたエメラルド・フェネル監督二作品目。2000年代、オックスフォード大学生の内気なオリヴァーが、才色兼備で御曹司
>>続きを読む

VORTEX ヴォルテックス(2021年製作の映画)

3.0

“心臓よりも脳が先に壊れていく全ての人へ。”

ギャスパー・ノア最新作にして一番地味で一番リアルな作品だった。淡々と過ぎていく2時間半にで人が老いて死んでいくのに、映画みたいなドラマチックな展開なんて
>>続きを読む

スライス(2018年製作の映画)

2.2

A24配給の映画でもこんな酷い映画があるのね、と勉強になる一作(笑)ピザ屋のデザインと、ちょい役ジョー・キーリーはめちゃ可愛い。

ロー・タイド(2019年製作の映画)

3.1

A24が北米配給を行った青春×トレジャーハントスリラー。ニュージャージーの田舎町を舞台に、四人組の少年達が盗みに入った家から大量の金貨を見つけたことがキッカケで、お互いの事を次第に信用できなくなってい>>続きを読む

エターナル・ドーター(2022年製作の映画)

2.8

A24×ティルダ・スウィントンの一人二役芝居劇。謎めいた雰囲気とティルダ様の演技はさすがだけど、全体として退屈で寝てしまう…。睡眠導入ASMR映画です。

ザ・キラー(2023年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

“計画通りにやれ、即興はするな。”

完璧な殺し屋のミスから始まる壮大(にみえて割と個人的な)復讐物語。デヴィッド・フィンチャーの割には、フィルムノワールの皮を被ったウィットなコメディだった(笑)王道
>>続きを読む

ペイン・ハスラーズ(2023年製作の映画)

3.5

“夢ではなかった夢を思い出す。”

その日暮らしのシングルマザーは、落ち目の製薬スタートアップ企業でガン患者への痛み止めを医者に売り込む仕事を始める。持ち前の美貌とトーク力であっという間に事業は成功す
>>続きを読む

終わらない週末(2023年製作の映画)

3.9

“この状況を理解していないのか。”

家族4人、郊外の貸し家で休暇を過ごしていると次々と不可解な事が起こる。石油輸送船のビーチへの座礁、鹿の大群の出現、ネットワークが落ち、テレビは緊急事態放送のみが流
>>続きを読む

DASHCAM ダッシュカム(2021年製作の映画)

3.2

[恐さレベル2/5]ラッパー配信者の車窓カメラとスマホのカメラのみで撮られたシチュエーションホラー。ある1人の女性を車に乗せた事で巻き起こる恐怖体験。テーマ良いけどこの手にありがちなブレブレで何が起こ>>続きを読む

ソフト/クワイエット(2022年製作の映画)

3.8

“柔らかく、静かに、操るの。”

白人至上主義の女性教師が仲間との会合を開き、その後スーパーで有色人種との争いになり、後に引けなくなる様をワンカットで描いたブラムハウスプロデュースの怪作。後半の展開は
>>続きを読む

ポッド・ジェネレーション(2023年製作の映画)

3.4

“あなたにとって“自然”とは何?”

2023サンダンス映画祭出品作品。22世紀の何もかも自動化された近未来を舞台に、ついに“妊娠”すらも人工ポットの中で行うようになった事に対する葛藤を描く。GOTで
>>続きを読む

リアリティ(2023年製作の映画)

3.9

2023 ベルリン国際映画祭出品作品。2017年トランプの選挙前にロシアから民主党派へのサイバー攻撃を受けていた事の機密文書をプレスに流した当時25歳のリアリティー・ウィナーの伝記。セリフは全て彼女が>>続きを読む

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.5

“水曜日はピンク色を着るのよ。”

女子学生特有の“陰口”をテーマに20’sのファッションや音楽満載でポップに描き切る学園コメディ。ご都合主義な展開や、今だと問題になりそうなジョークの数々に時代を感じ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:コンセクエンス(2023年製作の映画)

3.8

最早ストーリーのための戦闘じゃなくて、戦闘するためのストーリーになってるのが清々しくて好き。ビル・スカルガルドの敵役たまらんのと、キアヌのカタコト日本語で「メイワクカケテ、スマナイ。」がまじで可愛い(>>続きを読む

ドミノ(2023年製作の映画)

3.2

“見えてるものは現実じゃない。”

ロバート・ロドリゲス×ベン・アフレックなのにイマイチ盛り上がってない今作。催眠による洗脳という何でもありな内容で、随所にクリストファー・ノーラン味を感じる(そして世
>>続きを読む

ホーンテッドマンション(2023年製作の映画)

3.0

ちょっと遅れたハッピーハロウィン。メインテーマの曲昔からすごい好きだから、色んなアレンジで流れるのが嬉しかった。もっと歌って踊るゴースト達(と、叫び逃げ惑う人間)が観たかったのに、後半謎のバトルものに>>続きを読む

ザ・クリエイター/創造者(2023年製作の映画)

3.3

“私たちは争いを望んでいない。”

近未来、AIが進んだ世界にて、AIの暴走により核爆発の事故が起こった以来AIを危険分子として抹消しようとする西側諸国と、AIと共存しようとするニューアジアとの戦争を
>>続きを読む

マディのおしごと 恋の手ほどき始めます(2023年製作の映画)

3.6

“君がいなかったら童貞のままだった。-まだ童貞でしょ。”

その日暮らしのマディ(ジェニファー・ローレンス)が見つけた仕事は金持ちの19歳の内気な息子とデートをして童貞を卒業させたら高級車がもらえると
>>続きを読む

ハロウィン・キラー!(2023年製作の映画)

3.2

“タイムトラベルなんてナンセンス”

[恐さレベル1/5]ブラムハウス制作のコンセプトホラー映画再び。35年前の殺人鬼が再び現れて母親を殺されたジェイミーは、タイムマシンを使い35年前の最初の殺人の前
>>続きを読む

誰も助けてくれない(2023年製作の映画)

3.8

“—— — — ——-”

ある事件により小さな街で孤立しているブリン(ケイトリン・デヴァー)。そんなある夜、ブリンの家に謎の生命体が侵入し、彼女は誰にも助けが求められない中、“そいつら”との戦いを余
>>続きを読む

カレとカノジョの確率/一目で恋に落ちる確率(2023年製作の映画)

3.5

“運命が運命となるのは、そうしたいと決めた時だけ。”

久々に王道すぎるラブコメ観てしまったけど、普通にキュンキュンしたわ…。そんな確率あるか?って連続だけど、大なり小なり恋に落ちるって凄い偶然と確率
>>続きを読む

Fair Play/フェアプレー(2023年製作の映画)

3.9

“何故、認める事ができないの。”

ウォール街で株のブローカーとして働くカップル。毎朝4時半に起き出勤する2人は、社内には仕事に支障が出ないように関係を隠していた。2年の交際のあと遂に婚約をするが、そ
>>続きを読む

>|