せびたん

ローズマリーのせびたんのレビュー・感想・評価

ローズマリー(1981年製作の映画)
3.0
お店でみかけてジャケットにひとめぼれです(お米じゃないほうの)。購入しました。

そのままずっと忘れてて1年くらい経ちました。3日前に見始めたのですが寝落ちの連続…。さきほどやっと観終わりました。

私は引っ張る演出と相性が悪くて、目が退屈していつのまにか寝ちゃうのです。
引っ張る演出というのはこんなやつです↓

緊張感を高めにくるけど無音階風の単調な音楽がずっと鳴ってて、たいていセリフはなくて、ずっと何も起こらないままいつかどこかの恣意的なタイミングでどかんとビビらせにくるけど話の本筋とはあまり関係がない例のやつです。あれは早送りしないと確実に寝ます(調査対象=1人)。一部作品(ジェームズ・ワン監督作とか)は例外ですが。

殺戮シーンはおもしろかったです。
アイデア豊富って感じでしたがアイデアが投入されるのは殺戮方法ではなくて、殺戮される側のリアクションでした。