すず

わすれた恋のはじめかたのすずのレビュー・感想・評価

わすれた恋のはじめかた(2009年製作の映画)
3.8
ラブコメかと思いきや…!

最愛の妻を亡くしたバークは、同じような境遇の人達を救おうと本を執筆する。
その本がベストセラーとなり、講演を開くほどの人気作家になった。
忙しい毎日を送るバークだが、彼には本にも書いてない秘密があった。
そんなある日、美しい女性に出会い…

思ってた内容じゃなくて驚いた!
新しく恋を始めて少しずつ傷が癒えていく!みたいな軽い内容じゃなくて、立ち直れない程の傷を心に負った1人の男が自分や周りの人と向き合うまでの物語!
傷付いた人々に向けた講演を開くバークは、誰かを救う事によって自分の傷を癒していたのかな。
会場に入る前に見せる切ない顔がなんとも…(´•ω•`)
義父とのすれ違い、誰にも言えずに背負いこんでいた事。
講演で義父の本当の気持ちを知ったバーク。
ずっと1人で苦しんでたと思ってたけど、1人じゃなかったんだ。
涙を堪えようとするバークを見てると、色んな感情が込み上げてきて泣けてしまう(´;ω;`)
彼の居場所がなくなっていなかった事、本当に良かった。
義父がとてもいい人で良かった。
バークに対しても、娘が遺したオウムに対しても、ちゃんと愛情を持った優しい人だった。

エロイースとの恋はおまけって感じかな\(◡̈)/
ラブコメのテンションで観ちゃったから、頭を切り替えてもう一度観たいな!