アロー

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったかのアローのレビュー・感想・評価

4.0
精神に異常をきたしたアメリカ空軍将軍。彼は突如、ソ連への爆弾投下を命令し、基地に立てこもってしまう。この命令を取り消すためには、将軍だけが知っている暗証番号が必要だった。アメリカの首脳たちはソ連と協力し、なんとかして爆撃を止めようとするが…。




以下ネタバレ











爆弾といっしょに嬉しそうに落ちていく男。
爆発の中で流れる、明るい歌。
もう、ひたすらに怖かった。
キューブリック独特の不気味さって、やみつきになりそうな怖さがある。


全部が全部、ダメな方向へ進んでいく。
人間の作ったシステムって、きっと完全ではない。
だからこそ、現実でこんなことが起きる可能性はあるんじゃないかと思うと 怖くなった。

人類が滅亡するときってどんな感じだろう。
「食料不足」とか「太陽が膨張して地球が飲み込まれる」とかよりも、「自らの戦争で終わる」っていうほうが、リアリティがある気がする…。