博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったかの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • イギリス映画
  • 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったかの映画情報・感想・評価

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか1964年製作の映画)

DR. STRANGELOVE: OR HOW I LEARNED TO STOP WORRYING AND LOVE THE BOMB

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」に投稿された感想・評価

「こんなことは絶対に起こらないですよ 米空軍より」っていう冒頭テロップを見て「なにいってんの、映画なんだから当たり前じゃん。ハハッ」って思いながら観てたけど、映画終わったあと「いやこれ……あるかもしれないじゃん……え、こわ………やば………」と顔面が蒼白になりました。
ラストシーンで流れてる音楽のタイトルが「また会いましょう」だなんて……
sriwhrk

sriwhrkの感想・評価

3.2
記録🐰
これはフィクションですって最初に書いてるのが風刺な感じで良かった。全部の仕組みが極端すぎるわろた。リッパーしか暗号知らんの致命的すぎるやろ可決するな。セリフばっかりで理解するの集中力いるけどまあ普通に面白い。ストレンジラブ博士怖い。目がガン開きしてる。
キューブリック作、冷戦下での核戦争勃発・人類滅亡の危機をユーモラスに描いた映画。皮肉の利いた軽いタッチだが、その裏で、展開につれて高まる緊張感のピリピリする感じもあり、不思議な感覚になる。人物の造形も見事で、ひとりひとりに違った愛嬌を感じさせる。この作品も他のキューブリック作品の例に漏れず、キレが高くかつ独創的で最高だった。3役を演じ分けたピーター・セラーズの好演も見どころ。
45分すぎ頃から、楽しめた!これ前半難しくないか・・?笑
1時間すぎ頃からしばらく続く空軍シーンの音楽がとても良い。一番最後の曲はウディアレンかと思った。笑
全体的に映像とコミカル狂気が気持ち良い。
ブラックユーモアな映画?
タイトルなげえな。
最初の注意書きが好き。これはフィクションです。って敢えて言うやつ。
映画ですよーっていうメタ的表現というか。センスありますよね。
ストレンジラブ博士キャラ濃いね。
俗世を捨てて、いっそのこと欲望だけ満たせる理想郷作りたいね。水爆はその手段に過ぎない。って捉え方をしたよ。ぼくは。
su

suの感想・評価

2.5
どう観ればいいのかよく分からなかったけど、人間にこんな権限を持たせてはいけないな〜と。
えの

えのの感想・評価

4.0
ブラックユーモアが効いててかなり面白かった。頭いい人たちが色々拗らせると馬鹿になるのか…。
ムー

ムーの感想・評価

4.5
最高にアイロニーなブラックコメディ
風刺を極めたような作品で、笑っていいのやらどうなんやら
国家の危機やってのに新喜劇を繰り広げるお偉がた
メンヘラ気味のソ連首相と電話でイチャコラしだす米大統領
そしてどうしても右手が敬礼してしまう博士と、もう笑いどこの嵐
やのにそこにあるメッセージは非常に強烈やし、合間に挟まれる超リアルな戦闘シーンがいいスパイスになってる

明確な主人公が存在しない今作
タイトルにもなってるストレンジラブ博士は、半分過ぎてようやくご登場
全体通しても登場時間は10分いかんぐらいやのに、そのインパクトたるや笑
彼の登場シーン以外も、機長や将軍など強烈キャラが目白押し!

これを冷戦真っ只中に作っちゃうってすごすぎる…
映像だけ追ってくと一見意味不明やのに、しっかり内容や伝えたいことが伝わってくるってのももはや天才のそれ
ピーター・セラーズの一人三役も圧巻
一個の映画のなかで演じてる役が全員違うタイプのキワモノって笑
登場人物大体変な人だった笑
これは多くの人が見といたほうがいいよなあ…
瑞季

瑞季の感想・評価

-
ピーターセラーズが一人で3役演じてるのに全く気が付かなかった。
風刺が効いてて面白いんだけど途中であれ、これ笑っていいのか??ってなった。
長い題名だけどちゃんとメッセージがあってなるほど、狂気じみてるけど印象的
>|