博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったかの作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • イギリス映画
  • 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったかの映画情報・感想・評価・動画配信

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか1964年製作の映画)

Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb

上映日:1964年10月06日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

-
冷戦真っ最中っていうのがさすがスタンリーキューブリックすぎる。笑
コーラの自販機の小銭かき集めながら噴射飲むところ好きです
Taku

Takuの感想・評価

3.6
風刺がすごい

久々にこういうの手出したから

映画の質感についていけなかった

もう一回見る絶対

素晴らしい。映画の中での時間経過は1時間か2時間の話だが、それをバランスよく物語に落とし込んで、ブラックな一方、緊迫した雰囲気を演出させている。特に首脳部の会議室の演出は、円卓だからこそ面白くなるよ…

>>続きを読む
本来笑ってはいけない話題ですが、風刺してユーモアにしたキューブリック監督はさすがだなと思いました。
カホ

カホの感想・評価

-
おもしろい。キューブリック3作品目、いちばん好き。人間の罪深き性。

冷戦に始まり1962年にはキューバ危機が起こり、アメリカとロシアに核戦争の緊張感が走っていたと思う。その余韻の最中にこんな映画が放映されてしまうのは、当時の人達からしたらゾッとしてしまうのか、もしく…

>>続きを読む
テンマ

テンマの感想・評価

4.0

世界最高のコメディ映画と評される映画。
とにかく馬鹿げている、ニタニタとにやけちゃうような面白さがあります。
最後のDr.strangeLoveが興奮しながら自分の計画を話すシーンがとにかく印象的で…

>>続きを読む
教養がないからかブラックユーモアをよくわかっていないからか、全くわからなかった…
ブラックユーモアすぎて全然笑えんかったし、1964年ってことは普通に冷戦やってるのにこんな映画放映するとかキューブリックまじで頭おかしいんちゃう。
レオナ

レオナの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

全員が一生懸命なだけなのにどんどん悪い方向に向かっていくのが戦争の本質って感じがした。会議では人類存亡の危機がかかってるのに当の戦闘員は呑気なのがなんかリアルだった。

ブラックユーモアって世界に対…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事