chako

マジック・マイクのchakoのレビュー・感想・評価

マジック・マイク(2012年製作の映画)
3.6
男性ストリッパーの物語ということで、冒頭からマシューボスによるお触り可能箇所の説明から始まり、パーフェクトな筋肉美が炸裂!

「ステップ・アップ」で披露していたダンスも惚れぼれしたけれど、さすが元ストリッパーなだけあってテイタムのダンスは本当にしなやかで目を奪われる。
脇を固めるボスのマシュー・マコノヒーやマット・ボマー、ジョー・マンガニエロもセクシー!
それからひよっ子なアダムことアレックス・ペティファー!
「アレックスライダー」で登場した時はブラッド・レンフローのような儚げな美少年だったのに、20歳前後から急にゴツゴツしてきて劣化したなんて言われてても、 毎回毎回共演女優を好きになってしまう恋多き男でもそれでもイケメンなことに変わりない!
あんなイケメン警官ストリッパーになら喜んで逮捕されたいものです(何の話?)

で、毎年クリスマスの激務を乗り切った所で友人達と遅めのクリスマスを祝うホームパーティをするのですが、今年はみんなで本作を鑑賞。普通なら「ラブアクチュアリー」や「ホームアローン」辺りが妥当なんだろうけど、クリスマスパーティと称して1年分の疲れを発散する会みたいなものなので敢えてのこのチョイス!
さらに鑑賞ルールとして、チップをはずみたくなったタイミングで好きなだけクラッカーを鳴らすという、ぶっ飛んだルールを設けてみんなでクラッカー鳴らしまくり&キャーキャー騒ぎながら鑑賞しました(笑)

思えば仕事を始めてから毎年クリスマスは仕事に追われて会いたい人にも会えないし、クリスマスが終わると共に終わった恋もあったけれど…こんな風に共に祝える仲間がいてくれるのは幸せなこと。おかしな友人ばかりだけど、いつも面白い事を企画してくれてありがとう☆
おかげで1年分のストレスが発散出来たし、続編のレンタルを待ち望みつつ来年も頑張れそう!