あおい

マッキー/Makkhiのあおいのレビュー・感想・評価

マッキー/Makkhi(2012年製作の映画)
3.9
五月蝿い悪人よ、お前が死ぬまで、俺はハエをやめねぇ!

ハエ転生系ボリウッド作品!これはおもろい!ハエでも踊り狂う!これぞボリウッドの真骨頂だ( ^ω^ )

◎ストーリー
冴えない男・ジャニは、一途にビンディを想い続けていた。彼の愛に次第に惹かれていくビンディ。
そんなある日、大企業の社長がビンディに急接近する。しかしビンディの目にはジャニしか映っていない。それを良しとしない社長は、ビンディを我が物にするためジャニを消すのだが、、
「ビンディに近づいたら、お前を殺す」そう言って散ったジャニの魂は、孵化する前のハエの卵に乗り移る…

ビンディ語で、多分ハエを「マッキー」っていうみたいやけど、ひたすら「マッキ、マッキ、マッキー!」のテーマが流れまくってて、もう頭の中汚染される( ^ω^ )鑑賞後もずっと鳴ってる!

何よりハエのCGが、微妙なラインついてて愛嬌あるんやな、これが( ^ω^ )キモと可愛いのに間にいる感じ。インドのCGも舐めちゃいかんな。そしてインドの女優さんってほんまに美しい。

主人公がものの20分ほどで退場し、そっからはずっとハエくんの独壇場!あの手この手で復讐し、悪徳社長を追い詰める!もうそれが爽快すぎる!

どんどん病んで行く社長もまたおもろい。また、きわめつけはハエくんの味方しちゃうビンディさん!彼女が1番頭イッてると思う( ^ω^ )ヒーロー映画ばりに、ハエ用のアーマーを開発していくビンディさん。これアントマンの仲間にしてやってくれとさえ思った( ^ω^ )

今まで観てきたボリウッド作品とは、一味違う勧善懲悪型の邪道ヒーローもの!でも、唐突なミュージカルは健在!エンドロールでは、マッキーダンシングも拝めます( ^ω^ )

ハエに転生した男、ハエに人生潰される男、ハエとお話しちゃう女、もうはちゃめちゃやけど、インド映画の雰囲気で全て良しになってしまうぶっ飛び映画!

ボリウッドにしては2時間程度なので観やすいですし、これはかなりおススメです!

Netflix#12