マッキー/Makkhiの作品情報・感想・評価

「マッキー/Makkhi」に投稿された感想・評価

まさか我が人生でハエに感情移入する瞬間が訪れるなんて。
頑張れハエ!とか思っちゃうなんて。
ホントにハエが主役です。そうです。あのハエです。ブーンてヤツ。

ダダーン!的BGMでの盛り上げ方や、アクション後のキメ顔(ハエだから分からないけど)は紛れも無く『バーフバリ』への系譜を感じる事ができる。
なるほど、神話の様な豪快な話にはラージャマウリ監督のド派手な演出がよく似合いますね。
ただ現代劇だとちょっとクドイです(笑)

それにしてもインド男の恋愛における積極性たるや、凄まじいものがありますね。
日本だったらストーカー規制法違反で逮捕。フルネーム報道で人生終了コースですわ。
PETER

PETERの感想・評価

4.0
やられたらやり返す、倍返しだ!
----
インド版の半沢直樹かといったところでしょうか。人間のときから執念はすごかったけどハエに転生してからのしつこさは狂気の沙汰、貞子並みです。
トムとジェリー的なものを予想してたので裏切られました。いい意味で。
とむ

とむの感想・評価

3.3
なんでハエ...?っていう疑問が頭をよぎりかけるけど御構い無しに最後まで物凄い勢いで駆け抜けてってくれます。

マッキー!マッキー!マッキー!ってテンション高く歌ってるのに字幕が
「ハエ ハエ ハエ」
で最高に笑える。
痛快。痛快。
ご都合主義のストーリーだとか、登場人物の行動がイタい、とか言うのは野暮というもの。
金持ちは悪い人。その悪い人を虫けらのような貧乏人が懲らしめる。このムチャクチャ分かりやすい下克上を映画館に行く庶民のみんなが拍手喝采で楽しむ。これぞ映画の醍醐味。それに尽きる!
特に休憩が入ってからの後半が圧巻。精巧?なCG?によるスピーディーな画面は、その辺のSF映画を超えている。
大人の映画なので痛いシーンも少しはあるがハエがやってると思うとコミカルに見えてしまう。
またインド版の土屋太鳳の面影があるビンドゥもイタ可愛い。
この映画を面白くないという人とは友だちになりたくないね。
あーっ。スッとした。
パン

パンの感想・評価

4.2
マフィアに殺された男がハエに生まれ変わって好きな子を守る!!

ハエが主人公!!

歌うし踊るし殺す意思が強くてウケます

2時間とインド映画にしては尺も短め!

彼女への愛が熱烈!!
やり方が天才過ぎるからこんな愛され方したら誰でも好きになるくらい優しい男です。ただ殺意が強くてウケます。
大金掛けたハリウッド大作でも、ここまでユーモラスな超活劇は滅多に拝めない。流石に120分は長いが、膨大なアイデア量でどシンプルな話を持たせてしまう。傑作。
こう

こうの感想・評価

3.8
ハエが努力して、だんだんできることが増えて行くところすごい好きだった。
人間とハエの闘いだけど派手さがあってめちゃくちゃ面白い。

これ観てるときにハエが飛んでたんですが、普通に容赦なくはたきました。笑
AP

APの感想・評価

3.9
インド映画は裏切らない…笑(お決まりの台詞)
何度「いやいやいや笑」と言いたくなったか笑

展開の読めるコントなんですけど、頭使わずに観れて良いですな。

ポジティブな(ストーカーの)ジャニとツンデレなビンドゥのやりとりもインド映画っぽくて好き(アンテナをライトにするところなんか最高)。

ハエも踊るわけですが、時折可愛く思ってしまう自分は果たして…(末期?←)
クロ

クロの感想・評価

3.5
多分初インド映画。
ハエの姿になった主人公が復讐する話。
バーフバリの監督だそうで。
最初挫折しそうだったのだけど、ハエになってからが相当面白かった。
BGMずるいよあんなん。
前半がひどいのを加味しても、カメラを止めるなより、人に勧めたい笑える映画。
553

553の感想・評価

3.5
バーフバリの監督作品ということで鑑賞。

ハエがヒーロー的活躍をする。
しょうもなかった!笑
インドの男前の顔はなかなかタイプです☺️
>|