外は雨

マラヴィータの外は雨のレビュー・感想・評価

マラヴィータ(2013年製作の映画)
3.6
ノルマンディーの片田舎。証人保護プログラムで名前も住処も変えた元マフィア家族。デニーロはもーそのまんまなんですが、ミシェル・ファイファーはイタリア系には見えないなぁw 大人しくしてなきゃいけないのに家族それぞれが騒動を起こしてしまうところがおかしいw 町の映画鑑賞会で講義を依頼され「グッドフェローズ」で本物のマフィアについて語って絶賛され満足気なデ・ニーロw

ゴリラズのオフビートな「クリント・イーストウッド」の曲に乗って列車から殺し屋が降りてくる。なかなか楽し。