ミミック

処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビのミミックのレビュー・感想・評価

3.9
冒頭に前作のあらすじありの親切設計。

片腕を失った主人公がゾンビスクワッドを仲間にしたり、ソビエトゾンビを召喚したりして再びナチスゾンビと戦うRPG風味なので見易い。

ゾンビ映画でこれ程までのカジュアルゲロは見たこと無い。

数ある小ネタの中では、腸をひっぱりだしてホースにして給油するのと、ゾンビ専門のドクターの藁やすっぽんを使った雑な治療がツボだった。

最後無理やり三角ラブストーリーに落としこんでちょっとキュンとさせる所も含めて終始真面目にふざけてて最高。

あと無駄にロケーションが良かった。