ミミックさんの映画レビュー・感想・評価

ミミック

ミミック

2017/6/12から記録、それまでのオールタイムベストは以下の10本

・プライマー(2004)
・アクトオブキリング(2014)
・シンゴジラ(2016)
・アレックス(2003)
・恋人たち(2015)
・パーフェクトブルー(1998)
・戦慄怪奇ファイルコワすぎ!File-4トイレの花子さん(2012)
・モンスターズインク(2002)
・灼熱の魂(2011)
・GO(2001)

映画(490)
ドラマ(0)

肉弾(1968年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・21.6歳のあいつ(寺田農)目線で語る岡本喜八監督にとってもうひとつの「日本で一番長い日」
・戦争をコミカルに描くことに長けた監督の色が全開
・無自覚かつナチュラルに日常が狂っている状態が戦争状態の
>>続きを読む

16歳の合衆国(2002年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・ある日恋人の弟を殺害したとして16歳の少年が施設に送られる、施設の教員が男と接するうちに興味を持ち日記に綴るようになる
・中盤までは男の周りの交遊関係や被害者家族に目線を向けつつも全体的にぼんやりし
>>続きを読む

モンスターズ・インク(2001年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

・圧倒的に面白いエンタメを前に言葉なんて全くもって不要
・みてる間とにかく「愉しいー、可愛いー、ハラハラするー」のみが支配してて語彙力を奪っていく
・主役のサリーとマイクの声が素晴らしく個性豊かなキャ
>>続きを読む

ボルト(2008年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

・ドラマの設定で自分にスーパーパワーがあると勘違いしてる犬「ボルト」がスタジオを飛び出して迷子になったことにより現実の世界を知っていく
・「18歳から35歳の大人はそんなんじゃ満足しないわよ」のアニメ
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・園子温監督が世に広く知られるきっかけとなった2008年公開のラブストーリー巨編
・この1本に監督がやりたいことを詰め込んだ結果この長さになったんだろうな
・これがヒットしたから後の「冷たい熱帯魚」や
>>続きを読む

ソイレント・グリーン(1973年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・2022年の人工増加による資源不足の世界で、主人公の刑事がひとつの事件から巨大な食料配給企業のソイレント社の闇に迫るディストピアSF
・60歳で老人ホームに入れてきれいな映像を見せて安楽死させて、遺
>>続きを読む

13日の金曜日(2009年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

・1980年に第1作の人気シリーズをリブート、内容はオリジナルの第1~4作を踏襲
・冒頭のモノクロ映像でのジェイソンの説明が短すぎて伝わらない
・母親を殺された復讐のため、母の頭部とペンダントを持ち帰
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・本編を見終わって、監督の解説を聞いてやっと「あぁ、そういう話だったのね」となったので評価は低め
・若いときに妻と別れた夫の20年越しのリベンジが物語を送るって何て回りくどい
・小説の話としては映像を
>>続きを読む

柳生一族の陰謀(1978年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・徳川将軍位の座を巡った兄弟同士の争いに、家光(松方弘樹)の指南役である柳生但馬守宗矩(萬屋錦之介)が一族の存続をかけて立ち回る壮大なドラマ
・松方弘樹の強烈などもり演技と甲高い「たじま~!」の叫び
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・ピエール瀧が韓国で200万をけちったことが火種となって、日韓のフィクサーの張グループVS関西花菱会の抗争に発展していく
・これまでの倍々シーソーゲームとお仕置き大喜利はなりを潜め、静かに狂ってゆく大
>>続きを読む

大鹿村騒動記(2011年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・長野県大鹿村で鹿肉食堂「ディアイーター」を営み村歌舞伎役者でもある男(原田芳雄)のもとに、18年前に駆け落ちで出ていった妻(大楠道代)と幼馴染み(岸部一徳)が現れる
・実際の村でのロケで村歌舞を題材
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

・コナー、オーエン、ローレンスの世界的ヒップホップユニット「スタイルボーイズ」のフロントマンのコナーに密着したドキュメンタリー(風
・「アンヴィル」など数ある音楽ドキュメンタリーのフォーマットに乗っ取
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

・フランスのヌーベルバーグ期の短編がGyaOで無料で見れるなんて
・「12モンキーズ」に元ネタがあるなんて知らなかった、冒頭の空港で自分が撃たれるシーンを始め話運びがそのまんま
・全編スチール画とナレ
>>続きを読む

青空どろぼう(2010年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・四日市ぜんそくの現在を追った東海テレビ製作のドキュメンタリー
・裁判の原告の一人の野田さんと公害の記録をし続けている澤井さんの活動が内容の主
・2011年当時で459人の公害認定患者が四日市にいると
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

・24歳OLの10年片想いしてる「イチ」と現実に言い寄られてる「ニ」を巡る壮絶なひとり相撲のお話
・松岡茉優のこれまでのキャリアを総動員したような細かい演技の数々が堪能できる、まさに松岡茉優万歳!!!
>>続きを読む

アンダーカヴァー(2007年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

・エリート警官の兄(マークウォールバーグ)とアウトローの弟(ホアキンフェニックス)が、父の死をきっかけに共に復讐する
・マフィアと繋がりがあるだけで一介の市民の立場の弟が急な潜入捜査でビビってすぐ相手
>>続きを読む

謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・ヒエロニムスボスの有名な三連祭壇画「快楽の園」を中心に様々な識者達が語ることにより作品の意図に迫るドキュメンタリー
・見る人によって感じかた、捉え方が違うのが絵画を見る楽しみのひとつ
・絵に描かれた
>>続きを読む

ブレイド2(2002年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

・ブレイド(ウェズリースナイプス)率いるヴァンパイアハンターらがチームを組んで地下に住む「リーパーズ」の殲滅に挑む
・実質ヒロイン枠の相棒ウィスラーの不死身さ
・顎が割れて捕食するリーパーズがちゃんと
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

・予告のインパクトが強いのでずっと追いかけっこしてるのかと思ったら、入口手前でのやり取りが思いのほか多くて残念
・ティーンズ向けだからなのか細かいこと無視してるし、仲間が死んでもずんずん行くのね
・ク
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

・イカれたイギリス製スパイアクションコメディが帰ってきた
・冒頭のボンドカーから始まって、雪山で滑り落ちるのは「女王陛下の007」を連想したり、あちこちに007オマージュが散りばめられて見付ける楽しさ
>>続きを読む

(2000年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

・実妹を殺した中年女性の逃亡劇
・犯罪人なのにどこかコミカルで情けなさと愛らしさが同居する不思議な女性を演じる藤山直美のバランスのとれた演技力
・この頃の藤山が2018年現在のニッチェ江上に瓜二つ
>>続きを読む

Bubble(2005年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・郊外の人形工場で働くマーサとカイル、新しく入ってきたローズはカイルと良い雰囲気だが1週間後に殺害される
・インデペンデントな作品ながら登場人物のリアルな設定から田舎の閉塞感、老人介護の実家暮らし、貧
>>続きを読む

スプリング・フィーバー(2009年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

・ワンとリンの夫婦、ワンの浮気相手のジャン、リンの依頼でワンの浮気を調査する探偵のルオ、ルオの恋人のリーの5人の恋模様の行方
・役者に接近した手ぶれカメラが男優同士の激しい絡みに臨場感を与えていた
>>続きを読む

ガールフレンド・エクスペリエンス(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・高級コールガールのチェルシーと恋人のクリスの生活をチェルシーが語る形で進む
・娼婦とそれを受け入れる恋人の設定が面白いので、二人の関係性の変化を軸に無闇に時系列をいじったりせずにじっくり見せてほしか
>>続きを読む

ミヒャエル(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・児童性愛者の静かな監禁生活
・ミヒャエルハネケ作品の関連スタッフの初監督作品ということでカットの構図とか悪意の込め方に通じるものを感じた
・あまりにも説明がなく淡々と進むし、尾を引く終わり方だったの
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・3人それぞれの短編とエピローグを4人の監督が手掛けるオムニバスストーリー
・3本目の太田光監督作品が単独のストーリーとしても優れてたのが印象的
・最後に3つが繋がるのはいいんだけど、エピローグとして
>>続きを読む

眠狂四郎 女妖剣(1964年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・ダンディな剣豪「眠狂四郎」の出生の秘密が明らかになるシリーズ第4作
・スローモーションの残像が映る円月殺法の様式美にスポーンと飛ぶ腕や首の爽快さ
・この時代の女優陣の艶かしいからだのライン
・茶髪の
>>続きを読む

コットンクラブ(1984年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・1920年代のナイトクラブ「コットンクラブ」を舞台に、そこに働く演奏者やタップダンサー達の人間模様を描く
・豪華な音楽とダンスを見ながら酒を飲む大人の空間に憧れる
・チンピラ達のシマ争いは「仁義なき
>>続きを読む

空飛ぶペンギン(2011年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・仕事人間のジムキャリーが6匹のペンギンと暮らすうちに父親らしさを取り戻すウェルメイドコメディ
・ペンギンたちの個性にちなんだニックネームが本編の展開に絡めているのか上手い
・おそらくCGであろうペン
>>続きを読む

カンニバル!THE MUSICAL(1993年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

・「サウスパーク」のスタッフによる初期作品
・実在の人喰い事件をモチーフにしたスプラッターコメディミュージカル
・自主映画のようなユルさがメイキングにも表れてた、みんな楽しそう
・訛りのある日本語を話
>>続きを読む

笑いながら泣きやがれ(2009年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

・スコットランドのスタンダップコメティアンのジョーイの前にかつての同級生フランクが現れる、彼の目的とは
・ジョーイのスタイルである実体験を交えながらの下ネタ混じりのブラックジョークで事件の内容を振り返
>>続きを読む

愛知の民俗芸能/聖なる祭り 芸能する心(1992年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・愛知の様々な神事を映したドキュメンタリー
・先祖の精霊信仰が伝承を経て芸能、パフォーマンスと変化していく様子が見てとれる
・巨大な松明を振って虫よけを願う「信玄原の火おんどり」、村を練り歩き死者の魂
>>続きを読む

ブロークン(2008年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

・鏡に写る自分が襲ってくるドッペルゲンガーサスペンス
・ストーリーとしては平々凡々
・ラストの主人公の展開もよくある
・全裸の若い姉ちゃんがバスルームで鏡の自分に口に手突っ込まれて血ドバドバ流して死ぬ
>>続きを読む

タイム・オブ・ザ・ウルフ(2003年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・わずかに残る食糧を持って別荘に着くと見知らぬ家族が銃を構えている
・開始5分で父親を殺され身一つになる母親(イザベルユペール)と二人の子供
・コミュニティが崩壊した世紀末の世界でむき出しになる人間の
>>続きを読む

ミスター・ミセス・ミス・ロンリー(1980年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

・当時22歳の原田美枝子が自ら製作、原案、脚本、主演した若い女が周りの男を振り回す青春ストーリー
・原田美枝子の脚本時のペンネーム「刹那」から漂う厨二感
・主軸がゲイとの青春ストーリーなのか大金強奪な
>>続きを読む

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・無自覚な不倫夫の吹越満のなかなかのくずっぷり、でもモテるのもまぁわかる
・不穏な空気が支配する画面固定の長回しはもはや監督の得意技
・画面に刃物が登場した時点で過去作の「ミツコ感覚」を思い出して、来
>>続きを読む

>|