ミミックさんの映画レビュー・感想・評価

ミミック

ミミック

  • List view
  • Grid view

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・フランスのダンケルク海岸でドイツ軍に囲まれた英仏連合軍33万人を救うべく行われた救出撤退戦を描く
・海からの救出を待つ「陸の1週間」、民間船で救援に向かう「海の1日」、空を飛ぶドイツの戦闘機に立ち向
>>続きを読む

ヘヴンズ ストーリー(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・両親と姉を殺されて犯人も自殺した過去を持つサト(寉岡萌希)、妻と娘を殺されたトモキ(長谷川朝晴)、未成年の時にその罪を犯したミツオ(忍成修吾)の3人を軸にバラバラの物語がやがてひとつに収束していく全>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・2104年人類の入植の地を求めて宇宙を進むコヴェナント号は近くの惑星からの信号をキャッチして急遽立ち寄ることになるが…
・話の主軸はざっくりいうと、良いマイケルファスベンダー(ウォルター)と悪いマイ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

・幼少の頃の両親の交通事故の影響で耳鳴りを押さえるために常にイヤフォンをつけながら仕事をする逃がし屋のベイビー、次の仕事が終わればケビンスペイシー演じるボスの組織からは抜けられるのだが…
・見終わって
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

・クドいを通り越すほどのおっぱいに勃起にあえぎ声にラーララー♪の合唱…このストーリーを実写で作るという行為そのものがもう頭おかしいとしか思えないw
・主演の染谷将太始めエスパーたちのキャラクターの濃さ
>>続きを読む

チルソクの夏(2003年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

・70年代の日本と韓国の高校生が陸上を通じて交流を深める淡い青春物語
・実質水谷妃里と韓国の少年との恋模様がメインで上野樹里は女子四人組の二番手な立ち位置
・♪「キシャヲ マチュ キミノヨコデ ~」な
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

・宇宙人侵略に立ち向かうアメリカを描く王道のSFエンタテイメント
・こういった大作ものって公開当時の時代の空気感とか見る環境によって記憶補正される類いのものなので、22年もたって作品単体で見るとなんと
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・少佐が企業の嘘を暴き、本当の自分を取り戻す話
・キメカットの再現とかあえて古めのサイバーパンクな街並みとかエンドロールの音楽とか、攻殻の世界観を作り上げる意気込みが感じられて今回のハリウッドリメイク
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

・コーヒーと煙草のあるテーブルをはさんで会話を交わす基本二人のスケッチ集
・冒頭にタイトルが出てひとつ7~8分で全部で11本のショートストーリーというかダベりでもありコントでもあるつくりが気軽に楽しめ
>>続きを読む

V/H/S ファイナル・インパクト(2014年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

・POV方式のオムニバスホラーシリーズの第3弾
・バンにさらわれた彼女をチャリで追いかける彼氏の話を縦軸に、無敵のマントを手にいれたマジシャンの話、パラレルワールドの世界に行ったらエイリアンのチンコを
>>続きを読む

アポロンの地獄(1967年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

・オイディプス王をモチーフにした人間の因果について
・現代パートで始まり古代に話が移って最後はまた現代に戻る構成
・セミの音とか雅楽とかケチャとか音が面白い
・画面構成とかこちらに話しかけるカット割り
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

・あるマンションの一室で畳を擦る音がするという怪現象を追っていくと、前の住人や前の建物と歴史をたどって土地にまつわる「穢れ」に触れていくことになる
・ホラーというより言い伝えられる日本の怪談な味わい
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

・大泉洋の口八丁まんまのキャラに笑う
・台詞をわからなくてもよどみなく畳み掛ける演出が現代の時代劇の作り方にあってると思った
・作品を通じて戸田恵梨香に惚れる、それ程の魅力が詰まってる
・駆け込み寺の
>>続きを読む

SUSHI POLICE(2016年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

・海外の間違った?寿司を取り締まる3人の日本の寿司ポリス
・皮肉と自虐と雑学と小ネタ満載の3分のショートストーリー×13本
・日本では珍しいブラックコメディで声に出して笑う感じではないが、世界の寿司に
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・人を見かけで判断するわがままな若い王子は魔女によって醜い野獣に、城内の人々は城の備品へと姿を変えてしまう
・父親の救出をきっかけに野獣と出会う村の変わり者ベルはバラの花びらが全て落ちる前に野獣と心を
>>続きを読む

キャット・ピープルの呪い(1944年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・空想癖のある少女エミリーは不気味な屋敷に住む老婆から願いが叶う指輪をもらうと目の前に幽霊のイレーヌが現れる
・「キャットピープル」で猫女になって非情な死を遂げたのがイレーヌで今作が続編にあたるとあと
>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

・燃える闘将のレオニダス率いる300人のスパルタ軍が、けた違いの数のペルシア軍との戦いを描くスペクタクル大作
・絵画のようなアニメーションのようなきれいな映像が2007年当時だと画期的
・その後のアク
>>続きを読む

ひかりをあててしぼる(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

・一組の夫婦が出会って過ごすうちに他人が介入できない痛みを伴う依存関係に変化していき事態は最悪の結末へ向かう
・妻が受ける親からの性的虐待、コンプレックスから発動する暴力、閉鎖空間で分からなくなる正義
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・妻をなくしてもなく事が出来ないジェイクギレンホールが様々なものを解体しながら心の葛藤とむきあう
・原題は解体を意味するデモリッションで本題から受ける印象は淡い恋愛ものからはかけ離れた文字どおり「破壊
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・フロリダの黒人街の貧困の家庭に住むゲイのシャロンの人生の歩みを描く
・幼年期の「リトル」、少年期の「シャロン」、青年期の「ブラック」の三部からなる
・3人がひとりを演じてるが、どの俳優も目がおんなじ
>>続きを読む

1984(1984年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

・全体主義によって徹底した管理社会となったイギリスを描いたディストピアSF作品
・人々の生活は監視され、テレビからは常にプロパガンダが流れ、自由恋愛も禁じられる息苦しさが充満してる
・少しでも流れから
>>続きを読む

ダブル・ミッション(2010年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

・隣人のさえないおじさんが実はCIAの凄腕エージェントだった、3人の子供たちが巻き込まれるアクションコメディ
・単純明快なスパイアクションがいかにもジャッキーらしい
・中華料理店での対決を始め、椅子を
>>続きを読む

尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

・主に監督の指原がメンバーたちとインタビュー形式で語られる内容を時系列順に並べて、HKT48が結成した2011年から指原が加入する2012年、紅白初出場をした2014年を経て総選挙で大躍進した2015>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

・恋よりも友情が大切な17歳のネイディーンは誰よりも大切な幼なじみの友人が自分の兄と付き合ってるのを知ってショックでなにもかも嫌になってしまう
・やることなすこと全て空回りして、自分が嫌になる10代特
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

・エルとキラがこの世から去って10年、世界に散らばった6冊のデスノートをめぐって争奪戦を繰り広げる
・ざっくり言うとエル(松山ケンイチ)側の池松壮亮vsキラ(藤原竜也)側の菅田将暉といったところ
・ノ
>>続きを読む

アメリカン トランスレーション 二十歳の共犯(2011年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

・「グランブルー」やラースフォントリアー監督作品によく出てるフランスの俳優ジャンマルクバール監督作品
・お金持ちの娘とバイセクシャルの殺人犯の倒錯と空虚の放蕩生活
・男娼を買って、ヤって、殺して、埋め
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・福井のチアダンス部が全米制覇した実話を実写化
・只のサクセスストーリーで進んでいたら、ラストの決勝戦の前で天海祐希演じる顧問の視点が入って過去のシーンを回収するとこで一気にもってかれた、あれ真の主人
>>続きを読む

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(2003年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・大人になるまで北極のサンタの国でエルフ(妖精)として育てられたバディはニューヨークに降り立ち本当の親探しに出る
・周りが小さな妖精の子供たちばかりの中、ひとり窮屈そうに教室の机に腰かけるウィルフェレ
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・香港のあるホテルの一室でスノーデンが語り出したのはアメリカのNSAが世界中の個人情報を集めていることを暴露する内部告発だった…
・電話やチャットのログなどのログを全て集約して時系列にすることで個人の
>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

・借金に追われる人気のないホストの菅田将暉が楽屋で金策に四苦八苦するワンシチュエーションコメディ
・ラストの台詞を聞いて「あれ、これって明烏だっけ?」って思ったら芝浜の方だった
・ムロツヨシと佐藤二朗
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・落ちぶれた劇場支配人のバスタームーンは一大オーディションを開催して劇場の再建を狙う
・丁寧な作りで誰でも楽しめるショウビズエンタメ作品
・字幕で見たがメインどころのキャストにしっかりと歌での見せ場が
>>続きを読む

ロッタちゃん はじめてのおつかい(1993年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

・スウェーデンの自動車税文学が原作
・5才の意地っ張りな3人兄妹の末っ子のロッタは何でも自分でやりたがる
・小さなスケッチを連続で見せるので、北欧版の「よつばと」のような感覚
・スキーが苦手だとおしり
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

・天才数学者アランチューニングが第二次世界対戦時のドイツ軍の暗号「エニグマ」の解読に挑む
・1951年に同性愛のわいせつ罪で捕まったアランが警部の尋問で1939年の戦時中の暗号解読の様子が描かれ、更に
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

・主人公の青年トムがある日出会った女性サマーに恋をして次の恋が始まるまでの500日の出来事
・男が恋愛中に勝手に妄想して独りよがりになる感じが痛いほど分かる
・時間軸を入れ換えて恋のはじめと終わりを対
>>続きを読む

リュウグウノツカイ(2013年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

・小さな漁村の町の女子高生が集団で妊娠騒動を起こし、自分らの国を作ろうとする話
・フィクションラインがよくわからなくて現実をもとにした社会派なのか、浦島太郎も絡めた寓話的な話としてみれば良いのかわから
>>続きを読む

HARDWARE WARS ハードウェア・ウォーズ(1978年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

・スターウォーズEP4のパロディを家電や身近なもので代用して時間も13分とお手頃
・抱腹絶倒とまではいかなくとも作り手が映画愛に溢れているのは伝わってきた
・パロディも見れば結構忠実に再現してる

>|