ミミックさんの映画レビュー・感想・評価

ミミック

ミミック

感想は偏れ、点数は気まぐれ、映画の好みは人それぞれ
2017/6/12開始、それまでのオールタイムベスト
・プライマー(2004)
・アクトオブキリング(2014)
・シンゴジラ(2016)
・アレックス(2003)
・恋人たち(2015)
・パーフェクトブルー(1998)
・戦慄怪奇ファイルコワすぎ!File-4トイレの花子さん(2012)
・トガニ 幼き瞳の告発(2011)
・GO(2001)

映画(670)
ドラマ(0)

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

2.5

上にいくほど富裕層となる新築タワーマンションの中層にあたる25階に医者のロバート(トム・ヒドルストンa.k.a.ロキ)が越してきた。住み始めるとマンションの中で起こっている異常事態に巻き込まれていく―>>続きを読む

X-ミッション(2015年製作の映画)

2.4

若きFBI捜査官が自身の経歴を活かして、エクストリームな犯罪集団に潜入捜査を志望する―

これは映画館の大スクリーンで見ても、お話が破壊的につまらないせいで途中で寝てしまい折角の迫力のある映像の数々を
>>続きを読む

クラウン(2014年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

学生がYouTubeに上げたフェイク予告動画を元にイーライ・ロスが製作したホラー作品。

優しい父親が子供のために手に取った衣装は、着ると人々を襲う殺人クラウン(ピエロ)に変身してしまうスーツだった―
>>続きを読む

地獄愛(2014年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

シングルマザーのグロリアはサイトで知り合ったミシェルに心を奪われる。
彼が女性の性的欲求を満たして生計を立てる結婚詐欺師だと判明した後は、二人で詐欺を繰り返すようになる―

子供にしてみたら周りにこん
>>続きを読む

さすらいの一匹狼(1966年製作の映画)

2.7

金塊を狙うメキシコの山賊をスコープ付きライフルの使い手の賞金稼ぎが迎え撃つ。
敵の家族の描写や派手な爆破や銃撃戦など、ひねりと王道のどちらもあったが全体の印象としては薄味のマカロニウェスタン。
戦争映
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.6

2013年に起きたボストンマラソンテロ事件をもとに事件が起きる直前から犯人逮捕の事件後102時間まで、事件に関わる人物を同時進行で描いた実録ドラマ。

見終わってから実際の映像と事件の概要をWikiで
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.5

二作目に悩む若い小説家は夢に出てきた理想の女性を書き留めてたら、ある日その女性が目の前に現れる―

見終わったときに良いラブストーリーを見たなという気持ちになる。

主人公の兄が言った「それって近親相
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

大人気カーアクションミッションインポッシブルファミリーによるシリーズ第7作。

出てくる車をカッコ良く撮る、ミッションは派手にぶちかます、ファミリーの絆は永遠、など焦点が絞られメリハリの効いた演出はシ
>>続きを読む

デタッチメント 優しい無関心(2011年製作の映画)

3.3

教師もつらいよ
インタビュー形式で語られるのは高校の教師たちの苦悩や葛藤。

学級崩壊、売春、いじめ、モンスターペアレント…

終始重苦しい雰囲気で気分も鬱々としてくるので、見る日のコンディションによ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

サメ映画好きとして、巨大ザメ「メガロドン」にスポットが当たるとなれば是非でかいスクリーン一杯に映る姿を拝みにいかねば。

今作も多分に漏れずパーティが一人ずつやられていく、でかいものに喰らいつく画の迫
>>続きを読む

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1990年代のアブハジアとジョージアが戦争する境界の河の中洲に、ひとりの老人が上陸してコーン畑を孫娘と共に耕し始める―

セリフは最小限、説明はなし、孤島の周りは戦争状態。寓話性が高いので見終わってか
>>続きを読む

オルカ(1977年製作の映画)

3.4

・妻とお腹の子を人間の漁師に殺されたオルカ(=シャチ)による復讐劇
・シャチを完全に擬人化して撮っており、度々アップになるシャチの瞳は復讐に燃える西部劇のガンマンのそれ
・始まりのあたかもサメかと思わ
>>続きを読む

扉をたたく人(2007年製作の映画)

3.6

孤独な生活を送る大学教授のウォルターは、手違いでアパートに住んでいた移民青年のタレクからジャンベを教わるうちに心を通わせるようになるが…

「日常のなかの無意識の差別と偏見」

抑えた演出ながら現実に
>>続きを読む

ステップ・アップ4:レボリューション(2012年製作の映画)

3.3

マイアミを拠点に活動するダンスチーム「ザ・モブ」は、自分たちが育ったスラム地区を再開発を目論む実業家から守るため立ち向かう―

町中のあらゆる所で半ゲリラ的にフラッシュモブを仕掛けて、動画をネットにア
>>続きを読む

FULL METAL 極道(1997年製作の映画)

2.8

・銃に撃たれた弱ヤクザ(うじきつよし)がマッドサイエンティスト(田口トモロヲ)によってサイボーグとして生まれ変わる
・頭に直接繋がれたプラグのビジュアルのレトロ感
・血しぶきぶしゃーは三池監督らしさあ
>>続きを読む

ハチェット無頼(1977年製作の映画)

2.8

1900年代からアメリカ西部を舞台にしたハリウッドの一代ジャンルになったウェスタン(西部劇)対して、1960年代に主にスペインで撮影されたイタリア製の西部劇をマカロニウェスタンと呼ぶ。

ブームが去っ
>>続きを読む

沈黙シリーズ第3弾/暴走特急(1995年製作の映画)

3.2

1992年の「沈黙の戦艦(UNDER SIEGE)」の正式続編。無敵の料理人、ケイシー・ライバックが帰ってきた。

北米を列車旅行中のライバックと姪のサラ(キャサリン・ハイグル)をハイテク機器を装備し
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・テンポがいいから飽きずにズンズン進むが中盤から流れが重複してたり、ファックシーンが冗長に感じる
・でんでんを愛でて、でんでんを隅々までしゃぶり尽くせる、でんでん祭り開催中
・吹越満が表情だけで心境と
>>続きを読む

しとやかな獣(1962年製作の映画)

4.1

この一家、普通の家族とは何かが違う。

とある団地の一室に住む前田家の四人は、元海軍中佐の父親の指示のもと息子と娘を使ってゆすりやたかりをして生活をしていた―

今まで見てきた映画はなんだったのかとい
>>続きを読む

緑の光線(1985年製作の映画)

3.5

楽しみにしていたバカンスを友達のドタキャンもあってひとり孤独に過ごすデルフィーヌ(マリー・リビエール)は、地元の人たちが小説の「緑の光線」について話しているのを耳にする―

緑の光線とは夕日が海岸線に
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイクは年上の先輩スーザンに恋心を抱く。婚約しているのに既婚者とも付き合う奔放な彼女に対して、マイクの執着が次第にエスカレートしていく―

圧倒的な映画体験!
とに
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.0

フランス西南部の街ロシュフォールが舞台の双子の姉妹の恋物語。話が一本調子で面白味を感じず、見所は画面を彩るカラーコーディネイトと大勢が噴水の前でダンスするシーンくらい。
2対2のカップリングは画面が常
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

2.9

・アメリカの高校生ショーンが日本にやって来てドリフトキングの異名を持つタカシと対決する
・ドムやブライアンなどシリーズの主要キャストが出てこない言わばスピンオフ的作品
・時系列は1→2(X2)→4(M
>>続きを読む

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

2.1

血の描写の魅せ方はやはり一朝一夕の監督では出せない三池監督流の味がある。

もっと日本古来のわらべ歌とか遊戯に絞った方が日本のホラーっぽさが出たんじゃない?

福士蒼汰は真顔か驚き顔かの二種類しかない
>>続きを読む

かくも長き不在(1960年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

パリでカフェを営むテレーズはある日、一人の浮浪者が16年前にゲシュタポに強制連行されたまま行方不明になった夫アズベールにそっくりで、言葉を失うがひとり男の後を追う―

川縁の静かで穏やかな時間が流れる
>>続きを読む

サイボーグ009(1966年製作の映画)

3.4

先日Eテレで特集番組をやってるのを見たので気になって。

1966年に製作された劇場作品の第1作、テレビアニメはその後1968年、1979年、2001年の3回に渡ってシリーズ化される。

サイボーグと
>>続きを読む

ディープインセクト(2015年製作の映画)

2.4

100分長かった、見終わった今ひと修行した気分。

溢れるインディーズ感にめまいすら。リアクションが安い、CGが安い、特殊造形が安い、EDダンスが安い、何もかも安い…ドンキホーテかここは。

007風
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.2

1950年代のフランス北西部の港町シェルブールを舞台に、自動車修理工ギイと傘屋の娘ジュヌヴィエーヴの若い男女の恋愛模様を描いたミュージカル。

1964年のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。

すべ
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

90歳になるゼヴは車イスの友人マックスから、70年前に家族を殺した犯人を殺すための一通の手紙を渡される―


ほうほうほう、なるほどね、そういうことね。

(記憶喪失×復讐×ロードムービー)×?

>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.6

大人気カーアクションファミリードラマのシリーズ第6作。

舞台はイギリス。
ホブス(ドウェイン・ジョンソン)に依頼を受けたドミニク(ヴィン・ディーゼル)が5で集めたファミリーで、オーウェン・ショウ(ル
>>続きを読む

ビッグゲーム 大統領と少年ハンター(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「非力な二人の究極サバイバル」のコピーに惹かれて視聴

フィンランドの山奥でハンター試験中の13歳オスカリ(オンニ・トンミラ)の頭上に、アメリカ大統領ムーア(サミュエル・L・ジャクソン)を乗せた飛行機
>>続きを読む

愛人 ラマン(1992年製作の映画)

3.5

・1929年フランス領のインドシナ、中国人華僑で32歳無職の青年と貧乏の14歳女学生の恋
・二人の心情を丁寧に追う、過激な性描写の中にも極端な肌のアップなどフックとなる芸術的なショットがあるのが、ただ
>>続きを読む

イングリッド ネットストーカーの女(2017年製作の映画)

3.4

施設を出てから禁止されてたSNSを再開したイングリッド(オーブリー・プラザ)は心酔するほどファンになったテイラー(エリザベス・オルセン)に会うため彼女の住む地域へ引っ越す―
原題は「イングリッド西へ行
>>続きを読む

早熟のアイオワ(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

女優のロリ・ペティが自身の少女期の体験を監督脚本で映画化した2008年の作品。

大人が夜な夜な集まる゙ポーカーハウズと呼ばれる家で母と暮らすアグネス(ジェニファー・ローレンス)、ビー(ソフィア・ベ
>>続きを読む

スパイダー・シティ(2012年製作の映画)

2.6

ルイジアナ州で発生した地震により地底から殺人蜘蛛が大発生、ぐうたらツアーガイドのポールを筆頭にツアー客や家族と共に立ち向かう。

B級巨大生物のパニックムービーらしく、人物同士の頭の悪い会話、CG感満
>>続きを読む

透明人間(1992年製作の映画)

3.2

1987年の小説「透明人間の告白」をジョン・カーペンターが映画化した1992年のコメディ作品。放射線事故によって服を着たまま透明人間となったニック(チェビー・チェイス)が、政治利用をたくらむ組織から逃>>続きを読む

>|