nlmage

しあわせはどこにあるのnlmageのレビュー・感想・評価

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)
3.8
とある街の精神科医が、不幸だと一様に嘆く患者の話を聞いて、また、なかなか充実しない自分の生活を振り返り、幸せとは何かを探すために世界を旅するお話。

サイモン・ペッグ演ずる精神科医のヘクターですが、出だしの日常パートでは、神経質で亭主関白な男性(だって、朝食のドリンクサーブのタイミングからネクタイなどの身支度まで徹底して彼女任せ!)なのかと思いきや、旅を重ねる度にチャーミングで愉快なおじさんへと印象がガラッと変わっていきました。

アジア、アフリカなど何カ国か回るわけですが、各国の特色をカラフルで見ていて楽しかったです。

幸せってなんだろうか?

チベットの空で見た色鮮やかな旗
家族の温かな食卓で囲むサツマイモシチュー

幸せの格言も人さまざま。
Happiness is being loved who you are.
幸せとは、ありのままで愛されること

Avoiding Unhappiness…is not The Road to Happiness
不幸を避けるのが幸せへの道ではない

Listening is Loving
話を聞くことは愛すること

そして、誰にでも幸せになる義務がある。

なるほどねーと考えさせられるものから、思わず笑ってしまうものまで。
多様な信念、思想でもってみなさん日々暮らしているんですよね。

落ち込んだ時に見ると元気が貰えると思います!
ただ、軸がラブストーリーだったのが少し残念だったかな…。


原題は"Hector and the Search for Happiness" ですが、元はフランス小説の原作を基にしているようなので、機会があれば読んでみたいです。