しあわせはどこにあるの作品情報・感想・評価・動画配信

「しあわせはどこにある」に投稿された感想・評価

ここ

ここの感想・評価

3.2
旅行したくなる〜
幸せは自分が気づかないと、いつまでもあるとわからないのかも。
homaren

homarenの感想・評価

4.0
タイトルの通り、人生にとって幸せは何だろう?と改めて考えさせられた。
共感できる言葉もあり、幸せってやっぱり一番身近なところにある。
気持ちを穏やかにしてくれる映画でした。
幸せにも色々あると言いたいようで、実は一般的な認識の幸せを押し付けられているような気がしてあまり楽しめなかった
忙しく平凡な毎日を送っているとこうして旅に出たくなります。
ロザムンド・パイク、やっぱり綺麗ですね。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
順風だった精神科医ベクターがプライベートに仕事にちょっと行き詰まった時、幸せの定義を探す旅に出る展開で・・・あの『LIFE!』を彷彿させ、中国にチベットにアフリカにアメリカにと、やはりロードムービー仕立てとなると見ていて楽しくなる。

しかも漫画等の遊び心の演出もあり、あのサイモン・ペッグ主演で、対するロザムンド・パイクと共に実にファニーな感じで・・・さらにステラン・スカルスガルドにジャン・レノにトニ・コレットらの助演陣が次々現れ、思わずニンマリ。

そして、肝心の幸せの定義の数々も頷け、何だか得した余韻になった。

うん、個人的には上海にまた行きたくなりましたねぇ。
精神科医がしあわせ探しの旅に出かける
同時に自分を見つめ直す機会にも
ゆう

ゆうの感想・評価

3.8
精神科医のヘクター(サイモンペッグ)がしあわせの答えを求め旅に出かけるロードムービー

旅先で出会った様々な人達に幸せとは?と尋ね、ノートにメモを取っていく。
遠出しにくいコロナ禍の今、ちょっと旅した気分を味わえる素敵な映画でした。

幸せの定義は人それぞれで、その中でも「聞くことは愛すること」は刺さりました。相手を知ろうとしなければ、聞くことって意外と難しい。

"人はみな、幸せになる義務がある。"

旅先での出会いや出来事にクスッと笑えたり、ほっこりしたり、なんだかんだ憎めないキャラのサイモン・ペッグが可愛いです。
Juliet

Julietの感想・評価

3.6
いろんなところに、いけて、
いろんなひとにあえて、
そうして、
学んでいくんだなー

世界旅行の気分が
味わえる😊💐
joe

joeの感想・評価

3.8
名言出まくり
メモ取るの必死
どんだけ幸せなりたいねんとツッコミ入れて
まあ人は幸せになる義務があるから
名言盗むな
yotturn

yotturnの感想・評価

3.1
みんなが其々の形で其々の幸せを見つけましょう。
・listening is love
・誰もが幸せになる義務がある
>|