しあわせはどこにあるの作品情報・感想・評価

「しあわせはどこにある」に投稿された感想・評価

Elybruna

Elybrunaの感想・評価

3.0
セレンディピティ系。ブルー×イエローのIKEAカラーパッケージはついつい見がち。
porisuke

porisukeの感想・評価

3.8
旅に出たくなる映画。結構すき。
幸せってなんだろう。改めて自分も幸せについて考えてみた。
kiko

kikoの感想・評価

3.5
良かった。幸せの定義って人それぞれ。旅に出てわかることってあるものなぁ。ヘクターもこの旅を経験しなければ、ラストに繋がらなかったかも。新しい発見、新しい人との出会い、新しい体験ができる旅は確実に脳を活性化させてくれると思います。
Jack

Jackの感想・評価

3.5
患者の悩みを毎日聞いているうちに、何が幸せなのな分からなくなった精神科医が、中国、チベット、アフリカ、アメリカと世界中を旅して幸せとは何なのかを探しノートを埋めていく。

このレビューはネタバレを含みます

タンタンかっ!ペグ兄!

シリアスもアクションもコメディもラブストーリーも幅広くこなすペグ兄の魅力たっぷりの愛すべき作品(*^ω^)ノ

色んなペグ兄を堪能できて最高💕
終盤、ロザムンド・パイクに(電話を介して)本音を語るペグ兄が怖いくらい可愛い💕

英国~中国~チベット~アフリカ~アメリカを巡る波乱万丈な「ヘクターの幸せ探しの旅」はハッピーエンド💕
お子ちゃまだったヘクターもラストでちゃんと成長してたし良かったね~📣

当時のインタビューで、
ペグ兄自身は『家族と一緒なら僕は幸せを感じられる』と語っている。

500マークは愛しのペグ兄出演作品で。
個人的には主人公の考え方が凄く自分に似てて、わかるわかるって感じだった。

で、結果的には主人公と違うところで幸せを見つけられた気がする。

人それぞれの幸せがあって、しかもそれって時間とか環境によって常に変わるもので、
じゃあ幸せを探す意味ってなんなんだろう、
ってなって、
結局答えは見つからないんやけど、
個人的には割とすっきりかな^ ^
タカ

タカの感想・評価

3.6
しあわせ探しの旅をコメディタッチで描いた作品。
真新しい内容の映画ではないけど、軽い気持ちで楽しめる良作。
印象に残ったのは、
『ありのままの姿で愛されること』
mmmmm

mmmmmの感想・評価

4.0
こちらも職場近くのTUTAYAで発見!
早速サイモン・ペッグ様を堪能。

書籍の映画化とのことで、
人生とは…の名言が沢山。

個人的には中国の山脈で僧侶と幸せ探しについて話していた言葉が印象的。
AVOIDING
UNHAPPINESS
IS NOT THE ROAD
TO HAPPINESS
不幸を避けるのが幸福への道ではない

自分が避けている"何か"に向き合わなければしあわせにはなれないよ。

そうなんだよね。

今が嫌だからしあわせ探しをしているんだけど、でもそれをなんとかしなければどこへ行っても同じことは起こるんだ。
根本を変えないと。

自分にも言い聞かせながらうーん…と言葉を噛み締める。

他にも沢山いい言葉が出てきたので人生に迷った時にまた観るのも良いかと。
akane

akaneの感想・評価

3.7
幸せを探す旅は、幸せな旅ではなかった。幸せになる旅でもなかった。
幸せに必要な旅だったようだ。

わたし自身の幸せはどこにあるのだろうか。何をもってしあわせとするのだろうか。わたしにとってしあわせとは。
そんなことを自分にも問いかけながら観賞していたが、ちょっぴりヒントを貰えたような気がする。
しあわせになる義務があるのだと言うのなら、わたしも義務を果たそうじゃないか。

しあわせについて改めて考えることが出来た映画だった。
423

423の感想・評価

3.5
精神科医が行き詰まり、彼女を放置して幸せ探しの旅に出かけてしまう話。
スカイプを使う僧侶とアフリカで医師として活躍する旧友の存在が印象に残りました。
>|