しあわせはどこにあるの作品情報・感想・評価

しあわせはどこにある2014年製作の映画)

Hector and the Search for Happiness

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

幸せってなんだろう?どこにあるんだろう――?Google先生に聞いても分からない。答えをさがして、僕は旅に出た。精神科医として忙しく働き、ロンドンの素敵なフラットで美しいガールフレンドのクララ(ロザムンド・パイク)と暮らしていたヘクター(サイモン・ペッグ)の生活は一見、完璧だった。しかし、一向に幸せにならない患者たちへの忍耐力を失いつつあったヘクターは、自身の恋愛にも行き詰まっていた。ヘクターは…

幸せってなんだろう?どこにあるんだろう――?Google先生に聞いても分からない。答えをさがして、僕は旅に出た。精神科医として忙しく働き、ロンドンの素敵なフラットで美しいガールフレンドのクララ(ロザムンド・パイク)と暮らしていたヘクター(サイモン・ペッグ)の生活は一見、完璧だった。しかし、一向に幸せにならない患者たちへの忍耐力を失いつつあったヘクターは、自身の恋愛にも行き詰まっていた。ヘクターはずっと疑問を感じていた――自分の幸せも分からないのに、一体、どうやって患者を幸せにするんだ。幸せって、なんだろう…?一体、それは、どこにあるんだろう?答えを求めて、ヘクターは旅に出ることを決意する。イギリスを旅立ち、中国からチベット、アフリカ、そしてアメリカへ。ヘクターは旅先で、多くの人物に出会う。親切な人、危険な人、ただ幸せな人――彼は出会いの中で、気付いた幸せのヒントを手帳に書き記してゆく。中国では裕福なビジネスマン(ステラン・スカルスガルド)に出会い、魅惑的な若い女性(ミン・チャオ)に惹かれる。古い寺院では、ヘクターの悩みを面白がる老いた僧侶に出会う。アフリカでは親切な旧友(バリー・アトスマ)を訪ね、麻薬王(ジャン・レノ)に出くわし、さらにギャング団によって捕虜となる。ロサンゼルスでは、昔の恋人(トニ・コレット)と再会し、神経科学者である有名な幸福研究家(クリストファー・プラマー)からアドバイスを受ける。しかし、皮肉にも旅を続けるほどに、ヘクターはクララから遠くに離れて行くのだった。はたして旅の終わりにヘクターは、自分自身の愛と幸せを見つけ出すことができるのだろうか―?

「しあわせはどこにある」に投稿された感想・評価

Sweetie

Sweetieの感想・評価

3.1
幸せとは。

「幸せとはありのままの姿で愛されること」
「Listening is loving. 聞くことは愛」
「まるでオーロラだ。光の混ざり合い。これぞ幸せだ。」

ヘクター、少年っぽさがあって可愛かった。
もも

ももの感想・評価

4.0
夏休み50本計画#11
幸せを人生の目的とするんじゃなくて、幸せは"byproduct"であると考えるっていう先生の言葉になるほどと思った。
"Listening is Loving"って言葉も好き。ヘクターのノート全部見たいな〜!
tomohu

tomohuの感想・評価

4.1
物語ほど思い切った行動はできないけれど、日々小さいことで幸せは感じられるんだろうなぁと思えるような良い映画でした。

主役はまさにそうだったけど、笑顔で人の話をしっかり聞ける人はちゃんと幸せになれるんだろうなと思った。
ふち

ふちの感想・評価

4.1
この映画を観ると「今、自分は幸せ?」と自分自身も考えさせられます。
いろんな映画がありますが、観終わった後、鑑賞者に何か考える機会を与えることができる映画は良い映画だと思います。

"聞くことは愛すること"
今の私に響いた言葉でした。
Miki

Mikiの感想・評価

4.0
幸せの研究(旅)したい!
元気もらえるハピネスロードムービー!
an

anの感想・評価

3.5
そんなに気負わずに見られた。
幸せがテーマだけど重くなくて、
コミカルに軽く描かれていた。
みんと

みんとの感想・評価

3.9
まさしく観終わって幸せな気持ちになれる上質のロードムービー!

サクサクッとテンポ良く笑ったり泣いたり考えたり とてもメッセージ性の高い作品だった。


比較すると幸せは台無しになる

不幸を避けるのが幸福への道ではない

時として知りすぎないのが幸福である

幸せとはありのままの姿で愛される事

話を聞くことは愛を示すこと


たくさんの幸せを実感出来る自分でいよう。
テレビを点けると、大学の同級生がドラマに出ていた。彼が「踊るさんま御殿」に出ているのも何度か見た。連絡先を交換する仲ではなかったけれど、授業前によく話をした。今は俳優の卵なのかと感慨に浸る。彼の映画デビュー作は劇場に観に行こうと思った。

再びテレビを点ける。大学の同級生がまた出ていた。彼女は大学生の頃、テレ東の深夜帯にレギュラー番組をもっていた。英語の授業で一緒だった。淀みなく喋る人で、こちらに話す隙を与えない人だった。知名度はないけれど、苛烈な芸能界で無事に生き抜いているのだなと感動する。

「人は誰でも幸せになる能力がある。
 人は誰でも幸せになる権利がある。
 人は誰でも幸せになる義務がある。」

精神科医ヘクター(サイモン・ペッグ)のこの台詞が僕に、大学の同級生のことを思い出させた。卒業してはじめて、大学を懐かしく思った。

たぶん二人は、自分の幸せが芸能界にあると気づいたのだろう。そして、僕の幸せはどこにあるのだろうか。未だに探している途中だから、そう思うと、二人に少し嫉妬してしまった。
holaemir

holaemirの感想・評価

3.7
出演者はみんなすごい好き!!
好きなんだけど、映画自体はまあ、既視感があるかな。。。
ムー

ムーの感想・評価

3.6
ポップで明るく、主人公はサイモンペッグ以外考えられないような旅映画でした。

幸せの定義は人それぞれだが、
「人は幸せになる義務がある」は
真理だろうと思える映画でした。
>|