しあわせはどこにあるの作品情報・感想・評価

しあわせはどこにある2014年製作の映画)

Hector and the Search for Happiness

上映日:2015年06月13日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

幸せってなんだろう?どこにあるんだろう――?Google先生に聞いても分からない。答えをさがして、僕は旅に出た。精神科医として忙しく働き、ロンドンの素敵なフラットで美しいガールフレンドのクララ(ロザムンド・パイク)と暮らしていたヘクター(サイモン・ペッグ)の生活は一見、完璧だった。しかし、一向に幸せにならない患者たちへの忍耐力を失いつつあったヘクターは、自身の恋愛にも行き詰まっていた。ヘクターは…

幸せってなんだろう?どこにあるんだろう――?Google先生に聞いても分からない。答えをさがして、僕は旅に出た。精神科医として忙しく働き、ロンドンの素敵なフラットで美しいガールフレンドのクララ(ロザムンド・パイク)と暮らしていたヘクター(サイモン・ペッグ)の生活は一見、完璧だった。しかし、一向に幸せにならない患者たちへの忍耐力を失いつつあったヘクターは、自身の恋愛にも行き詰まっていた。ヘクターはずっと疑問を感じていた――自分の幸せも分からないのに、一体、どうやって患者を幸せにするんだ。幸せって、なんだろう…?一体、それは、どこにあるんだろう?答えを求めて、ヘクターは旅に出ることを決意する。イギリスを旅立ち、中国からチベット、アフリカ、そしてアメリカへ。ヘクターは旅先で、多くの人物に出会う。親切な人、危険な人、ただ幸せな人――彼は出会いの中で、気付いた幸せのヒントを手帳に書き記してゆく。中国では裕福なビジネスマン(ステラン・スカルスガルド)に出会い、魅惑的な若い女性(ミン・チャオ)に惹かれる。古い寺院では、ヘクターの悩みを面白がる老いた僧侶に出会う。アフリカでは親切な旧友(バリー・アトスマ)を訪ね、麻薬王(ジャン・レノ)に出くわし、さらにギャング団によって捕虜となる。ロサンゼルスでは、昔の恋人(トニ・コレット)と再会し、神経科学者である有名な幸福研究家(クリストファー・プラマー)からアドバイスを受ける。しかし、皮肉にも旅を続けるほどに、ヘクターはクララから遠くに離れて行くのだった。はたして旅の終わりにヘクターは、自分自身の愛と幸せを見つけ出すことができるのだろうか―?

「しあわせはどこにある」に投稿された感想・評価

seri

seriの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

クララおるのになんで中国の美女とええ感じなってんねんおいって腹たったけど、主人公がちょいちょいノートにかく名言ぽいの好きやった😌最後の脳の反応みるシーンでクララと電話してるとこは感動した。涙がちょろりだけでた。旅の中でいろんな人と出会って、その出会いから色んなことに繋がって、縁って大事やなと思いました。サツマイモのシチュー!!

Making Comparisons can Spoil Your Happiness🌞
こん

こんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

備忘*

比較することは幸せを台無しにする
幸せは、そのままの自分を愛されること
恐怖は、幸せの弊害となる
幸せとは盛大に祝うこと
聞くことは、愛することである
過去は懐かしい、だが戻らない

大人になると何ひとつうまくいかない
毎日が幸せを探す旅のようなのに追えば追うほど幸せは逃げていく
だから他のことをするのがいい
人と関わったり集中したり学んだり
すると副産物や副作用として幸せが味わえる
幸せ探しはほどほどにして味わうべきだ
何かを探すことの幸せを
HOHO

HOHOの感想・評価

3.9
しあわせってなんなんだろう。
経済発展を遂げたはずの日本が、世界的に見ても幸福感が相当低いという話を聞いた時、私は幸福感を規定するものは他者との比較だろう、と思った。
大学で幸福にまつわる社会学の講義を聞いていても、比較することでしか我々はしあわせを感じられないんじゃないか、とより考えるようになった。
でも違うかもしれない、絶対的なしあわせ、他者と比較しなくても感じるようなしあわせがあるのかもしれない、とこの映画は思わせてくれた。

恋人がいても、何不自由ない生活を送っていても、それをしあわせだと思わないと満たされない。この人生は様々な別れ道があり、不幸だと思わずいられていることですら奇跡的なことなのに、瑣末なことで嫌になってしまう。ヘクターの旅に出る決断は、そんな感情の積み重ねだと思うが、非常に共感できた。
旅に出る、それだけで人間は変わらないけど、しあわせへの飽くなき探求は、何かしら人生を見つめ直すヒントをくれるはずだ。
こぼ

こぼの感想・評価

3.5
精神科医の中年男性が、幸せとは何かを探すために、中国,アフリカ,LAに旅に出る話。

映画の雰囲気が好き。邦題通りの内容で
色々な幸せを知れた。主人公がメモしてたノートが欲しい。。5.18
MoekoTamou

MoekoTamouの感想・評価

4.5
旅は大切なものを教えてくれる
listening is loving
Everyone has a obligation of happiness
ノートに記された言葉が、なるほど〜たしかにそうかも〜と思った!幸せは副作用であり、悲しみと恐怖も含めて幸せ。辛いことがあっても幸せの一つだと思って頑張ろ〜!
現実に生きることが大切だけども、現実逃避するために旅行したい!
AYUMIS

AYUMISの感想・評価

3.0
もともとチベット行きたさもあって、チベットのシーンが好きでした。

しあわせの見つけ方は人それぞれ。
FR

FRの感想・評価

3.1
自分を探す旅というよりは、明日を探す旅。
というのはアフリカ行くチケットを買う時の所作に出ている。
しかしその勇気が羨ましい。
実際こんな人はたくさんいるようだけど。
うーむこれを観たら一人で旅に出たくなる。
毎日の生活の中のしがらみや不安やストレスや携帯を放り投げて。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
2018/05/16

勝手にとても期待してたので、正直期待を上回ることはなかったんだけど、旅する作品とかロードムービー系が好きなのでまあまあよかった。
旅に行ってからもいいんだけど、旅に行く前の、今の生活が幸せかどうかわからなくて、幸せって何なんだよ…と、苦しくなって、人の悩みだったり幸せに過ごすことについて患者を先導する自分が実はいちばん危ういところにいるところの表現がなんだかとてもよかったなあ。医者でも先生でも人は人なんだっていうのが如実にわかる。
旅に行ってからのシーンでは、いちばん チベットの先導者のおじいちゃんとのやりとりが好き。
結局人間はその渦中を抜け出して、客観的だったり相対的でしかしあわせを測れないものなのかなあ。測れないというか、しあわせの中にいるとそれがどれだけ尊いかわからないんだろうな。
同じ生活を続けていても、少しの工夫や気の持ちようでしあわせはどんどん見つかるんだと思った。

以下印象に残ったセリフ抜粋。

・比較すると幸せは台無しになる。

・不幸を避けることが幸せへの道ではない

・まるで毎日が幸せを追う旅のようだ。なのに追えば追うほど幸せは逃げていく。だから他のことをするのが良い。人とかかわったり集中したり学んだり、ダンスでもいい。すると副産物や副作用として幸せが味わえる。そうとも幸せ探しはほどほどにして味わうべきだ、何かを探すことの幸せを。

amazonプライム
しあわせ探しの旅の話。
最後はほっこり幸せな気持ちになれた。

途中アフリカで会った麻薬の売人が家族が幸せではないから、自分が幸せな訳がない。と言っていて、しみじみそうだなと思った。
自分自身のことも大事だけど、やっぱり家族が大事。
>|