カモメ

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLDのカモメのレビュー・感想・評価

2.5
リヴァイの名前を変えてシキシマにした事は最後の良心。

ここまで清々しいほどのB級ストーリー具合だと逆に好き。
前編よりぶっ飛んでいて好き。
悪役がザ・悪役!!!って感じ。
エンドロール前のラストシーンは結構好き。エンドロール後のシーンは完全に蛇足。

正直なところ『鋼の錬金術師』より断然好感が持てる。
結果的に酷評ばかりになってしまっていますが、監督の「俺の映画を見せてやるぜ!」感は伝わってきます。

それにしても壁に空いた穴を塞ぐために、上部を爆破してその破片を使うなんて、破片がなだらかな山状になってしまえば、巨人は登ってくるし、修復だって困難を極めるのに、今作では唯一の解決策みたいになっているのはなぜでしょう。

やっぱり「登場人物を和名にして日本が舞台と言い切って『進撃の巨人』を作った方が良かったんじゃないの?」と思います。
前作で出てきた過去の遺物の謎も解明されますが、それでも壁を築いて引きこもる必然性には欠けるかなぁ……。