進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLDの作品情報・感想・評価

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:87分

2.3

あらすじ

超大型巨人によって破壊された壁の穴を修復すべく、外壁修復作戦に出発したエレン達であったが、巨人の急襲で窮地に陥ってしまう。 調査兵団を率いる“人類最強の男”シキシマによってその危機を免れるが、巨人は侵攻の手を緩めない。 そんな中、手負いとなったエレンは、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまう−。 誰もが絶望しかけたその時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人達を駆逐し始めたのだった。…

超大型巨人によって破壊された壁の穴を修復すべく、外壁修復作戦に出発したエレン達であったが、巨人の急襲で窮地に陥ってしまう。 調査兵団を率いる“人類最強の男”シキシマによってその危機を免れるが、巨人は侵攻の手を緩めない。 そんな中、手負いとなったエレンは、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまう−。 誰もが絶望しかけたその時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人達を駆逐し始めたのだった。 「この作戦に失敗したら、それで人類は終わる」 巨人はなぜ現れたのか。人類はなぜ戦うのか−。今、人類最後の反撃が始まる。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD」に投稿された感想・評価

えく

えくの感想・評価

1.6
あんだけ見たいって言ってた海が壁の上に立っただけで観れたのは面白かった
aya

ayaの感想・評価

2.7
前編観たのでこれも子ども鑑賞。
やっぱり石原さとみ良い。笑
akM2

akM2の感想・評価

1.3
原作は読んだことはなく前編は面白くもなく
後編の前半は期待できる展開かな?と思いきや
結局の所イマイチな作品でした。

ラストの石原さとみのブッ飛び演技が良かったぐらいですね。

2018#100
石原さとみが叫ぶたび笑っちゃう(笑)
全力すぎるよぉ🤣(笑)

これはこおゆうストーリーで、原作とは違う物と思っておくことにしよう。うん。
実写版進撃の巨人の2作目だよ( ・ω・)面白くなかったあぁ!演出展開がクソ過ぎて凹むわ~役者さんは頑張ってると思うけどね!

酷評オブザワールド

大ヒット漫画の実写二部作の後編。
ヒトと巨人両方の性質をもつ主人公エレンは世界の救世主かはたまた破壊者か。

たまの休みに映画館に行ってこの映画を引いたならそら言いたいことは出てきそうですが
僕個人はなんやかんや楽しめました

中盤までの原作にない人間ドラマで入り乱れて行く関係図にはワクワクしましたし
主要巨人のCGも迫力があって楽しかったです

ただ前編でも思ったんですがアクションのテンポは好みではなかったので
鑑賞後「この監督だったらどう撮ったのだろ」とぼんやりしたチルタイムを過ごしました。

映画の捉え方、というか
レビューの見え方について考えられた一本です。
進撃よ、お前もか…。

人気コミック原作を実写映画化して
失敗に終わる事例が
またしても生まれてしまいましたね。

特にこの続編は
原作へのリスペクトも全く感じられず
あれもこれもいじりまくった末の
お粗末な作品。

そりゃ酷評で炎上するわな。

唯一評価に値するのは
石原さとみの新たな演技の幅か
m

mの感想・評価

1.3
流し見してたんだけど意味わからんかった!あれ?なにこれ?なんか物語に進展あったの?長谷川博己もっとサイコパスくれ〜
poco

pocoの感想・評価

1.5
記録。

当時映画館で4DXで鑑賞。
前編に比べ、こちらは4DXの意味あるのかと言うほど迫力がなかった。
超大型巨人の正体お前かよってもう酷すぎるし、見てるこっちが恥ずかしくなった、、笑
エンドロールの後のラストだけはこういう終わり方もありかなーとは思ったけど。
前評判というか前作と変わらず酷評!!
特撮というかCGの技術としてはすごいし革新的だとは思うんだけどあまりにも残念
キャラクターに関してはどうしようもないし前作のときも言ったししょうがないけど白い部屋のシーンのとか
最後は巨人勢ぞろいで大戦闘!!

まぁ漫画の方も完結してないし世界観とかデカいから難しいだとおもうし
間違いなく大失敗作だわ
>|