進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLDの作品情報・感想・評価

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:87分

2.4

あらすじ

超大型巨人によって破壊された壁の穴を修復すべく、外壁修復作戦に出発したエレン達であったが、巨人の急襲で窮地に陥ってしまう。 調査兵団を率いる“人類最強の男”シキシマによってその危機を免れるが、巨人は侵攻の手を緩めない。 そんな中、手負いとなったエレンは、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまう−。 誰もが絶望しかけたその時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人達を駆逐し始めたのだった。 「こ…

超大型巨人によって破壊された壁の穴を修復すべく、外壁修復作戦に出発したエレン達であったが、巨人の急襲で窮地に陥ってしまう。 調査兵団を率いる“人類最強の男”シキシマによってその危機を免れるが、巨人は侵攻の手を緩めない。 そんな中、手負いとなったエレンは、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまう−。 誰もが絶望しかけたその時、謎の黒髪の巨人が出現し、他の巨人達を駆逐し始めたのだった。 「この作戦に失敗したら、それで人類は終わる」 巨人はなぜ現れたのか。人類はなぜ戦うのか−。今、人類最後の反撃が始まる。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD」に投稿された感想・評価

くぅー

くぅーの感想・評価

3.6
my2015映画館#77》 原作未読鑑賞者としてはエンドロール後の映像のおかげで、逆にいろいろと考えちまった…と言うか、エレンが作るであろう新しい世界を見せてないので、まだ終わった気がしない。
そんな後編はスケール的にはやはりスクリーンで見るべきで、超巨人達のバトルには満足できたが…人間達のアクションが弱くなり、不完全燃焼。
まぁ、いろいろとネタばらしがあり、矛盾と葛藤にはそれなりに納得し、いろんな過去作の影響にもニヤリとはできたが。
吹っ切れまくりの石原さとみが面白かった。
最後、ミカサがエレンを助けるシーンは幻想的に見えて良かったです。
総合的にはつまらない作品だと思います。
でも、長谷川博己と國村隼はいい役者っぷりでした。
Arisa

Arisaの感想・評価

1.7
進撃の巨人のアニメや漫画のストーリーや
キャラの関係性とかが好きだったからこそなのか
映画見てて違和感がすごいし
色々めちゃくちゃ。
話の切り替えとか雑すぎだよ。
俺ならこの設定でもっとつまらない話を作れるぞ!という気概を感じた
narumiya

narumiyaの感想・評価

1.0
とりあえず流れで前後編観ました。ひとまずミカサの扱いが酷い、昼ドラのヒロインかと。シキシマもまぁまぁまぁ…。最後も分かりきった終わり方。特にどんでん返しも無し。
べすお

べすおの感想・評価

1.4
映画館で見ないし、レンタルでも借りないだろうなと思って、飛行機で観賞。やっぱり借りないなと思った。
草彅剛とかKREVAとか出ててびっくりした♪ 内容はなんか原作と違ってうすーい
Takaku

Takakuの感想・評価

2.9
4作品目
絶対にやっちゃいけない人同士のラブシーン。
それ以外は良かった気がした。
決して良作とは言えない前編以上に諸々ひどくなっていてクソ映画祭には大変ふさわしい出来であった!笑

オチや巨人の真相も全く自分の想像を超えるものではなかったし、とにかく話のスケールがしょぼすぎるので死んだ仲間に対しこんなカタチで心臓捧げていいのかよ……感しかわかなかった。
ラストあたりは必見!ぜひともいろんな人に見てもらいたいですw
>|