イチロヲ

タイム・アバンチュール 絶頂5秒前のイチロヲのレビュー・感想・評価

3.2
1986年から2001年へとタイムスリップしてきた女性が、図らずも未来世界の近親者たちと出会ってしまう。2008年度「おくりびと」でアカデミー賞を獲得した滝田洋二郎監督がロマンポルノ時代に製作したSFコメディ。

2001年の東京が第2次関東大震災のため退廃しているという設定。当時の有り物だけで近未来的な小道具が作られており、低予算で頑張って拵えた、チープな2001年像がとにかく面白い。星新一ショートショートのエロバージョンという感覚で楽しめばオッケー。

セックスシーンでは、転送装置内で透明ガラスにパイオツを押し付けるショットがかなり良い。シースルーのパンティ越しにヘアが見えるのは、ヘア解禁前の当時からすれば、さぞかし刺激的だったことだろう。

70年代のロマンポルノから段階的に追ってくると、女優の魅力の低下をどうしても感じてしまうのが辛いところだが、アダルトビデオの普及やバブル期の到来といった時流に乗りつつも、奇抜なストーリー展開で何とかして差別化を図ろうとしているのはよく分かる。