イチロヲ

タイム・アバンチュール 絶頂5秒前のイチロヲのレビュー・感想・評価

3.8
1986年から2001年へとタイムスリップしてきた女性(田中こずえ)が、図らずも未来世界の近親者たちと出会ってしまう。下請け作品で活躍していた滝田洋二郎監督が日活スタジオで初仕事をしている、SFコメディ路線のロマンポルノ。

第2次関東大震災のため退廃した東京が舞台。近未来をテーマにした舞台セットが有り物で作られており、チープな2001年像が珍妙な味わいを醸し出している。星新一ショートショートのエロバージョンという感覚で楽しめばオッケー。

登場人物では、滝田監督の盟友・螢雪次朗が私立探偵の役回りを好演。人気絶頂のAVアイドル・木築沙絵子も顔を出す。転送装置内の濡れ場では、透明ガラスにパイオツを押し付けるショットが芸術的。

ロマンポルノ衰退期の作品だが、アダルトビデオの普及やバブル期の到来といった時流に乗りつつ、奇抜なアイデアで何とかして延命を図ろうとしているのが、ひしひしと伝わってくる。滝田洋二郎監督の鬼才ぶりにサムズアップ。