kirito

脳内ポイズンベリーのkiritoのレビュー・感想・評価

脳内ポイズンベリー(2015年製作の映画)
3.5
【え、なにこれwインサイドヘッドw?】

ちょっとこれ良作だったのでテンションあげてレビューいきます*\(^o^)/*
(追記→映画独自というより観た環境と自分を具現化した登場人物がいたから楽しめたのかも??)

あのね。この映画本当すごいです。
色んな人と語り合いたい!
邦画でこんな作品をだすとは。
オススメの観方はなるべく4.5人とかで男女が揃った状態で観るといいと思います。
リアルな男女の考え方の違いがわかりますw


私は女の子の友達と一緒に観ました。
そして、映画中にかなり議論になりました!


これはコメディを含んだ人間ドラマ!
笑えて最後は真面目になります!
その点で不思議な映画でした!

……………………………

ってことでレビューいきます*\(^o^)/*

まず、
真木よう子の【乳が盛大に揺れるシーン】から始まる!これ必見!←


でも、そのシーンを忘れるくらい脚本が凄かったです!(※あくまで個人の感想です)
ここだけでもみる価値あり!


この映画は…
櫻井いちこの恋愛を描くのだが、何が凄いって彼女の脳内の会議が凄いのだ!
何かをアクションする前に脳内の会議シーンが映りここで会議が行われる。
下の5人のテンションがとりあえずおかしいので必見!笑える!


【人は誰でも頭の中に会議室を持っている】というのがキャッチコピー。
あれ?どっかで聞いたぞ?
あーインサイドヘッドだw
(この映画観たことないけど)

結構この会議シーン笑えるw
オヌヌメ!オヌヌメ!本当に!
(インサイドヘッドがイマイチだった人も是非!)


そして豪華キャストでお送りする今作。
画面が豪華w!


吉田(理性)→西島秀俊(イケメンは正義)
石橋(ポジディブ)→神木隆之介(天才)
池田(ネガティブ)→吉田羊(かなり好き)
ハトコ(衝動)→桜田ひより(知らない)
岸(記憶)→浅野和之(地味に好き)



でだ、相手の男の早乙女。
マジでクソすぎる。
まず顔が『無理無理無理〜っ(°_°)』て10回は観ながら叫んだ。
演技が下手ってことがまず一番なんだけどもw(慶応ボーイだとか違うとか)

この男が本当にクソで。
部屋汚いし、夫がいる妻に手を出して家庭壊しちゃうし、ニートだし。
→でも、一緒にみた友達は→わかる!幸せにならないってわかってるのに好きになっちゃうんだよ〜と興奮。
(私は、ないわ〜ないわ〜ってずっと言ってました。マジで理解できないのね。そういうの。)


そして、私を具現化したかのような男、越智さん。
この人、一押し!顔もイケメンじゃないのがポイント!←

基本的にわかる!わかる!(いきなりキスしちゃうのとかは同意しかねるけども!)
とにかく、めっちゃわかる!
この【いい人どまりで恋愛対象にはされません感!!】ワロタw
激しく同意しすぎて、無駄に興奮w
(で、友達には謝られました。その理由は『いい人だからこそ、もっと他のいい人と幸せになってもらいたい』とのこと。『だから私は早乙女に行く!』と興奮しだした。わかった。もう好きにしてくれ笑)


とにかく、映画の中だけでなく画面の前で2人の熱い論議が繰り広げられました。
終始お互いが
『わかるわかる!』
『いやーそれはないわー』
『西島さんイケメンだな』
とかめっちゃ喋りながら視聴。

こういう映画のみかたは久しぶりだったなぁ〜


本当に色んな見解があると思うので、色んな人の意見が聞きたいです!
こんな映画があるんだなぁー


脚本は『失恋ショコラティエ』の人です!
なるほど。上手い作品描くなぁ〜


貴方は誰派?
映画観た方はレビュー上げてくださいね\(//∇//)\


名言
『自分は誰が好きかより、誰といる自分が好きか。』


最後は2人で
『おおぉ』となりました(^_^*)

ただ、笑はあるけど、観終わった後はどっと疲れた…頭使うからかな?
(いや、喋りすぎだよjk ←)



〜おまけ〜
この監督ストロベリーナイトの人で次の作品これ。
どんだけイチゴすきなんだよっ!

2015.11.29