kiritoさんの映画レビュー・感想・評価

kirito

kirito

映画(2794)
ドラマ(123)
アニメ(0)

オールド(2021年製作の映画)

3.8

【手紙】

脱出不能な空間だけでなく、そこに「老い」という生物が絶対に逃げることのできない絶対不可侵な事象を混ぜ込んだスリラー映画。

これまでも「脱出不能」系は散々描かれてきたが、大自然しかもビーチ
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.8

【48時間~愛(AI)はゲームを救う~】

いつも通りの朝、いつもどおりの銀行強盗・・・それが彼にとっての「日常」
ゲームの「モブキャラ」が主人公となったとき、世界はゲームはどう変わるのかを描いたハ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.1

【バラ】

曲はよかった・・・曲は

細田守監督最新作。
「仮想世界なら人生をやりなおすことができる」という仮想世界のもう一人の自分をテーマにおいた、主人公の成長譚。

つくりとしてはとてもシン
>>続きを読む

免田栄 獄中の生(1993年製作の映画)

3.5

【手紙】

<死刑制度はなくすべきか・残すべきか>
ある種の永遠のテーマ。

初めて再審決定を得た免田栄に迫るドキュメンタリー映画。
冤罪でつかまり34年6カ月という人生の3分の1を牢獄で過ごした
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.8

【家族】

延期に延期を重ねた本作。
久しぶりの大画面で「MARVEL」のロゴをみるだけで涙がでた。
安定の時間を感じさせないつくりで、満足感がすごかった。

ブラックウィドウの過去をひも解きつつ
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.3

【抗争】

OLのドロドロした(?)世界観を、クローズよろしく女性版ヤンキー抗争に変換させたおふざけ映画。
脚本はバカリズムで、劇中の何回かの登場シーンからも楽しんで撮影していることが伺える。
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.8


【アリクイ】

「もしかして…ぼくたち(わたしたち)入れ替わってるーー???」
♪やっとー目をさまーしたかーい?

おじさんの殺人鬼⇄女子高生
一見交わることのない二人が「伝説の刃物」を通じて入れ替
>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.3

【ジャパニーズ ブレット】

わずか3日で興行収入22億というのだから(あの世界がエンドゲーム祭りのときでさえ日本はコナン君だったのだから)、この少年の人気は確かにすごいものがある。
鬼滅の刃では「
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.8

【栄枯盛衰】

近年のヤクザを描いた映画といえば東海テレビの傑作ドキュメンタリー「ヤクザと憲法」がまず浮かぶ。この映画を観た人は機会あれば観てほしい一品。

擬似的な「家族」として生活を共にし、仁義と
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.4

【等価交換】

はっきり言えば話としては厚みもなく面白くはない。
が…久しぶりに娯楽作品を大画面で観るという点、脚本にケチをつけず、ガルさんの美脚を堪能するという点では十分及第点といったところ。
>>続きを読む

ラバー(2010年製作の映画)

3.3

【理由はない】

ETはなぜ茶色なのか、人を殺した後になぜ手を洗わないのか。
「多くの映画の重要な要素」には「理由がない」と第3の壁を超えて視聴者に問いかけ、この映画はそこへのオマージュだと言い口火を
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

2.9

【12時7分】

レビューで「グルートのお父さん」って書いてて笑ったw
めちゃくちゃ声がリーアムニーソンでもはや彼の顔が浮かんだ(キムタと同じ現象)

子供から大人へと少しづつ変わっていく思春期。
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.5

【あの彼女は…もういない】

あー最近の若者(風刺の)映画だなという印象。
「何者」に似てるなと思ったし、おんなじように感じた方もちらほらいたみたい。

2人で大学サークル「モアイ」を立ち上げた楓と寿
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

3.8

【隕石】

「のび太の恐竜」のようなプロットを軸に改変を加えた映画。
のび太がある日恐竜博で拾った卵から双子のミューとキューが誕生し、それをもとの世界に返しに行く物語。

心は優しくも勉強も体育も苦手
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

3.9

【水彩画】

♪やっちゃえば、やっちゃえば、やっちゃえやっちゃえ、やっちゃえば♪

大きなお友達の年齢になってから、しんちゃんの映画を映画館で観ることになるとは思わなかった。
2019年から今年の5月
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.7

【赤いパンツ】

今年劇場で一番笑う映画はもしかしたら本作かもしれない・・・
売れない脚本家でセックスのことばかり考えている超ダメンズの夫と、口が悪く勝気な妻が織りなす家族の再生物語。

演技派の濱田
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.3

【主義】

体の逆行はあるにしても言葉はご丁寧に逆行しないのはなぜなのか・・・

マスクをつけるときと付けないときの差はなんなのか・・・

ネタ晴らしありの中盤以降は加速度的に面白くなるのかと思いきや
>>続きを読む

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

4.1

【天才】

欅坂46は2017年の紅白歌合戦の「不協和音」のパフォーマンスとその後のメンバーが倒れる騒動により一躍お茶の間に認知された。その後2019年にも「不協和音」にリベンジし、無事に圧巻のパフォ
>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.5

【母の愛】

録画してたこの映画。
基本的には予定調和だし、予想を反してくることはほとんどない。
感動ポルノと言われればそうかもしれないけど、やはり母の愛の強さには心を打たれる。

八丈島という小さく
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.7

【消失】

お久しぶりです。
実は7月9日は自分のFilmarksを始めた日で、本日で5周年なのでした👏👏👏
5年間色んな映画観てきたなぁ…
なぜか毎年この時期映画から離れてることが多くて忘れがちなの
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.1

【愛にできることはまだあるかい?】

正直、「レディバード」も嫌いだったし、シネフィルが好きな類の映画でしょ絶対苦手だわと思ってたのだけれども、めちゃくちゃよかった。
久しぶりに映像観てるだけで自然
>>続きを読む

鍵 THE KEY(1997年製作の映画)

3.2

【間接的交換日記】

性欲の衰えてきた美術教授の安西が、後妻の名器の持主郁子に自分の日記を盗み読みさせることで、性欲を掻き立てようとするド変態映画。
正直、それ全然性欲衰えてないのでは・・・という変
>>続きを読む

007/私を愛したスパイ(1977年製作の映画)

3.8

【運命】

007シリーズ第10作目。
ムーアボンド最高の映画とファンからは評価されていてアクションとロマンスのバランスがよい。
監督は日本が震撼した「007は二度死ぬ」のルイス・ギルバート。
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.2

【家族】

1979年、シングルマザーのドロシアとその息子ジェイミー、そしてその二人とルームシェアする面々の日常を描いたオサレ映画。The・A24という印象。

ドロシアが父親がいないことを危惧し、住
>>続きを読む

二つの窓(2016年製作の映画)

3.0

【自殺】

ヘルムトと隣人ワルターの話。

ヘルムトが窓から飛び降りようとするとワルターが止めに来る。
「君をみて安心していた」

隣の芝は青く見えたり、自分がないものを持っているものは羨ましく思える
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと 特別編集版(2000年製作の映画)

2.9


当時はあまり好きじゃなかったが、たくさんの映画に触れて成長したいま、また見返したい。

のちれびゅ。

過去鑑賞

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

4.1

【自由】

リュックベッソンの新作は大大大好きなスパイ映画。
1990年、KGBによって育てられた美女のスパイ・アナとアメリカのCIAの捜査官との攻防戦。
※もちろんネタバレはしないのだけどもあんま
>>続きを読む

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生(2016年製作の映画)

3.2

【家出】

映画ドラえもん第36弾。終わりが見えてきた・・・
「のび太の日本誕生」のリメイク。

ドラえもん・のびた・しずか・ジャイアン・スネ夫全員が家族の締め付けに耐え切れず家出をする話。
しか
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.3

【本当のお・く・り・も・の♡】

新居に引っ越してきたサイモンとロビンの夫婦のもとに、夫の同級生を名乗る男・ゴードが現れる。彼は事ある毎にプレゼントを置いていくのだが・・

監督がジョエル・エドガ
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/おどるポケモンひみつ基地(2003年製作の映画)

2.5


「七夜の願い星ジラーチ」との同時上映。

本編以降しばらく短編映画がなくなる。

ポルカ・オドルカは今でも耳に残っている。パパイヤ鈴木の振り付け。

過去鑑賞

Pip(原題)(2018年製作の映画)

3.8

【マント】

4分で感動できるのでめちゃおすすめ。

盲導犬になりたい子犬のpipのお話。
少しドジで、なかなか訓練がうまくいかないpip。
試験の日でもミスしてしまい、学校を出ていくことになる。
>>続きを読む

ベルリンの壁(2009年製作の映画)

2.9

【想い】

妻が亡くなったことで公有地に壁を作り始めたお爺ちゃん。
付近に住む住民たちの移民の問題からそれは「ベルリンの壁」ではという問題提起が波紋を呼び賛成派と反対派に分かれていく。

主人公のおじ
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 完全版(1998年製作の映画)

4.3



ポケモン映画の原点にして最高傑作。
これを超える映画は2020年現在まだ出てきていない。


過去鑑賞

博士の愛した数式(2005年製作の映画)

3.2

【ルート】

中学校の教師のルートが数学の授業で話をしながら、博士との思い出を回想していく話。

交通事故により80分しか記憶のもたなくなった元数学者の博士とその家政婦・息子。

数学用語や偉人
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/ピカ★ピカ星空キャンプ(2002年製作の映画)

2.8


「水の都の護神ラティオスとラティアス」の同時上映。

当時の新キャラとして、ソーナノ、バルビート、イルミーゼが登場した。

過去鑑賞。

>|