kiritoさんの映画レビュー・感想・評価

kirito

kirito

kiritoをフォローしますか?
○する
◉しない(推奨)

ぶっちゃけ僕の感想文は読む価値無いと思います。というか、今はほぼ記録として使ってます。
あとタイムライン荒らします。
何本みても007こそ至高の映画。異論は認めない。

#Filmarks的常識人!
のタグを使用。
開始日:2015.7.9

ドリーム(2016年製作の映画)

4.1

【チョーク】

白人と黒人、男性と女性。
産まれながらにして変えることのできない部分。
けれども歴史は残酷で、日本でも海外でも多くの差別の歴史を積み重ねてきた。

この映画は、NASAで働いていた黒人
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.2

【破壊と再生】

割と冒頭からアクションありで、基本的には初見者でも楽しめる構造になっている。

けれども待って欲しい。
あのラストはなんなんだ。
クッソ笑うんだが(笑うとは言ってない)

人間のひと
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

【謀略】

忙しかったので、久しぶりに映画館にきた。
約1ヶ月半ぶり。
何を見ようかと迷ったけど、とりあえず好きなシリーズだったこれをチョイスしてみた。

最終章という名に相応しいかはともかくとして、
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.5

【ばーちゃんは強い】

個人的にはパリの方が笑えたなー
これも面白かったけど、あっちの方が腹抱えて笑った。

友達と、いやパリピと世界の果てまで行ってQして、先住民とかに絡まれる話。


安定のビデオ
>>続きを読む

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

3.1

【謎のタワーマンション】

結論から言います。
トムヒのスーツ姿及び裸体を堪能する映画でした まる

むむ。確かにこの姿を見ると次期ボンドでもいいかも。悔しい。


内容面としては、、、なかなかカオス
>>続きを読む

恋空(2007年製作の映画)

2.5

【金髪春馬くん】

ぶっちゃけガッキーよりも香里奈派という少数派。
レイプを指示した女の子の髪切っちゃうとか犯罪だけどクソかっこよかった。


恋愛×死というテーマの映画の代名詞と化している本作。
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.0

【決戦】

とりあえず長い。
のと、インド映画特有の音楽が集中を途切れさせる。

300を彷彿とさせる古典的な肉弾戦。
確かに見応えはあるのだが、どうも顔が同じに見えるので主人公が時より見分けがつかな
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.1

【土下座には向こう側の世界がある】

謝罪屋というただ、謝ること、謝らせることを生業とする職業。
その職業が、国家の危機を招く…

5話ぐらいのオムニバス形式なのだが、ちょっと話が繋がってたり面白い。
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.6

【3】

この世はゾンビの世界になってしまうのか?
そういえば最近アメリカでゾンビ化する麻薬がはやってるそうです。
日本に来るかと思うと怖いですな。

ゾンビに支配されたアメリカの世界の話。

わろた
>>続きを読む

2012(2009年製作の映画)

3.0

【津波】

90分くらいだろうと思って手に取ったらまさかの158分www
くそなげぇぇぇ。


太陽フレアや地殻変動、いわゆるディザスタームービーでこの時間となると若干あきる。

いつかくる地球の週末
>>続きを読む

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.2

【16歳の妊婦】

16で妊娠してしまった女の子の話。
中絶をするか、養子にだすか。

若い頃の妊娠って日本ではあのドラマの影響もあってよく見られない。
でもこのジュノの両親は、事実を知った上で受け止
>>続きを読む

フル・モンティ(1997年製作の映画)

3.1

【フリチ◯】

前科もあり、職を失い、妻には去られ、さらには子供にも愛想をつかされそうな状況。
そんな崖っぷちのダメダメ男が人生逆転をかけてストリッパーにかける!

人生逆転の鍵は裸にあった??

>>続きを読む

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.2

【透明感】

死んだはずの最愛の妻が雨の降る6週間、もう一度家族に会いにくる話。

現実には起こりえない現象ではあるものの、安定の別れの物語でもあり、わかってはいてもぐっとくるものがある。

特にケー
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.2

【波乱のクリスマス】

こんなかわいい顔したファービーみたいなやつが悪さするのかと思ったら、こいつから産まれてくる凶悪な顔のモンスターが犯人だった。

〜注意点〜
日を浴びせるな
水をかけるな
夜に餌
>>続きを読む

ペコロスの母に会いに行く(2013年製作の映画)

3.0

【認知症】

絶対泣けそう!と思ってたのだが、思ってたのとちょっと違った。

ハゲのおっちゃんがその認知症である母親の看病をしていく話。

なぜかこの映画めちゃくちゃハゲを弄る。
母親が息子であること
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.0

【揺れる】

最初の男たちの夜歩く横並びのシーンが最高にカッコよかった。

恋と任務に揺れる工作員ニキータ。

ジャンレノの圧倒的存在感で、主人公が霞み出すという事実。

大事なとこで任務が入って来た
>>続きを読む

殺人の告白(2012年製作の映画)

3.1

【ジャージャー麺】

これネタバレ知っちゃったら日本版は楽しめるのだろうかと…急に心配になった。
一応韓国と日本とでお国柄が出た話に仕上がっているらしいが、キモの部分を知ってるか否かは大きい気がする。
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

2.8

【孤独】

なんというか、これなんで映画にしようと思ったのだろう。一応実話らしいけど。
冒頭の20分くらいで腕が挟まれてから長い長い。
こんなにも話が広がらない映画があるのかと。

確かに、こんな状況
>>続きを読む

さくらん(2007年製作の映画)

2.5

【妖麗】

正直8月の鯨というバーのメニューになければ、その存在さえ知らなかった作品。
意外にも1万越えマークと自分の無知さを改めて痛感する。


吉原の話なのだが、どう考えても『吉原炎上』の方がハラ
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

2.7

【小人どこへいく…】

外見上、体の大きさ以外は人間にしか見えない何者かは大きな巨人のことを『人間』と呼んだ。
その違和感がなんとも不思議である。

この何者かを小人と定義するとして、この映画では小人
>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

3.6

【UP】

原題はこんなシンプルなものってのは知らなかったし、全く想像してた話じゃなくて驚いた。

最初の10分くらいのサイレント早送りお爺ちゃんの過去の話が最高に良かった。

お婆ちゃんとの夢を叶え
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

2.8

【画竜点睛】

弱冠20歳で芥川賞を受賞。
この本が賞を受賞したときかなり話題になったけど、これ本で読んだらもっと楽しめるのだろうか。

たまにいく渋谷の街にも実際こんな裏の世界があるんだろうな。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.3

【DEAD OR ALIVE】

友人の結婚式のついでに大阪のエキスポシティに立ち寄り、高さ18m×横幅26mの巨大スクリーンに最新鋭の4Kツインレイザープロジェクターによる映像が使われている次世代I
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.8

【夢物語】

夢が犯されていく…

初めてこの今敏監督の作品をみた。
いまから全部初見で見れるのは羨ましいと色んな人に言われ続けて1年くらいたった。

この監督さんはいっつもこんな世界観なのだろうか?
>>続きを読む

人生、サイコー!(2013年製作の映画)

3.6

【マスターペーター】

若い頃した693回の精子提供によって533人の父親になってしまった中年の男。
142人の子供たちが身元開示の請求を求めていて…

533人も自分の子孫が残ると考えれば凄いこと?
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.9

【それが〜(それが〜)僕の〜(僕の〜)アイデンティティ〜】

『あの日、大雨が降った日。それはまるで』
『まるで、夢の物語のように、ただひたすらに』
『不思議な話だった、、、』

なんでみんな携帯もっ
>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

3.0

【サファリ】

獲物を求めて今度は都心にやってくる。。。
プレデター『キャンディ食べる?』(名言)

クソ暑そうな都市が舞台。
終始みんな汗かいてる。
画面からも熱気が伝わってくるようだ。

今作もハ
>>続きを読む

母なる復讐(2012年製作の映画)

3.0

【法が許しても、私はお前達を許さない】

『母なる証明』を借りるつもりが、なぜかこれを借りてきていた。題名のせいだ。
しかし、映画を見て思った。
おい。『Don't cry mommy』の原題変えたや
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

4.0

【震え】

悲しいことに、精子と卵子さえあれば一つの命は誕生する。
愛の中に、あるいは、悲劇の中に子供は産まれるが、子供の誕生とともに親は親となる『資格』を得るわけではない。

刹那的な快楽で子供が出
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.9

【イケダン。にプロデュース】

あれ、これ『ラ・ラ・ランド』の結末がもし違ったら……の世界線なのかな?←違う

Q 失った愛は取り戻せるのか?
で取り戻せないのが『ブルーバレンタイン』で取り戻せるのが
>>続きを読む

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

4.1

【変遷】

ゲームボーイアドバンスSPとかくそ懐かしいwww

めちゃくちゃのめちゃくらいに好きだった。
こんな実験的な映画よく考えついたよな!
主人公の少年が6歳から18歳になるまで周りの人々を含め
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.8

【お菓子の国の王者様】

へーこれ来年2やるのね( ゚д゚)

いい話すぎて普通に涙出たんだが…

悪役ラルフの一晩の冒険といったところか。

この世の中にヒーローもしくは正義の味方だけ存在すればそれ
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.8

【青い魔神=やまちゃんで脳内再生余裕】

サラーーーム。
今日はディズニーシーからこんにちは(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

アラジンといえば有名作だけど、ちゃんと見たのは初めて!
こういう話だっ
>>続きを読む

トリプルX(2002年製作の映画)

3.3

【サイレントナイト】

おーい。
レビュー書くときに『トリプルSEX』とかいう、もうありきたりな題名の映画見つけたんですけど、ちょっと見たくなるからやめて。
何どの辺がトリプルなの?みたいになっちゃう
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.8

【コマンダー】

み、醜い顔をしてやがるぜ…

みんな大好きプレデターの一作目。
エイリアンとその後一悶着あるのでこの機会に再鑑賞。
あれ、女の人でてたっけとか色々再発見があった!

Amazonでプ
>>続きを読む

DOG×POLICE 純白の絆(2011年製作の映画)

3.2

【さあ、ゲームの始まりです】

そ、そ、そんなに悪い映画じゃなかったけど、流石に平均低すぎない(๑•ૅㅁ•๑)
どの辺がダメなんだろうか…
映画の予告に入ってて気になったので速攻借りてきてみた。

>>続きを読む

>|