脳内ポイズンベリーの作品情報・感想・評価

脳内ポイズンベリー2015年製作の映画)

上映日:2015年05月09日

製作国:

上映時間:121分

3.3

あらすじ

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に、偶然遭遇する。「運命の再会」にときめくいちこだが、脳内はパニック状態。脳内で会議を繰り広げる5人のメンバー(西島秀俊・神木隆之介・吉田羊・桜田ひより・浅野和之)は、声を掛けるか掛けないかで揉めていた。 議長の吉田(西島秀俊)はカオス化した会議を取りまとめ、結果、いちこは早乙女をご飯に誘…

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に、偶然遭遇する。「運命の再会」にときめくいちこだが、脳内はパニック状態。脳内で会議を繰り広げる5人のメンバー(西島秀俊・神木隆之介・吉田羊・桜田ひより・浅野和之)は、声を掛けるか掛けないかで揉めていた。 議長の吉田(西島秀俊)はカオス化した会議を取りまとめ、結果、いちこは早乙女をご飯に誘う。しかも、唐突に早乙女の部屋を片付けると言いだし、家まで押し掛ける。片付けが終了すると、再び紛糾する脳内会議。限界を迎えた5人のメンバーの元に、櫻井いちこと同じ風貌の黒ずくめの女性が現れ、5人は眠らされてしまう。その途端、いちこは大胆にも早乙女をベットに誘い、ベットイン。しかし、自分の軽率な行動を後悔し、いちこは連絡先も残さないままそっと帰宅する。 後日、編集部の越智(成河)との打ち合わせ終わりで、いちこは早乙女と再会。「ヤリ捨てされたの?」と憤る早乙女に、いちこは脳内がパニックになったことを説明し、本当は早乙女のことが大好きな気持ちを伝え、晴れて恋人同士に。しかし、幸せも束の間、いちこが30歳であることを伝えると、早乙女からは「ないわー」の一言。いちこはあっという間にフラれてしまう。早乙女の発言は誤解だったことが判明するも、元カノジョの出現で振り回され、疲れ果てたいちこは早乙女と距離を置くことに。そうこうしていると、越智から突如キスをされ・・・!? はたして、いちこと脳内会議のメンバーは、幸せな道を選ぶことができるのか!? いちこ×早乙女×越智の三角関係のゆくえは——!?

「脳内ポイズンベリー」に投稿された感想・評価

わたしの今現在の脳内では、ポジティブ石橋とネガティブ池田がずーっと戦ってる
やし

やしの感想・評価

3.9
たかが恋愛。
されど恋愛。

恋人を作らない人、恋愛に興味ない人が今は珍しくないけど、恋愛って人を成長させてくれるものでもあるよね。


【オープニング】
いちこ30歳はある男性に恋に落ちる。 その時、場所は変わって黒服の男が言う。
「多数決をとる。話しかけるかどうか」

彼女の脳内では黒服の男女(子供老人含む)5人の会議が繰り広げられていた。


面白かった〜♪

テンポいいよね〜。
突如現れる上記の男以下、5人の黒服の説明はなく、ストーリー進行とともに各人の名前、キャラが分かってくるけど、
このヒロインいちこの脳内にいる、議長吉田、ポジティブ石橋、ネガティブ池田、トキメキ(?)ハトコ、記録係岸と、
個性バラバラなキャラの会話劇はネガティブキャラにイライラさせられながらも飽きさせない。
(自分はネガティブ池田にイライラさせられたけど、どのキャラにイライラするか、共感するかでその人が分かりそう)


オープニングの、好きな人に「声をかけようかどうしよう」、「どうやって声かけよう」、「何を話そう」、など恋をしたことがある人の大多数が共感できる"つかみ"も上手いし、
恋愛という自己チュー問題(悪い意味ではない)に、脳内会議という会話劇を入れることで、観客も物語に前のめりにさせられる。


登場するタイプの異なる二人の男性。
早乙女と越智。
いちこは二人の間をフラフラ揺れ動くことになるのだが、恋愛を通して"自分" というものを見つめ直すことになる。

どうする?いちこ。
…結果はお楽しみ♪


きっちり計算され、笑いも詰め込まれている脚本と、役者さんの素晴らしい演技(特に神木隆之介くんと吉田羊さんは地のようにも見えてしまうほどww)で、ポイズンベリーの如く観客の色んな感情をうまーく揺さぶってくれる。



個人的に残ったセリフ。
「前向きにって言うけど、あんたの言う"前"ってどこよ?」
える

えるの感想・評価

3.5
高校の頃観に行ったな〜〜懐かしい。
神木くんが好きなのとフライヤーが可愛かったのとクリープのエンディング曲が好きだったの覚えてる。

大学生になった今もう一度みてみると、
いや〜〜早乙女がクズ!
古川雄輝くん最近あまり見かけないけど
塩顔でかっこいいー。
クールな役が似合う。

原作もチラリと読んでるからキャスト見たときに真木よう子さんでびっくりしたんだけど、やはり原作通りのふわっとした役ではない。イメージには合わないけど、綺麗じゃない泣き顔を見せることができるって凄いと思った。
横顔美しいし脚ほそいしおっぱい大きい…。
竹財輝之助さん、甘顔でとっても好きなんだけどけっこうクソ男役が多いよね〜〜

そしてやはりエンディングかわいい。
最近、クレジットの横にちょこんとモチーフのイラストつけるの流行ってるのかな?
苦くてあまいとかも野菜のモチーフ飛んでて可愛かったけど。
若いのにあんな最後の方にクレジットくる神木くんさすが…。かっこいい。

愛の点滅、またハマっちゃうな。
あと、すごく心にキタのは、「自分のことを好きになれないのに人のことなんて好きになれない」って台詞。
自分の中の何かを殺してまで早乙女とはいられない、って選択したわけだけど
今の自分がダメダメで、自分の中のちゃんとしたキャラたちが死んでたんだなって、
ちょっと別の角度からだけど響いた。
がんばろ!

構えないで観られる作品だし、
観終わったあとスッキリした気持ちになれるのでいいと思う。
雪鳩

雪鳩の感想・評価

-
登場人物がひとりも好きになれず、途中でイライラしてしまって観るのをやめた。こんなのは初めて。
灰炭

灰炭の感想・評価

3.8
頭でっかちになってアンドロイドみたいな真木よう子がすごい&めちゃめちゃに共感。

「誰と一緒にいる自分が好きか」
人生の命題にしたいと思います。笑
ふっけ

ふっけの感想・評価

3.8
吉田羊がうるせー

あなたのことは好きだけど
あなたといる自分は嫌い

たまに思い出したい台詞
女の子の課題図書にすべき。
最後のところだけでも定期的に見直したい。
satomi

satomiの感想・評価

4.2
予想以上に良かった。。。

自分と重なるところがあって
言葉にして、強く自分の背中を押してくれた。

いや〜〜、、、よかった!!!!!
定期的に観たいからDVDほしい。。。
mugi

mugiの感想・評価

2.8
インサイドヘッドの大人女子版。
インサイドヘッド程の感動は無かったな(^_^;)
他の人の脳内会議も見てみたかった。
maruko

marukoの感想・評価

3.0
ずっと観たかっ作品。
テーマは伝わってくるのだが、このキャストだから観れた気も。途中長く感じた。
>|