脳内ポイズンベリーの作品情報・感想・評価

脳内ポイズンベリー2015年製作の映画)

上映日:2015年05月09日

製作国:

上映時間:121分

3.3

あらすじ

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に、偶然遭遇する。「運命の再会」にときめくいちこだが、脳内はパニック状態。脳内で会議を繰り広げる5人のメンバー(西島秀俊・神木隆之介・吉田羊・桜田ひより・浅野和之)は、声を掛けるか掛けないかで揉めていた。 議長の吉田(西島秀俊)はカオス化した会議を取りまとめ、結果、いちこは早乙女をご飯に誘…

携帯小説家の櫻井いちこ(真木よう子)は、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女(古川雄輝)に、偶然遭遇する。「運命の再会」にときめくいちこだが、脳内はパニック状態。脳内で会議を繰り広げる5人のメンバー(西島秀俊・神木隆之介・吉田羊・桜田ひより・浅野和之)は、声を掛けるか掛けないかで揉めていた。 議長の吉田(西島秀俊)はカオス化した会議を取りまとめ、結果、いちこは早乙女をご飯に誘う。しかも、唐突に早乙女の部屋を片付けると言いだし、家まで押し掛ける。片付けが終了すると、再び紛糾する脳内会議。限界を迎えた5人のメンバーの元に、櫻井いちこと同じ風貌の黒ずくめの女性が現れ、5人は眠らされてしまう。その途端、いちこは大胆にも早乙女をベットに誘い、ベットイン。しかし、自分の軽率な行動を後悔し、いちこは連絡先も残さないままそっと帰宅する。 後日、編集部の越智(成河)との打ち合わせ終わりで、いちこは早乙女と再会。「ヤリ捨てされたの?」と憤る早乙女に、いちこは脳内がパニックになったことを説明し、本当は早乙女のことが大好きな気持ちを伝え、晴れて恋人同士に。しかし、幸せも束の間、いちこが30歳であることを伝えると、早乙女からは「ないわー」の一言。いちこはあっという間にフラれてしまう。早乙女の発言は誤解だったことが判明するも、元カノジョの出現で振り回され、疲れ果てたいちこは早乙女と距離を置くことに。そうこうしていると、越智から突如キスをされ・・・!? はたして、いちこと脳内会議のメンバーは、幸せな道を選ぶことができるのか!? いちこ×早乙女×越智の三角関係のゆくえは——!?

「脳内ポイズンベリー」に投稿された感想・評価

Komi

Komiの感想・評価

3.4
久しぶりに笑える映画を観ました。一部作りは安い感じがしましたが、お話はしっかりしてて、役者さんたちもみんなうまかったので、予想以上に素敵な出来上がりでしたね。
なおこ

なおこの感想・評価

4.0
おもしろかった!話はインサイドヘッドの恋愛バージョンって感じです。何回も「早乙女好き!!」ってなりました。原作は途中で飽きてしまって途中までしか読んでないんですが、読みたくなりました。良かった。でもいちこにはイライラしてしまった。でもモテるんだよね(笑)
期待してなかったけど観てよかった。
愛フジ

愛フジの感想・評価

3.4
自分の感情に向き合い、恋愛について学べた作品。
頭の中で様々な感情が会議をしてたらとても面白いと思いました。ディズニーの"インサイドヘッド"の大人版な気がしました。
大人になると自分の感情より周りの環境や常識を優先してしまい、自分を押し殺してしまいがちなのかも。あと、謎の美女は本能かな⁇って感じました。
恋愛の展開にはツッコミがたくさんあり楽しめます。
恋愛で悩んだり、自分が分からなくなった時に見ると色々気付ける作品でした。
めみ

めみの感想・評価

3.5
二回目。

前半おもしろかったけど、
後半はシリアスで、見終わる頃には頭が痛くなった。

一回目劇場で観たときもこんな感じだったなぁ。
ずっとコメディにするか、シリアス要素を少し減らしてほしかったなぁ

議長、眼鏡の替えありすぎー笑
imim

imimの感想・評価

2.5
原作を見て期待してたから、ちょっとんーーー。。と思ってしまったもの。
キャストも豪華だし良いんだけど、映画化しなくても良かったかなあ...と正直思ってしまった
桃

桃の感想・評価

3.0
あんまり真木よう子に合わない気しかしなかったけど、最後はスカッとした♡
かわ

かわの感想・評価

3.0
真木よう子の役に苛々すること多々。でも見終わったあとはなんだか前向きになれるような映画だった。神木くんの演技はさすがでした!
見終わったあとに元気が出る映画!
主人公いちこの脳内を「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」の5つの要素が会議するという不思議な設定で、掛け合いが面白い。
「衝動」を演じる少女の真っ直ぐで「空気なんて読まないよん♪」って感じが特に好き!
更田

更田の感想・評価

-
真木よう子演じる主人公に対してはこの女何やねんと思うことは多々あったけど、人間の本質(感情などによる「自分」の構成)の部分に関してはおもしろかった。主人公の成長が、頭の中を通していたためわかりやすく描かれていたのは良かった。頭の中がごちゃごちゃになってから起こる突発的な衝動も時には必要なのではないかと思う。

「誰を好きになるかより、誰と一緒にいる自分を好きになれるか」
自分自身を好きにならなければ
人を好きになんてなれない。

ミャンマーで日本人ドクターをしている
吉岡秀人さんも同じようなことを言っていた。ずっしり刻む。
>|