mocamovies

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のmocamoviesのレビュー・感想・評価

5.0
ハリー・ポッターの魔法生物学の教科書『幻想動物とその棲息地』を著作したニュート・スキュマンダーの話。
ホグワーツ卒業して、魔法生物学者となり、研究するニュート・スキュマンダーは、鷲みたいな魔法生物を手放すためにアメリカに来た。
でも、アメリカは当時とんでもないことが事件が起きていた。
まず、グリンデオバルドが脱獄して、アメリカに行き、世界征服しようとしていた。
そして、クリーデンス(精神不安定な魔法使い)がオブキュラスを生み出し、街を破壊していたのである。
オブキュラスを生み出すんだったら、彼が死んでいるはずなのに、何故かコントロールして生き延びている。
ニュートの話に戻すが、なんと、魔法生物がトランクから逃げてしまうトラブル発生!!!
何とか魔法生物を捕まえないといけないという話です。
感想
2より1の方が面白かったです!
面白い見所は、
・銀行でノーマジ(イギリスではマグルと呼ばれる)のジェイコブに会って、ニフラーを探すところ。
・ニフラーが金庫から宝石を盗んだので、ニュートがニフラーのお腹をこちょこちょするところ
・ニフラーがスローモーションで飛んでいくところ(2箇所)2にもベビーニフラーがスローモーションで飛んでいく。
・ニュートとジェイコブのトランクが入れ替わるところ
・拗ねているニュートが無言にトランクに入って、ジェイコブに手で「come on(来い)」と合図したので、ジェイコブがトランクに入るときにつかえているためなかなか入れないところ
・トランクの中に魔法生物が一杯!!(ニュートのトランクの中入りたい)
・ニュートがサイのような魔法生物に求愛ダンスするところ
・最後にジェイコブがパン屋に経営(魔法使いのお陰で夢が叶えた)をするようになり、色んな魔法生物のパンを作っているところ(→オブリエイトの魔法が効果なかった説。その後どうなるのか2のお楽しみ)
今回のグリンデオバルドの出番が少なかったけど、2はやたらと出番が多い(ヴォルデモートより最強ヴィラン!!!)
2ではヴォルデモートのペットである元人間(純血魔法使いだけれども)ナギニと青年期のダンブルドアとニュートの兄とニュートの元恋人も出てくる!!!!
アウトテレス・ダンブルドアの正体は明らかに!!!????