アラジン

美女と野獣のアラジンのレビュー・感想・評価

美女と野獣(2017年製作の映画)
3.9
『本当の美しさとは心に現れる』
ディズニーの名作の実写版。ベルを演じるエマ・ワトソンは適任だね。可愛くて美しい!
ストーリーを引き立てる悪役であるガストンを演じるルーク・エヴァンスもまた実に素晴らしい!

ミュージカル調なのはある意味仕方ないね。
(街一番の美人で本好きで聡明だが村人から変わり者扱いされている"ベル"・街一番の自信家のナルシストで力を持った若きリーダーだが内面ではなく外見重視の腹黒い"ガストン"などのキャラと性格又は気持ちを端的に伝えるのに適している)

見た目の美しい物を好み何不自由ないわがままし放題の生活をしていた王子が、魔女の魔法で醜い野獣の姿に変えられてしまい魔法を解くためには『誰かを心から愛し、愛される』事が必要だが…
野獣の姿となった王子は見た目が人ではなくなったので人に愛される資格は無いと塞ぎ込んでいたが、ベルと出会い共に過ごすうちに気持ちに変化していく。。。

気持ちが通じかけてきた終盤のダンスシーンの美しさは見応え満点。
この時の野獣は醜さなんて微塵もなくむしろメチャカッコいい!!
なんなら野獣のままでもいいのではと思えたりもするくらい。(無論、召使い達が完全に物となり城も崩れてしまってはロンリービーストとなり生きてはいけないけどね。)