美女と野獣(2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:130分
    監督
    ビル・コンドン
    脚本
    スティーヴン・チョボスキー
    キャスト
    エマ・ワトソン
    ダン・スティーヴンス
    ルーク・エヴァンス
    エマ・トンプソン
    ジョシュ・ギャッド
    ケヴィン・クライン
    イアン・マッケラン
    ググ・バサ=ロー
    ユアン・マクレガー
    スタンリー・トゥッチ
    オードラ・マクドナルド
    ハティ・モラハン
    エイドリアン・シラー
    ソノヤ・ミズノ
    あらすじ
    ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

    「美女と野獣」に投稿された感想・評価

    2017/4/29吹き替え版。
    世界的名作ということで期待して鑑賞に臨みましたが……すみません、寝落ちです。音楽、美術、キャスト、いずれも素晴らしい。しかし肝心の本筋に魅力を感じることができず。特に敵役のガストンが、残念過ぎました。022/100, 100w
    予想以上によかった!
    音楽とかストーリーとか全部好きだ〜
    最高以外に言葉がない...(語彙力)
    アニメを再現度高め。
    とても良かった。
    泣いたーー。途中から野獣の表情がたまらなく可愛かった(笑)歌も全部いいし、やっぱりディズニー偉大って感じ!好き♡
    音楽がステキ
    エマが美しい
    すべてにおいて引き込まれる映画でした
    エマワトソンの、ハーマイオニーのイメージが初っ端の歌から表に出てた。
    元々のベルの性格を知ってるから、少しズレてて葛藤しながら観た。
    確かに文学少女なんだけど、勇敢さよりももっと庶民的なピュアさが強くてもいいかなと思ったり……
    演技の問題。

    野獣が普通にイケメン。
    現代ディズニー要素はあるね。
    ハイライトはディナータイムのパーティーシーン。

    エンディングの曲良かった。
    >|