美女と野獣の作品情報・感想・評価

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.1

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

エマたそかわゆ、、、原作通りでまじよかった!野獣の撮影は大変だったそうな、、、
RundryDRY

RundryDRYの感想・評価

2.0
何にも考えないでみれる楽しい映画!
エマはベル役をやるために生まれてきたような子だよね。
エマさんきれいになられましたなぁ。美しい映像、安定したストーリー。ダメなわけがない。
素晴らしい。好きな女の子と見たかったけど叶わず。

歌がいいよね。ミュージカル好きにはたまらないし、話もシンプルだけどドキドキしちゃう💓
Eee

Eeeの感想・評価

2.9
演者、舞台美術、クリエイター、素晴らしいはずなのに あまり記憶に残っていない。
既にアニメーションで素晴らしい作品があるからこそ、この手の実写はもう少し工夫が欲しい。
野獣の造形はリアルで良かったです。後味の軽さが、残念。
最初ベルに童顔のエマワトソン違和感あったけど(後ガストン多分先進的な女とか好きじゃなさそう)アニメ版と別物と考えれば割と最近のアナ雪系の系譜を受け継いでる勇敢な姫ぽくて悪くなかった。良くも悪くも現実的な感じ。
こやち

こやちの感想・評価

3.8
王子はもともと鼻持ちならない若者だったのか。でも後半にかけては仏版よりも泣けた。たぶんエマ・ワトソンがカワイイからかな。
Sumrei

Sumreiの感想・評価

3.7
魔法が解けてからが究極の盛り上がりだった。
エンドロールが流れているまま眠りにつきたいほど、うっとり気持ちがおだやかになる。
『シンデレラ』観た時と同じ気持ちにときどきなったなあ。
やはり私はリアリストのドリーマー思考だ!
pomiko

pomikoの感想・評価

4.0
アニメ版の再現度の高さに感動した…!
ずっと美しく、豊かで、素敵な映画でした
kwr

kwrの感想・評価

3.8
アニメ版を見てたのでストーリーは知っていた(まあ、超有名なんだけど)。けれど、結末が分かっていてもさすがのディズニーだなあと。楽しませていただきました。
オリジナルは84分で、2時間くらいまで話が伸びていたけれど、ダレて感じることもあまり無かった。オリジナルを見たのがだいぶ前なのでどう変わったかは比べられないんだけど。
同性愛者のキャラが出てくるって公開当時(一部で)話題だったので、どんなんなのかなって思ってたけど、なんだ、これくらいか…。それより衣装ダンスのくだりの方がインパクトあったかな。
>|