美女と野獣の作品情報・感想・評価

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.1

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

まりん

まりんの感想・評価

4.0
CGもリアルでとにかく映像が綺麗でした。いうまでもなくエマワトソンが美しい!
YukiSano

YukiSanoの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

定番のディズニーもの。
興味ないのに家族のために借りたら、誰も見ないから一人で見た…

ところが凄まじい作り込みと飽きかけたら仕掛けてくる歌と踊りで目を離させない。これが超一流の仕事なのか、と感心していると現代だからこそリメイクする意味があることを示唆する裏のニュアンスにも気がついていき、ディズニーの凄まじさに敬服しかけていた。

また恋愛ものの機微もしっかり押さえていて、女性の心を掴むのは野生ではなく、知性と思いやりだと自然に納得させる作り。

人種、性差、同性愛の垣根を越えようと高らかに謳う。

ところが、ここまで現代的なテーマになってくるとラストの落としどころに期待が高まりすぎて、最終的に納得できなくなった。

真実の愛とは何か?
を問う物語に恋愛要素が不可欠なのは分かるのだが、それを越えた人類愛や憎しみを乗り越えたヒューマニズム溢れるメッセージにまで高めて欲しいと感じてしまった。

そうするとガストンの扱いが納得できないものになった。彼はどうしようもない悪人だが、それでも赦すという話に帰結したならば、この作品は類いまれなる名作になったと思う。裁きはすれど、慈愛を持つということまで描けば、それは真実の愛に辿り着いたことになるだろう。彼を誰も殺したわけではないが、作品のテーマとしては殺している。真実の愛とは、壁を取り払い、憎しみを包み込み、平和を生み出すことだと思う。

そうなると、この作品は終始見た目ではないという表層的なメッセージだけを言っていたように思う。それでは見た目に捕らわれてるのと変わらないじゃないか。

彼らはガストンの潰れた死体の近くで、村人と仲直りしたのかと思うと、恐ろしく欺瞞に満ちた話に感じる。悪を死で裁く価値観を説き、勧善懲悪という矛盾した偽善を子どもたちに謳うことは戦争や殺人の肯定に繋がる、と思ってしまった。

普通の娯楽映画では感じないくらいに、強力な恐ろしさを感じてしまう、この作品は何だろう?悪いやつの責任にして見殺しにし、集団ヒステリーをなかったことにするなんて…ナチスやヒトラーのせいにして戦争を語るのと同じではなかろうか。

これが世界的にヒットしたことは、ある意味で世界の文化やモラルは末期を迎えたと感じた。そんな一作。

口直しに、デルトロ版美女と野獣のシェイプ・オブ・ウォーターを見よう。
かのー

かのーの感想・評価

3.7
昔からディズニープリンセスの中で
ただただなんとなく白くてかわいいから
白雪姫が好きだったけど、

ベル、いいわ。

女の子として、人として魅力的〜

この映画のために作られた
『夢はひそかに』だっけ?
野獣の歌が好きだった!

映像もキラキラしてて夢があるし、
ハーマイオニーの声綺麗すぎだし
よかった!!

野獣の声はぜったい英語版のほうが野獣ぽくていいよね。
aotooo

aotoooの感想・評価

3.6
実写に全く違和感なし。綺麗。
アリアナとジョン・レジェンドの曲も良かった
日本バージョンのメイン曲が映画内では流れなくて期待を裏切られた!
YのK

YのKの感想・評価

3.5
最後塔から落下して死んだと思われる敵キャラの死体の行方はどうなるんだろうと、クソみたいな事を考えてしまい反省しています。
みーぬ

みーぬの感想・評価

5.0
美女と野獣はディズニーのアニメで1度観たことがある程度だったが、ハリポタファンの私はエマ・ワトソンの出演を知り軽率に喜んだ。劇場での公開から間も無くして早速観に行った。素敵。素敵としか言いようがない。「人を見た目で判断したり差別的な見方をせずその人の本質を見るべき」というメッセージもしっかり出しつつ、ロマンチックな演出と歌で感動させられっぱなしだった。美女と野獣が2人で踊る名シーンは特にキラキラしていて大好きだった。
John

Johnの感想・評価

2.8
やはりミュージカルは睡魔が…。エンディングのたたみかけは圧巻でした。
良かった。アニメ版は何度観たことか。大好きな作品。メッセージ性はよりわかりやすくなってました。見た目、人種、性別に捉われず本質を。ここまでやるんだなぁって感じ。字幕版を観て、吹替版も飛ばしながらチェック。吹替版もいいので、じっくり観たい。
あずみ

あずみの感想・評価

5.0
幼い頃から何度も見ていたアニメが最高のキャストで実写化されて感動した。内容も結末も知っているのに、何度見ても同じ場面で涙してしまう。音楽も美術も最高なので、本当におススメです。
>|