美女と野獣の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(315館)

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

あらすじ

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

全部が綺麗で満足度すごい

当たり前にエマ・ワトソンは綺麗すぎるしベル役にピッタリ!!
ディズニー映画で美女と野獣を見た時も勿論だけど実写版で見た時の方が感動がえぐい。物語の再現度も高くてディズニーファンも怒らないはず…!多分…!!
モ

モの感想・評価

4.7
公開当時観なかったけど映画館で観れて本当に良かったーーーー!
キャスト 音楽 美しい映像 全部が最高

エマ・ワトソンはベルにピッタリだね優しくて賢くて強くて美しい

小さいころに観てたアニメも観返したくなった

ガトソンと村人たちが人間関係も視野も狭くて最悪だった ファンタジーなのにこんなに胸糞悪くなる?ってくらい胸糞悪かった..............
さすがディズニー。
エンターテイメントな王道ストーリーの中にちゃんと深いメッセージを感じます。
大人も楽しめる良い映画でした。
再上映で安く映画館で見れたのもよかったです。
ラストがザ・ハッピーエンドすぎるのは好きじゃないけど売れるストーリーとはこういうものだと理解してます。
ちの

ちのの感想・評価

4.6
美しくて涙が止まらなかった
浄化された
ディズニー映画定期的に観ようと思った
まり

まりの感想・評価

-
以前DVDで観たことはあったけど、改めて映画館で観て本当に良かった。エマ・ワトソンが美しく歌声も素敵だった。あと野獣の『ひそかな夢』が耳に残ってる。良い。
映画館で復刻なんて
見るしかないじゃないか😭
やっぱ、最高映画や😭
嫌いなシーンが1つもねー😭

特に、アニメ版のベルには見られない、たまに出るエマ・ワトソンの感情むき出しアレンジ演技が大好きや。

復刻ありがとう。
haru

haruの感想・評価

5.0
大満足。

映画館でふたたび見られて良かったです。定期的に上映してほしい。

「美女と野獣」のイントロが聞こえはじめ、イエローのドレスでベルが登場するシーンには思わずうっとりしてしまった❤︎

ユアン・マクレガーの美声が遺憾なく発揮されていた。やっぱり彼は最高だ。
この物語は実写にすべきではなかった。まぁ見てへんねんけどな。
ユウユ

ユウユの感想・評価

3.9
とりあえず映画館でみれて良かった!

美女と野獣の問題点といえば魔女がどんな意図で彼を野獣にしたかが説明不足なところ。
今作はステンドグラスではなくしっかり描かれていたが...微妙!

それ以外は良かった。
朝の風景はやっぱ名曲だな〜
KZK

KZKの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ディズニー作品の中でもアラジン共に数ある作品の中で最も好きな作品の一つ。この実写も年に数回は見てしまい、今回もリバイバル上映をやるとの事で劇場まで足を運ばせてもらった。

美女と野獣の好きな理由として恋愛までの過程が非常にシンプルで見やすい。そのシンプルの惹かれあいこそが恋愛の過程の根本であり、魅力を感じるのかもしれない。
そしてアラジンもそうだが、美女と野獣は劇中内で使われる音楽が非常に素晴らしい曲がいくつも使われておる。
そこがアラジンと共に数あるディズニー作品の中でも魅力を感じるところだと個人的には評している。

この実写作品はアニメーション版に比べるといくつかストーリーやセリフに変更点はある。もちろんそこに違和感を抱く場合もあるかもしれないが、個人的には美女と野獣の好きなところは、互いが心を開き合いゆっくりゆっくりと距離を縮めて愛を育むところである。
その点においてはこの作品でも丁寧に描かれていた為個人的にはとてもこの作品に魅力された。

そしてなにより美女と野獣の魅力の一つである素晴らしい音楽の数々。美女と野獣、朝の風景、ひとりぼっちの晩餐会、愛の芽生をはじめとした素晴らしい音楽を素晴らしい俳優人たちで奏でてくれる。この素晴らしい、美しい音楽こそが美女と野獣の1番の魅力でありその音楽と共に美女と野獣の世界に没入してしまう。
序盤の朝の風景で興奮を覚えこの世界に簡単に入ってしまい、やはり美女と野獣が流れた時には興奮の限界を超えて自然と涙が流れた。

映画作品は色んな見方があると思うがこの作品に関しては個人的には心で観て楽しめる作品だと思ってる。
もちろん根本にはアニメーションの美女と野獣の世界が頭にあるからそういう見方ができるのであろう。

心で音楽を聴き美女と野獣の世界に没入し、美しい音楽とともにこの世界を楽しめる作品である。何度見ても大好きな作品の一つである。
>|