Zoloev

真夜中のゆりかごのZoloevのレビュー・感想・評価

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)
3.7
北欧の美しい湖が時々映し出される。
本当に心洗われる美しい湖の湖畔に住む若い夫婦に、ある日突然悲劇が襲う。
生まれたばかりの子供が突然死んでしまう。
警官の身である為、たまたまDVで通報のあったヤク中夫婦に亡くした子供と同じ位の子供が居る事を知り、ヤク中夫婦が育児放棄してる状況を知る事になる。自分の糞尿にまみれた乳児と自分の死んだ遺体とすり替えを計画。
すり替え時にいくら死んでるとは言え、自分の子供の顔に糞尿を塗りたくる辛さ。えぐられる様な辛さを覚える。

時折、重厚で北欧の美しい自然が出てくる映画ではあるが、突然キレる自分の妻が自分の子供に対して何をした為に死んでしまったのか?ヤク中夫婦、若い夫婦の子供を交えての展開、そしてラストの落ちといい話の内容としては辛い映画ではあるが、北欧映画を堪能出来た。
しかし終始、演技なんかもちろん出来ない乳児を扱う撮影なのに、遺体の乳児とかどうやって撮影したのかな?とずっと気になってたヽ(´o`;

自分だったら?とつねに置き換えると更に映画自体に深みが増し、集中出来る事は必至。